部下の育成・成長に効果的な指導法10つと心がけるポイント!

当記事は部下の育成・成長に効果的な10の指導方法と心がけのコツをご紹介します。会社や組織にとって部下の育成のための指導は重要です。しかし、その理由や必要性を理解していない人は意外と少なくありません。

また、部下の育成は計画性がなければ思うような成果を得られないことがほとんど。だからこそ、部下育成のコツや必要な心がけなど、指導のポイントを抑えましょう。

部下育成・部下を成長させる指導が必要な理由!

部下育成・部下を成長させる指導が必要な理由!

あなたは部下の育成や、指導の心がけ・指導方法の重要性は理解していますか?また、部下の育成が必要な理由はしっかりと理解しているでしょうか。部下の育成は会社・部下・上司のそれぞれにメリットがあります。

この項目では部下の育成が必要な理由をご紹介していきます。しっかりと部下育成の心がけや指導の重要性を理解して、取り入れましょう。

①将来の戦力を育てれば仕事は楽になる!

部下を指導・育成し、戦力として育てれば、あなたの仕事は今よりも楽になります。どんな人でも1人でできる仕事には限界があります。サイズ感の大きな仕事をこなすためには、あなたの片腕になる人が必要ですよね。そのため、あなたは将来の戦力となる部下を育成・指導していく必要があるのです。

また、それは組織の発展のためにも求められる重要な要素。誰だって最初から会社にとって都合の良い人材・即戦力の人材なわけではありません。入社後、適切な心がけで指導をして育成することで戦力として活躍できるのです。部下が将来的にあなたをサポートしてくれる大切な人材になることを忘れずに。

②あなた自身の能力・評価を高めることにもなる!

部下を指導・育成するということは部下に任せられる仕事が増えるということ。そして、あなた自身も上司としてさらに上を目指して動き出せるようになるということ。仕事を部下に任せることができれば、あなたが新しく取り組める仕事も増えます。これは上司として能力を発揮できたことになりますし、それが会社のためにもなります。

また、部下の育成は組織の管理職の立場にいる者にとって大切な職務のひとつ。部下育成のための正しい心がけを学び、部下を指導することは業務向上にも繫がります。部下の育成=あなた自身の育成だと心がけ、部下の指導に励みましょう。

ポイント

  1. 部下の育成は業績向上のために欠かせない
  2. 部下の育成は上司としての評価・能力を高めることに繋がる

部下を育成する際の指導に必要な心がけ!

部下を育成する際の指導に必要な心がけ!

部下を育成する際の指導には必要な心がけが3つあります。それが次の3ポイント。

  1. 部下育成の目的を明確にする!
  2. 指導する内容は部下と相互理解・共有をする!
  3. 数字以外の部分に関する評価も大切!

前項で説明したように、部下の育成には計画的な指導と心がけが必要です。この項目では部下を指導する育成計画や必要な心がけのポイントをご紹介します。お話しする内容は必ず心がけとして取り入れるようにしましょう。

①部下育成の目的を明確にする!

部下を指導する目的、部下を育成する目的は明確にするように心がけましょう。部下の育成計画は、会社の事業方針と同じ方向に進んでいなければなりません。そのため、部下をどんな人材に育成する指導をするべきなのかを整理しておきましょう。

部下を指導する際に必要な育成項目や目標は必ずリストアップすること。そして、どの能力をどこまで育成するのかということを明確にすることが重要です。ここが曖昧なままだと、育成結果も曖昧になってしまい、適切な評価ができません。充実した部下を育成する心がけとして重要なのは、指導者としての目標の明確化なのです。

②指導する内容は部下と相互理解・共有をする!

部下の育成結果は、あなただけでなく指導される部下にとっても関心の強い出来事です。それは部下本人も自発的に開発していきたいと感じている能力があるはずだから。あなたが重点的に能力を開発したいと思っている項目が、部下本人も同じとは限りません。

しかし、実際に部下本人があなたも知らない特殊なスキルを隠している場合もあります。そんな時は臨機応変に指導内容を変更する必要が出る場合もあるでしょう。そのため、部下の育成内容は上司が一方的に決めることがないように心がけましょう。必ず指導する部下と話し合い、方向性を共有した上で育成を進めていくべきです。

また部下自身が「自分で決めた目標」の達成を目指すようにすることも重要なポイント。これは部下のモチベーションを保つことにも繫がります。

③数字以外の部分に関する評価も大切!

