ストレス耐性を高める・ストレスに強くなる為のポイント16選!

「ストレス耐性」とはストレスに耐える強さを意味する言葉。今の現代社会では、誰もが仕事や人間関係でストレスを感じています。そんな中、ストレス耐性が強い人は日常や職場でもストレスを感じずに生活しています。

しかし、全員がストレスに負けない強いメンタルを持っているとは限りません。そこで今回は、ストレス耐性が低い人の特徴やその重要性をご紹介します。

ストレス耐性が低い人の特徴

ストレス耐性が低い人の特徴

ストレス耐性を高める・ストレスに強くなる方法を知る前にストレス耐性が低い人の特徴を知りましょう。今から挙げる特徴に当てはまる部分がないかチェックしながら読み進めてください。

①悩みを引きずりやすい

ストレス耐性を高める・ストレスに強くなるためには、悩みを引きずりやすい傾向がないか振り返ってみましょう。悩みを引きずりやすいのはストレス耐性が低い人の特徴のひとつ。気持ちの切り替えの遅さに自分でも疲れを感じてしまうようなことはありませんか?

ひとつのミスやトラブルを引きずり、他の仕事が止まってしまうようなら要注意。仕事とプライベートの切り替えが上手にできないとストレスは溜まりやすいです。この傾向に当てはまる人は自分なりの気分転換を見つける必要があります。

②自分に厳しい傾向がある

自分に厳しい傾向がある人もストレス耐性が低いことが多いです。真面目な性格が災いして、問題を完璧に解決できないことにストレスを感じるのです。

あなたは思い通りの結果を求める完璧主義者的な側面を持っていませんか?もしも心当たりがあるなら、問題の妥協点を見つけることも大切です。ストレス耐性を高めてストレスに強くなるために、自分への厳しさを緩和させましょう。

③すぐに問題から逃げてしまう

すぐに問題から逃げてしまう人もストレス耐性が低い人の特徴。仕事で苦手な人との間にトラブルがあった時、本来ならその問題を解決するべきです。面倒でも、相手となる人と向かい合うことが大切ですよね。

しかし、ここでストレス耐性の低い人はこの人物から逃げようとしてしまいます。ストレスに強くなる・ストレス耐性を高めるためには、逃げてはいけません。例え苦手な人物でも逃げ出さず、問題解決に積極的になることがストレスに強くなるポイントでもあるのです。

④他人の意見に合わせすぎてしまう

他人の意見に合わせすぎる人もストレス耐性が低い人の特徴です。周囲に同調することは組織で動く時には時として重要な要素のひとつですよね。

しかし「人に合わせ過ぎる」のはストレスを耐性を低くする原因になります。人に合わせるということは自分のペースが守れずにストレスを感じやすくするということ。この傾向がある人は、せめて休日くらいは自分のペースで楽しむことを忘れずに。自分の意思で自分の行動をすることは、自信を持つことに繋がります。それが結果的にストレス耐性を高めることとなりストレスに強くなることに繋がるのです。

ストレス耐性が低くなる原因・理由

ストレス耐性が低くなる原因・理由

ストレス耐性が低くなるのには原因・理由があります。あなたがそんなストレス耐性の低い思考パターンに陥っていないか確認しましょう。あなたに当てはまる部分がないかチェックしながら読んでください。

①生活リズムが不規則

生活リズムが不規則だとストレス耐性を高めることはできません。心と体は連動しており、不規則な生活は自律神経を乱してしまいます。これがストレス耐性を低くする原因になっているのです。

特に食生活は注意が必要で、バランスのいい食事を心がけるようにしましょう。当然、良質な睡眠を確保することもストレス耐性を高めることに役立ちます。健康な生活リズムはストレスに強くなるための重要な鍵なのです。

②家庭環境が影響している

家庭環境はストレス耐性に大きく影響しています。幼少期に親に責められたり怒られることが多かった人は、自分を責めたり失敗することを恐る傾向が強いです。幼少期のプレッシャーはトラウマになりやすく、その後の人生に影響しやすいのです。

幼少期のトラウマから解放されるためには、あなたの育った環境を受け入れること。そして、完璧な人間はいないということを踏まえて両親を許してあげること。それができた時、あなたはストレスに強くなることができるのです。

③遺伝が影響している

あなたは日本人の97%が不安を感じやすい遺伝子を持っていると知っていますか?日本人にうつ患者が多いというのも、遺伝子レベルでの原因があるのかもしれません。

だからこそ、私たちひとりひとりは繊細なメンタルを持つことを自覚しましょう。その上で行動を選んでいくことはストレス耐性を高めるポイントとなるはずだからです。

ストレス耐性が高い人の特徴

続いてストレス耐性が高い人の特長をご紹介します。ストレス耐性を高めることやストレスに強くなるためには、実際にストレス耐性が高い人の特徴を真似することも大切。ストレス耐性がたかい人の特徴を学び、あなたの生活に取り入れていきましょう。

①ストレスをスルーするのが上手!

