仕事や人間関係の苦手意識を克服したい!大切な21つのポイント

苦手意識とは、どうしても苦手でできる限り避けたくなるようなこと。ニュアンスは少し曖昧ですが、誰にでも苦手意識を感じることはあると思います。

苦手意識を感じる物事の原因の多くは、そのための能力が足りていないこと。能力不足が原因になって、ある物事に苦手意識を持ってしまうのです。それでは苦手意識はどのようにすれば克服できるのでしょうか?この記事では、そのために必要な要素を順を追って解説していきます。

苦手意識の克服に必要な心構え!

苦手意識の克服に必要な心構え!

まずは苦手意識の克服に必要な心構えをみていきましょう。あなたに不足していると感じる部分は意識的に取り入れることをおすすめします。

【1】自己肯定感を高めよう!

苦手意識の克服には、自己肯定感の強さが大きく関係しています。苦手意識を感じる物事は、自分自身で失敗する要因を作っていることが多いです。あなた自身が自分を受け入れて肯定できるようになれば、苦手意識は克服できます。

普段から使う言葉をポジティブにしたり、前向きな考え方や行動を選ぶようにしましょう。それだけでも自己肯定感は高まり、苦手意識の克服に繋がります。

【2】継続は成長を生み出すことを知ろう!

苦手意識の克服のために「継続」や「粘り強さ」は大切。どんな人だって物事が最初からうまくいくことは希ですよね。最初は誰でもうまくいくわけではないのです。

だからこそ粘り強さを持ち、やるべきことは少しずつでも継続して取り組みましょう。継続して苦手意識を感じる物事に取り組むことは、あなたを成長させてくれるはず。

【3】好きな人と付き合う時間を増やそう!

苦手意識の克服のためには、嫌いな人と付き合う時間を減らすことです。嫌いな人と過ごす時間は、あなたの気分を沈めてしまいます。

反対に好きな人と付き合う時間を増やすことは、あなたに好影響を与えてくれますよね。好きな人と付き合う時間を増やせば、幸せな時間が増えてポジティブになれるはず。慢性的なポジティブを手に入れれば、苦手意識は自然と克服されるでしょう。

【4】順番を整理して着手しよう!

苦手意識を克服するためには、苦手な物事を片付ける順番を整理することも大切。苦手意識を感じない部分から着手して、徐々に片付けてしまいましょう。

自分のレベルを素直に認めて、自分に合った動き方をすることも重要です。少しでも行動をして経験を積めば、苦手意識は徐々に克服できるもの。

【5】嫌いなことは放っておこう!

苦手意識はあなたの心に染み付いてしまっていることが多いのです。そのため、無理にプラス思考になることは簡単なことではありません。

それなら、どうしても嫌いなことはそのまま放置してしまっても構いません。自然に身を任せて無理をしないと考える方法もあります。

【6】できない自分を許してあげよう!

苦手意識の克服のためには、自分を許して受け入れてあげることも重要です。苦手なことを克服するために無理をして、ストレスを感じてしまうなら休息も必要。

そんな時はできない自分を受け入れて、許してあげるようにして切り替えましょう。自分を追い込みすぎると余計に苦手意識を強めてしまいます。

【7】好きなことで人生を溢れさせよう!

苦手意識の克服には、人生を好きなことで溢れさせることも重要なコツです。苦手意識を感じることがあると、ストレスでがんじがらめになってしまいますよね。しかし楽しみなことがある時は、生活に彩りが出ているように感じるもの。

それなら、好きなことを突き詰めてその分野を広げることもひとつの手段。その意識があなたの苦手を克服してくれる場合もあるのです。

【8】思い切り楽しめることをしよう!

苦手意識の克服には我を忘れて没頭できることを見つけることも有効です。好きという気持ちを中心にして取り組めることは、あなたのパフォーマンスを高めます。楽しもうとする心は苦手意識の克服に役立つ心構えのひとつなのです。

人間関係の苦手意識を克服するための方法!

人間関係の苦手意識を克服するための方法!

この項目では人間関係の苦手意識を克服するための方法をご紹介します。人間関係で問題を抱えたり、それに対して苦手意識を持っている人は少なくないはず。この項目を参考にしながら、あなたの苦手意識の克服に役立ててください。

【1】生活習慣を見直そう!

苦手意識の克服は良い生活習慣を作ることで克服することができます。意識して欲しいのは、悪い部分よりも良い部分に着目するクセをつけること。できなかった部分を分析して、できる範囲から取り組めるようにするのも効果的。

人間はすぐに大きく変わることはできないもの。だからこそ良い生活習慣を身につければ、自分の生活を大きく変えることができます。できなかったことよりも、できたことに意識を向けるような習慣を持ちましょう。

【2】余計なことを考えないスキルを持とう!

苦手意識の克服のためには何も余計なことを考えないスキルが必要です。人間は何も考えていない状態こそがストレスのない理想的な状態。

しかし、自分の受け入れられない状況が訪れると、色々なことを考えてしまいます。すると徐々にエネルギーを失ってしまい、苦手意識が強くなってしまうのです。人間ですから時には肩の力をぬいて余計なことを考えないようにしましょう。

【3】聞き上手になることを意識してみよう!

