15のストレスを溜めない方法・手軽に心を穏やかにするコツ!

当記事ではストレスを溜めない方法・手軽に心を穏やかにするコツをご紹介します。

ストレスで毎日イライラしたり疲れたりすることが多い現代。上手なストレス解消法を学ぶことも大切ですが、ストレスを溜めないことも重要。実は日頃の習慣を少し変えるだけでも、ストレスからの解放は可能です!早速、ストレスを溜めない方法をご紹介していきます。

15のストレスを溜めない方法!


早速、ストレスを溜めない方法をご紹介していきます!現代に生きる私たちにとって、ストレスと不安は避けられない大きな問題のひとつ。だからこそ、ストレスや不安をコントロールするスキルは重要です。ストレスを対処する方法・習慣が身につければ多くの悩みから解放されるでしょう。

■うつ病
■精神的・肉体的疲労
■不安
■パニック

ストレスを回避できれば、上記の要素以外にも多くの問題を回避できるようになります。だからこそ、次の項目からご紹介する15の要素を必ず実践してみてください。そうすれば、あなたも今よりも格段にストレスを感じない生活に変えられるでしょう。

【1】趣味の時間の確保をしよう!

ストレスを溜めない方法のひとつめは、趣味の時間を確保すること。大切なのは自分の仕事を効率よく終わらせるように意識すること。その上で趣味の時間を持つように心がければストレスは溜まりにくくなります。趣味自体はどんな内容でも構いません。とにかく自分の好きなことに没頭できる時間を作ることがポイント。無心で楽しいことに没頭できる時間は、無意識のうちにストレスを解消してくれることに繋がります。

【2】余裕を持ったスケジュール管理をしよう!

ふたつめのストレスを溜めない方法はスケジュール管理についてです。私たちの日常生活の中では、気が散って集中できないことが多くありますよね。

■ついついスマホを弄ってしまう
■仕事中に上司に話しかけられて集中力が途切れる
■集中したい時に限ってLINEがたくさん届く

こういったことでストレスが溜まってしまうことは誰しも経験があるはず。この問題を対処するには、集中したい時間の前に少しの余裕を持っておくことが大切。集中したい時間はスマホの電源を切ったり、スマホの通知をオフにするなど。こういった集中タイムの事前に準備をすることがストレスを溜めない方法です。

【3】情報は「集める」のではなく「選ぶ」という意識を持とう!

情報を「集める」意識から「選ぶ」意識に変えるのもストレスを溜めない方法のひとつ。ストレスの最大の原因は、多くの情報が溢れていること。インターネットやテレビなど、こちらの意識とは関係なく色々なところに情報はあります。しかしすべての情報をフォローすることは実際には不可能です。つまり情報はこちら側が選ぶ必要があるのです。「情報を集めよう」という意識から「自分に必要な情報だけを選ぶ」という意識に変えるだけでも、ストレスは大きく軽減できます。

【4】大変な時は無理をせずに助けを求めよう!

どんな天才でも、人間は1人で生きていくことは不可能です。困ったり苦しい時は無理せず周囲に「助けて!」と言えるように意識しましょう。これも意外と大切なストレスを溜めない方法のひとつです。困った時に「助けてください」と言えない人は常にストレスを抱えて生きています。だからこそ、周囲の人があなたに助けを求めている場合は、あなたも積極的に周囲をサポートしてあげてください。こういった相互関係がストレスのない日常を生み出してくれるのです。

【5】深呼吸をするだけでもストレスは回避できる!

深呼吸を日常に取り入れることもストレスを溜めない方法のひとつです。やることは簡単で、目を閉じて数分間の深呼吸をするだけ。この方法はシンプルながらも最も早くストレス解消をしてくれます。呼吸に神経を集中させて、心の中でゆっくりとリズムを取りましょう。深呼吸は多くの方法があります、インターネットを参照にしてあなたに合ったものを取り入れてみてください。

【6】悩みを忘れることに集中する時間を作ろう!

もしも今、あなたが悩みを抱えているならこの方法を試してみてください。やることは簡単。今あなたが悩んでいることと全く別のことを考えることに集中するだけです。他のことに意識を向けて数分間だけでもいいので集中して考えてみてください。また、周囲の音に嗅覚や聴覚を向けてみるのもいいでしょう。ポイントは「今」という瞬間に心と意識を集中させること。これもストレスを溜めない方法として非常に効果的です。

【7】ランチタイムは絶対に必要!

食事はストレスを溜めない方法として非常に重要な時間です。特に昼食はゆっくり時間を取るようにするとストレスを避けることができます。昼食をファストフードなどでサッと済ませるのは健康にも良くありません。静かでリラックスできる場所でゆっくりランチを楽しむことは大切なこと。美味しい食事を取り、匂いや味をじっくりと楽しんでください。また、食事はゆっくり食べることで満腹感を感じることもできます。昼食はリラックスタイムだと考え、自分へのご褒美として優雅に過ごしましょう。

【8】日常にオンオフの切り替えを配置しよう!

