起業成功者の特徴!起業の注意点と年代別平均年収とは

あなたは起業した人の平均年収がどの程度なのかを正しく把握していますか?また、起業成功者の共通点や起業の際に気をつけるべき注意点を理解しているでしょうか。起業を考える人のほとんどは、現職の将来性や昇給が見込めないと考える人です。しかし、当然ながら、起業をしたからといって確実に年収が上がるわけではありません。当たり前ですが、現職での昇格や転職での年収アップだって可能ですよね。

起業は自由な反面、年収が安定しないイメージがあるように感じる人も少なくありません。そこで今回は、起業後の平均年収や起業成功者の特徴や注意点をご紹介します!安定した年収が確保できる起業を検討している人は必見の記事と言えるでしょう。

【起業成功者の特徴】安定年収を得られる成功者の共通点!

【起業成功者の特徴】安定年収を得られる成功者の共通点!

起業に成功した「起業成功者」には、漏れなく共通する特徴・共通点があります。サラリーマンと違い、起業後は自身への報酬や使えるお金もあなた次第で決まります。そのため、起業をすれば現職を続けるよりも飛躍的に高い年収を得ることも可能!

しかしその反面、起業に失敗した人は安定収入を得ることはできません。だからこそ、起業成功者の特徴・共通点をそっくりそのまま真似しましょう。起業後に安定した年収を得るベストな方法は、成功者を真似することなのです!

①自由度の高い「お金」と「時間」が起業後の年収アップのヒント!

起業後に安定した年収を確保する起業成功者は「お金」と「時間」への意識が高いです。起業後の最大のメリットは「お金」と「時間」を自由に使えること。起業をすれば「給料」という概念は消え、あなたの事業資金はすべてあなたのもの。

②「起業」は「年収を上げるゲーム」と考えよう!

起業は「時間」を使って「お金」を増やす「ゲーム」だと考えるといいでしょう。自由なお金や時間を使って「どれだけ効率よくお金を増やせるか?」を考えるのです。多くの起業成功者は、このように仕事を楽しんでいることが特徴です。せっかく起業をして自由を得るのですから、夢中になれる分野で起業をしてください!

③起業の年収には上限がないことを忘れない!

あなたが起業をすれば、サラリーマン時代と異なり、年収に上限がなくなります。起業後は成果を出せば出すだけ、あなたの年収=年商が直接的に増え続けるのです。当然ですが、サラリーマンには年収の上限がありませんから、ここも大きな違い。起業成功者は全員がこの仕組みを正しく理解しています。つまり、起業成功者は「僕は年収●●円がリミットだ」という考え方をしないのです。

④起業後のビジョンを明確にすれば爆発的な利益を得られる!

起業後はあなたのビジョンが明確であればあるだけ、爆発的な利益を作れます。当然、あなた1人で稼いげる売上や利益には限界があると思います。しかし、あなたが起業後に従業員を雇えば、稼げる利益も大幅に変わります。ここで得られた利益は、あなたや従業員の年収に直結するのです。

⑤ネットを使って起業後の安定した年収を確保しよう!

特に最近では、ネットを使った集客方法もたくさんあるので、上手に使いましょう。集客に成功すれば、時間や場所に縛られずに年収をアップさせることができます。また、従業員を雇うリスクを避けるなら、ネット上で外注先を探すことも可能。これにより、従業員を雇わずにさらに大きな利益を生み出すこともできます。「成功できるか?」より「どうすれば年収が上がるか?」を考えることが成功の秘訣です。

⑥起業成功者は失敗リスクを想定して起業する!

当然ですが、起業すれば誰もが簡単に安定した年収を確保できるわけではありません。年収を上限なしに稼いでいくには、あなたが起業後に的確に動くことが最低条件。そうはいっても、起業後の失敗やミスはつきものです。どんな人だって起業後は年収が下がってしまうリスクがあることも忘れてはいけません。

⑦「起業時の資金」と「失敗時の対策」は事前準備しよう!

起業成功者は「起業時の資金」と「失敗時の対策」を事前に準備しています。計算外の出来事が起こったときの事業資金は豊富に用意しておくことがベター。事業資金は起業前の段階で、あなたの可能な限り用意しておくことが重要です。また、ミスや失敗が生じたときにすぐに対策ができるように準備することも忘れずに。起業成功者は想定されるトラブルを事前に想定して、すぐに対策できるようにしています。

⑧起業1年目の目標年収は現在の年収の2/3がベター!