部下を指導する心がけとして、数字以外の評価をしてあげることも重要です。部下育成には売上・利益率・対応数などの数字の部分が重要なのは間違いありません。しかし、数字の部分だけで部下を評価するのは、あまり人間味がありません。せっかく上司が部下育成のために指導しているのです。数字以外の項目も部下育成の評価に含めてあげるように心がけてください。

また、数字以外の部分の評価は「人としての能力」を育成することに繫がります。業務への姿勢や発想力、積極性のような項目を部下育成の項目に加えるといいでしょう。

ポイント

  1. 部下育成の目標設定は明確にして指導するよう心がけよう
  2. 部下の育成目標は部下と納得するまで話し合い、共有する指導を心がけよう
  3. 数字以外の部分を評価対象として目標に加えるよう指導を心がけよう

部下を育成する指導方法のポイント!

部下を育成する指導方法のポイント!

部下の育成をする際には指導のポイント・コツがあります。自発的に組織に貢献してくれる部下を育成するために必要な心がけを学びましょう。

①自発性の高い部下を育成する指導を心がけよう!

自発性の高い部下を育成する指導を心がけることは非常に重要なポイント。仕事に明確な答えはありませんし、上司と会社の意見が絶対というわけでもありません。時には部下の方が斬新で良いアイデアを持っている可能性もあるのです。そのため、組織の発展には部下の能力を引き出すことが求められます。

部下の能力を引き出すためには「自発的に考えられる部下」を育成しましょう。部下を指導する際には、部下本人が考えるような指導方法を取り入れるのです。その上で部下がわからないことがあればヒントを与えてあげるよう心がけてください。

②部下が成長する仕事を与えることを心がけよう!

部下の育成には、部下の成長を促す仕事を仕分ける心がけも重要です。仕事を部下に任せる際には、部下に任せる理由や達成するべき基準を明確に伝えましょう。そして指導が実って育成の結果が出た時には一緒に喜んであげるのがいいでしょう。

繰り返しになりますが、部下ができる仕事が増えれば、上司としてのあなたの仕事は楽になります。部下を指導しつつも、そのことに感謝することを忘れないように心がけましょう。

③失敗は率先して部下に共有するよう心がけよう!

過去のミスや失敗を、事前に部下に知識として共有することを心がけましょう。部下を最短ルートで育成するためには、不要な失敗をさせないことが大切だからです。

事前に過去の失敗事例やよくある失敗を共有しておけば、部下が同じ失敗をするリスクを回避することができます。これは部下の能力向上に繋がるだけでなく、組織としてもメリットです。部下との情報共有は綿密に行うように心がけましょう。

④部下主体の報告体系を作るように心がけよう!

部下に任せた仕事は部下を主体に報告をするように指導することをおすすめします。上司として気をつけるべきポイントは部下のチェックを怠らないこと。部下主体の定期的な報告体系を作れば、あなたは間違いを確認するだけでOK。もしも悪い方向に進んでいるような場合は指導するようにしましょう。

⑤ミス・トラブルこそ部下を育成するチャンス!

部下のミスやトラブルは部下を成長させるチャンスだと心がけてください。また、部下のミスに上司がどう反応するかは部下の育成を左右する重要なポイント。指導の際に心がけて欲しいのは、部下に失敗した理由を考えさせること。同じミスを繰り返さないために、どんな心がけや対策が必要かを考えさせてください。

また、失敗した原因や理由を部下が理解できるまで指導することも大切。部下が失敗の理由を本質的に理解していなければ、同じ失敗を繰り返してしまいます。

  • 何が原因で失敗をしたのか?
  • 同じ失敗を回避するための具体的な対策は?
  • 何を心がければ次回、良い結果を得られるか?

この部分を部下に考えさせるように指導すれば、次の機会は成功を得られるはず。

ポイント

  1. 自発的に考える部下の育成・指導を心がけよう
  2. 部下の成長を促す仕事を任せるよう心がけよう
  3. 失敗談・過去のミスは部下に事前共有する指導を心がけよう
  4. 部下主体の報告体系を作り、定期的なチェックを心がけよう
  5. 部下の失敗は成長のチャンスだと考えるよう心がけよう

まとめ

まとめ

部下の育成・成長に効果的な10の指導方法と心がけのポイントをご紹介しました。今回お話しした項目を網羅すれば、あなたの部下の育成はかなり楽になるはずです。

部下育成にはポイントを抑えた計画性のある指導が必要不可欠。当記事でご紹介した内容を心がけて、すぐにでもあなたの指導に取り入れてみてください。実際に取り組みを実践すれば、あなたの部下は効果的に成長するでしょう。部下や組織だけでなく、あなたのためにも部下の育成に励んでいただければ幸いです。

Next : »
Prev : «