仕事とプライベートのオンオフを切り替えることもストレスを溜めない方法のひとつ。特に意識して欲しいのは次のこと。

■なるべく夜更かしをしない
■睡眠をしっかり取るようにする

あなたの仕事が昼型なら朝8時前と夜20時以降は意識的に仕事をしないようにするべき。また、オフの時間は仕事のことも考えないようにしてください。そうすることで日常とプライベートに線引きをすると、ストレスを回避できるようになるのです。

【9】推測・予想で物事を判断しない!

推測・予想で物事を判断しないのもストレスを溜めない方法のひとつです。他人の言動を推測や予想で判断をして落ち込んだりストレスに感じるのは勿体無いこと。人間は誰しも相手の心を正しく読めるわけではありません。だからこそ他人の心を誤解をしてまでストレスを感じる必要はありません。もしも何かわからないことがあれば、勝手に推測をするのではなく確認をしましょう。しっかりと相手の意見を聞けば、思わぬ誤解で余計なストレスを感じずに済みます。

【10】1つのことに集中するクセを付けよう!

1つのことに集中するクセを付けるのもストレスを溜めない方法のひとつです。脳はたくさんのことを一度に考えることはできません。そのため、マルチタスクを抱えるのは、人にとってストレスを溜める行為です。もしも多くのタスクを抱えているなら、1つのタスクに集中するように意識しましょう。その方がかえってあなたの効率を高め、良い結果を生むことになります。ただし、頭を使わないような簡単なことについては同時に行っても問題ありません。

例えば、次のようなことです。

■音楽を聴きながら運動をする
■掃除しながら考え事をする

こういった簡易的なタスクなら同時にこなしてもストレスは生じません。大きなタスクは1つずつ集中してこなすのが、ストレスを溜めない方法として有効なのです。

【11】メモを取る習慣を作ろう!

メモを取る習慣を作ることもストレスを溜めない方法のひとつ。もしあなたのタスクが多すぎる場合、何をするべきか忘れないようにする必要があります。そのためにメモを取るだけでも、余計なストレスを感じずに済むようになるのです。特におすすめなのはスマホなどのメモ機能を活用すること。肌身離さず持っているスマホでメモを取れば、メモ帳を持ち歩くよりずっと楽。スケジュールを書くクセや大切なことをメモするクセを付ければ、大切なタスクや予定を忘れる不安もなくなります。

【12】スケジュール管理はシンプルに!

スケジュール管理をシンプルに徹底することもストレスを溜めない方法のひとつです。タスクが増えれば増えるほど、スケジュール管理は難しくなります。だからこそタスクには優先順位を付けてシンプルに管理をするようにしましょう。同時にタスクを抱え込むのが難しい人は意識的に予定を最小限に抑えることも忘れずに。

【13】翌日の準備を前日に済ませる習慣を作る!

就寝前に翌日の準備を済ませる習慣を作ることもストレスを溜めない方法のひとつです。朝の時間帯にやるべきことは、例え単純作業だとしてもストレスになりやすいです。だからこそ前日のうちに準備ができることは必ず事前準備をしておきましょう。これをするだけで、朝の忙しい時間に余裕が持てるようになります。朝は多くの人が忙しく、ストレスを抱えやすい時間帯。そんな中、あなただけでも前日のうちに準備をしておけば、他の人よりも優雅に朝の時間を使いこなせます。他の人との差を付けるためにも前日にできる準備は済ませてから翌日を迎えましょう!

【14】ストレスになりそうな問題は早期解決を!

ストレスになりそうな問題は早期解決を心がけてください。問題の早期解決もストレスを溜めない方法として効果的なひとつの手段になります。人は大抵の問題を後回しにしてしまう習性があります。しかし、この考えは結果的に大きな問題を生み出す原因になってしまいます。後に問題に発展しそうな不安の種があれば、早い段階で問題に向き合ってみてください。そうするだけでも生涯の多くのストレスを回避することができるでしょう。

【15】楽観的な考えを持つのも大切なこと!

楽観的な考えを持つように意識することもストレスを溜めない方法のひとつです。もしもあなたが何か大きな悩みを抱えていたとしましょう。

しかし、世界にはもっと大きな悩みを抱えている人はたくさんいます。そのように考えるようにすれば、自分の悩みを小さなものとして捉えることができます。決まり文句のように聞こえるかもしれませんが、この考え方はストレス回避のためにとても有効な考え方です。大きな不安を抱えた時ほど、自分の視野を広く持って問題と向き合うようにしましょう。

まとめ


以上が15のストレスを溜めない方法・手軽に心を穏やかにするコツでした。今回ご紹介した方法はすべて、今すぐに実践できる簡単な内容ばかりです。だからこそ、必ず得た情報を行動に反映させて、実践してみてください。

焦らずひとつひとつで構いません。今回挙げた項目をひとつずつクリアすれば、あなたのストレスは今よりも確実に解消されるでしょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Next : »
Prev : «