苦手意識の克服のためには聞き上手になることを意識してみるのがいいでしょう。人間関係を築くときには自己を優先してしまうとうまくいかないもの。両者がお互いを思いやることで関係が成り立つのです。

だからこそ、あなたは相手のことを知るために質問をしてみるのがいいでしょう。会話が途切れても焦らず、ゆっくりと相手の言葉を引き出すことを意識しましょう。経験が増えれば、人間関係の苦手意識は徐々に克服されていくはずです。

【4】信頼関係の構築に意識を持とう!

人間関係の苦手意識を克服するためには信頼関係の構築は重要です。まずはコミュニケーションの基本である挨拶は徹底すること。礼儀正しいことでマイナスになることはまずありません。

信頼関係の構築のためには相手の良い部分を見つけてあげることも効果的。前向きな内容の会話でコミュニケーションを増やせば信頼関係は強まるはずです。

【5】挨拶と笑顔への意識は必須スキル!

挨拶と笑顔を増やすことは人間関係の苦手意識を克服する必須スキル!笑顔で挨拶をされれば誰でも嬉しくなりますし、会話のきっかけにもなります。

そして小さな会話の積み重ねは信頼関係の構築にも繋がっています。その結果、人間関係の苦手意識の克服になるため、挨拶や笑顔は徹底しましょう。

【6】歩み寄りの精神を忘れないように!

人間関係は歩み寄りの精神がとても大切です。苦手意識のある人に対してこそ、笑顔や挨拶を忘れずに信頼関係を築く努力をしましょう。双方の歩み寄りの精神を忘れないで接するようにすれば、苦手意識は徐々に克服されます。

【7】苦手な人を否定するのはやめよう!

苦手意識の克服のためには苦手な人を否定することはやめましょう。苦手意識の蓄積はやがて大きなストレスを生み出してしまうことに繫がります。苦手な人に対して接する時は否定的な苦手意識に集中してしまいがち。

しかし、その人に対する苦手意識に集中してしまっては、会話にも集中できません。もし苦手意識を感じる人と接するなら、その人との会話自体に集中すること。苦手な人に否定的な感情を持たないようにすれば、ストレスは大きく軽減されます。

【8】行動力をつけよう!

行動力を持てるようにすることは苦手意識の克服に役立ちます。最初は小さな変化でも、徐々に結果が出るようになると自信が持てるようになります。思いついたら行動をするというクセをつけることは苦手意識の克服に役立つのです。

【9】親近感を持たれるような存在になろう!

他人に親近感を持たれるような存在になることは、結果的に苦手意識の克服になります。自分と相手との距離感を縮めるためには、お互いの共通点を見つけること。

同じ趣味などの共通点がある人には、あなたも親近感を感じることがありますよね?そのためには苦手な人との会話で質問を増やし、あなたとの共通点を見つけることが大切。実際に共通点が見つかれば、以前よりも親近感が持てる存在になるはず。それが結果的に苦手意識の克服に繋がっているのです。

仕事上での苦手意識の克服するための方法!

仕事上での苦手意識の克服するための方法!

あなたにも苦手意識のある仕事がひとつやふたつはあるはず。しかし、苦手意識を感じる仕事を放置して生きていくわけにはいきません。この項目では仕事に対する苦手意識を克服する方法をご紹介します。

【1】苦手意識の原因を掘り下げてみよう!

あなたが苦手意識を持っている仕事は、どうして苦手に感じるのでしょうか?その苦手意識の原因を突き止めることができれば、対策も考えられるはず。

最も簡単な方法は「何度も自分に質問をしていく」という方法です。最初は「なぜ苦手なのか?」という質問を自分に与えます。そして、その答えに対して、さらに質問を投げかけていくのです。そうすると、その苦手意識の問題の核心とも言える本質的な部分にたどり着きます。あなたの苦手意識を根底まで掘り下げれば苦手意識は改善できるでしょう。

【2】まずは「やってみる」というクセをつける!

苦手意識を克服するためには「ひとまず、やってみる」というクセを持つべき。いくら苦手意識を持っている仕事でも、できる範囲は絶対にあるはず。そして、苦手な仕事に取り組むことは苦手意識の払拭にも繫がります。

また、苦手意識のある仕事に取り組んだあとには、自分にご褒美を与えることも大事。頑張った時にはご褒美を用意して自分なりにバランスを取るようにしましょう。

【3】得意な人に仕事を任せる!

人間関係は助け合いと信頼関係で作られています。あなたが苦手意識を感じる仕事があるなら、その仕事が得意な人に任せるのも効果的。

反対にその人が苦手な仕事をあなたが担当してあげるとより効率的です。それぞれが得意な仕事であれば仕事の品質も高まることになるので、おすすめです。もちろん、助けてくれた人にはしっかりお礼を忘れないようにしましょうね。

【4】苦手意識を感じることについて改めて考えてみよう!

苦手意識を克服するためには、苦手意識を感じる物事を改めて考え直してみましょう。真剣に考えてみると、意外と些細なことで解決ができることだってあるはずです。

また、どう考えても逃げきれない程に必要な問題なら、心を決めてしまった方が楽。苦手意識を感じる仕事に取り組んでいけば、あなたは必ず成長できるはず。

まとめ

まとめ

苦手意識を持ってしまう物事はどうしても気が進まないもの。だからこそ今回ご紹介した内容は必ず実践をしてみてください。あなたが着手しやすいと感じるものからで構いません。必ず取り入れて行動に実践すれば、あなたの苦手意識は克服できるはずです。

Next : »
Prev : «