起業後1年目の目標年収は、いくら程度に設定するのが望ましいのでしょうか?事業規模・分野で異なりますが、一般的には今の年収の2/3程度を目標にするのがベター。特に会社員を辞めずに起業する人なら、十分な金額の年収になると言えるでしょう。

起業失敗・年収ダウンに繋がる注意点!

起業失敗・年収ダウンに繋がる注意点!

起業成功者の特徴・共通点を真似ることは、起業後の失敗リスク回避に繋がります。同時に起業に失敗した人の原因や、起業後に年収が下がった人のケースも把握するべき。起業成功者・失敗者のそれぞれの実体験から学ぶことが大切です。

①起業後1年目の税金は会社員時代の年収が対象なので注意!

起業後1年目の税金は前年度=会社員時代の年収が対象となります。会社員時代の年収が高かった人は起業後1年目の税金を払えないことがないよう注意!

起業直後は一時的ではありますが、前年度より年収が下がることもあります。事前にゆとりある資金を準備して、経済的な打撃を受けることがないようにしてください。

②退職と同時に起業をすると年収ダウンのリスクあり!

起業と同時に退職をすると、会社員としての年収がゴッソリなくなってしまいます。そのため、経済的に打撃を受けやすいのが現実です。企業による年収アップを考えているなら、退職前に副業として起業しましょう。副業として経営をスタートし、お金を貯めると同時に経営を学ぶようにしてください。

収入が安定してきたら、起業後のビジョンも明確になってくるはずです。退職をするのは、その時点からでも遅くはありません。起業と退職を同時にイメージするとリスクが高いので、注意が必要です。

③理想的な年収確保に向けた起業計画が必要不可欠!

あなたの起業後の理想的な年収は具体的にいくらくらいですか?また、起業後にその年収を実際に得るためには、どんな準備や行動が必要ですか?

この部分が明確になっていなければ、起業で成功することは難しいです。事業計画は明確で具体性があるだけ、安定した年収を実現できるといえます。ここを曖昧にすると、起業後の動きに悪影響が出て失敗に繋がるので注意してください。

起業後の世代別平均年収から目標を決めよう!

起業後の世代別平均年収から目標を決めよう!

あなたの起業後の年収の目標設定は、起業に成功するために必要なポイント!世代別の社会人の平均年収と比較して、あなたの起業後の目標年収を決めましょう。同世代のサラリーマンの平均年収よりも年収があれば、ひとまず起業成功といえます。

①20代の平均年収は約350万円!

  • 20代の平均年収:約350万円
  • 20代男性の平均年収:約370万円
  • 20代女性の平均年収:約420万円

20代の平均年収は上記の通り。

あなたが20代で起業するなら、上記以上の年収を目指しましょう。会社員としての20代は、まだ昇級に恵まれる機会が少ないです。そのため、20代で起業に成功すれば、同世代よりも圧倒的な年収を稼げます。

②30代の平均年収は約450万円!

  • 30代の平均年収:約450万円
  • 30代男性の平均年収:約480万円
  • 30代女性の平均年収:約380万円

30代の平均年収は上記の通り。30代になると男女で平均年収に開きが出てきます。女性は結婚をしたり、子育てをすることでキャリアアップが目指せなくなる人もいます。30代での起業も平均以上の年収があれば、まずは起業成功と言えるでしょう。

③40代の平均年収は約530万円!

  • 40代の平均年収:約530万円
  • 40代男性の平均年収:約600万円
  • 40代女性の平均年収:420万円

40代になると、男女での収入の差がより大きく開いていくようです。40代での起業は上記平均年収以上の金額を稼ぐ必要があるので、綿密な事前計画が必要。事前に起業に向けた準備を怠らないようにして、リスク回避を心がけてください。

まとめ

まとめ

起業成功者の特徴や起業時の注意点、年代別平均年収などをご紹介しました!起業後の安定した年収確保には、事前の計画と準備が必要不可欠。今回お話した内容は起業に失敗しないために、絶対に意識するべきことばかり。

正しく内容を理解して、起業後の年収アップに役立ててください。個人的には今の仕事と平行して起業をすることで、安定化を優先するのをおすすします!

Next : »
Prev : «