ストレス耐性を高めるためには、ストレスをスルーするスキルを持ちましょう。実はストレス耐性が強い人ほどこのスキルを持っている傾向があります。ストレスの原因になるようなことがあっても、こんな風に考えるのです。

「これは成長に必要な良い経験になるな」
「今回のことはストレスになるから同じことを繰り返さないようにしよう」

そんな風にポジティブに考えることがストレスに強くなるコツ。ストレス耐性を高めるためには「まあいいや」という開き直りも重要なのです。

②あらゆる場面で集中力が高い!

ストレス耐性を高めるためには、集中力の向上を意識して生活しましょう。集中力が高い人はストレス耐性が高く、仕事の効率も良いことが多いです。

これは「今何が必要か?」「今何をするべきか?」を判断しているから。また、集中力が高い人は休憩をする際も集中して休みを取っています。オンとオフの切り替えが上手にできれば、ストレスに強くなることに繋がります。

③コミュニケーション能力が高い!

コミュニケーション能力もストレス耐性を高めるポイントのひとつ。ストレスに強くなるためには、周囲の人とのコミュニケーションを増やしましょう。

ストレス耐性の高い人は味方が多い方が人生が楽になることを理解しています。困った時に助け合える人を1人でも多く増やすように普段から周囲への配慮を絶やさないようにしましょう。自らのコミュニケーション能力を磨くことはストレス耐性を高めることに役立ちます。

④問題から逃げない!

問題から逃げないようにすることもストレス耐性を高めるポイント。ストレス耐性が強い人は物事を肯定的に捉え、問題に立ち向かおうとします。

しかしストレス耐性が低い人は失敗を必要以上に恐れてしまうのです。失敗を恐れずに糧にして問題に立ち向かうことは、ストレスに強くなるポイント。あらゆるトラブルをポジティブに捉えることはストレス耐性が高い人の特徴です。

ストレス耐性を高める方法・ストレスに強くなる方法

ストレス耐性を高める方法・ストレスに強くなる方法

ストレス耐性は意識すれば今からでも高めることはできます。この項目ではどんな取り組みをすればストレスに強くなるのかをご紹介します。

ここでお話する内容は必ず取り入れて実践するようにしましょう。そうすれば、あなたのストレス耐性は今よりも高めることができるはずです。

①ストレスに自覚的になろう!

ストレス耐性を高めるためには、ストレスに自覚的になることが1番。ストレスに弱い人ほど、自分自身のストレスの正体に気が付いていません。忙しさや疲れでストレスを感じている余裕すらないのです。

しかし自分の気持ちを無視し続けると、さらに精神状態を悪化させてしまいます。そうなる前に自分がストレスを感じていることを自覚することが大切。ストレスの原因がわかれば対処ができます。その原因を追求することが、ストレス耐性を高めることに繋がるのです。

②ストレスは捉え方次第でプラスになると知ろう!

ストレスは捉え方次第でプラスの意味を持つこともあります。例えば、あなたに「背が低い」というコンプレックスがあったとします。本人からすれば確かに深刻な悩みでストレスの原因のはず。しかし、周囲の人からは親しみやすいと想われている可能性だってあるのです。

このように、あなたがストレスに感じていることにも良い側面があるはず。あなたからすればストレスに感じることも、他の目線で見ればプラスになることも。ストレスは自分の成長を促してくれるサインだと思ってみるのもおすすめ。このような考え方もストレス耐性を高める方法として有効です。

③プロフェッショナルから考え方を学ぼう!

書籍やセミナーなどでストレス耐性を高める方法を学ぶことも、ストレスに強くなる方法のひとつだと言えます。ストレス耐性を高めることについてのプロフェッショナルから直接学ぶのです。

また、どんなジャンルであっても一流の人の考えに触れることは良い機会になります。一流の人間の一流の考え方を学べば、あなたの成長を促してくれるはず。その経験は必ずストレス耐性を高めることに繋がるでしょう。

④没頭できる趣味を持とう!

ストレス耐性を高めるためには没頭できる趣味を持つことも大切です。これは、どうしてもスルーできないストレスと対面した時の対処法として役立ちます。

ストレス耐性の低い人は趣味が少ない傾向にあります。そのため、休日まで仕事上のトラブルを思い出して余計なストレスを抱えがち。しかし夢中になれる趣味があれば、仕事とプライベートの切り替えが上手になります。会社では味わえない達成感や充実感を感じられる趣味を持つのがおすすめ。ストレスに強くなるためには、没頭できる趣味を見つけることが重要なのです。

⑤他人は他人と割り切るようにしよう!

ストレス耐性を高める為には他人をコントロールできないことを知りましょう。他人の行動やクセが原因でイライラしてしまうことは誰でもあるはず。

しかし、他人のクセや行動はコントロールできません。もちろん、仕事上のことでの価値観の違いなどもすべて同様です。他人は他人と割り切り、他人をコントロールできないことを改めて理解しましょう。その理解がストレス耐性を高めることに繋がっているのです。

まとめ

まとめ

今回はストレス耐性を高める・ストレスに強くなる方法をご紹介しました。ストレス耐性を高めるためには、偏った考え方をしないことやネガティブにならないことがポイントです。

すぐにストレスに強くなることは簡単ではないかもしれません。だからこそ、ここでご紹介した方法を必ず少しずつでも取り入れて実践してください。

Next : »
Prev : «