主な7つの起業理由と3つの起業するメリット・デメリット!

あなたは会社を辞めて起業した人が、どんな理由で起業したのか気になりませんか?最近では、終身雇用の概念も薄れ、起業をする若者が急増しています。起業する理由は人それぞれで異なりますが、起業を考える人にとっては気になる部分。

そこで当記事では起業した人の主な起業理由をご紹介しています。記事後半で起業のメリット・デメリットも解説するので、最後までお読みくださいね!

起業した人の主な起業理由&起業家が急増する理由!

起業した人の主な起業理由&起業家が急増する理由!

現代の日本では、起業する人が非常に増加傾向にあります。しかし、起業する人が急増している理由はどういった内容なのでしょうか?また、起業する人はどんな理由で起業をするのでしょうか?この項目では、そんな起業理由に関する話題をわかりやすく解説しています。

起業理由①起業する人が急増しているから!

起業する人が急増していることで、自分も起業する勇気を持てた!そういった理由で起業する人は決して少なくありません。実際、2010年以降の新設法人の数は8年連続で増加を続けているのです。起業する人が増えたことで、起業する勇気が持てるのは日本人らしいとも言えますよね。

起業理由②終身雇用神話の崩壊!

起業する人が急増している理由のひとつに、終身雇用神話の崩壊も挙げられるでしょう。日本の伝統的な終身雇用というスタイルは、今の日本では通用しにくくなっています。現在では大手企業でもリストラや倒産のリスクがあり、決して油断はできないのです。また、中小企業の場合はそもそも企業自体が生き残れる保証はどこにもありません。自己責任で自分の能力と力を試したいと感じるのは必然かもしれませんね。

起業理由③起業が簡単になった!

ネットやスマホの発達により、起業自体が簡単になっていることも起業理由のひとつ。特にネットを駆使したビジネスは、初期投資不要で起業できるようなものもあります。さらに起業に必要な情報も、ネット検索で得られるような便利な時代です。ひと昔前よりも圧倒的に起業が簡単になっていることも、起業した人に多い理由です。

起業理由④より「自分らしい働き方」を求めて!

自分らしい自由な働き方を求めて起業する人も決して少なくはありません。現代は働き方がどんどん多様化する一方で、社会のシステムに不満を感じる人も多いです。あなたの努力が年収や評価に反映されなかったり、理不尽なことが多かったり。そんな不満を会社から感じることが多いと、独立をして自分を試したくなるものです。夢中になれることで自分の実力を試したい人にとっては、起業がベストでしょう。

起業理由⑤評価や年収への不満から起業した!

起業する人の中でも、年収や評価への不満を理由に起業した人は非常に多いです。会社で納得できない評価をされたり、理不尽な評価が続くとモチベーションは保てません。実際に年収がなかなか上がらないことが続けば、退職を考えるのは当たり前のこと。会社に不満を感じて退職をする人は、元々は仕事のモチベーションが高いことが多いです。そのため、転職ではなく起業をして思う存分に自分を試してみたくなるのでしょう。

起業理由⑥会社の理念やスタイルへの不満から起業した!

収入面だけでなく、会社の企業理念やスタイルに不満があって起業する人も多いです。組織で働くということは、必ずしも自分の思うように働くことができないということ。上司・部下・取引先・お客様と、色々な関係性の上で成り立つのが組織・起業。自分の意思で働けないことは、多くのストレスや不満を生み出すことが多いです。その不満が募ったことが、起業する理由になったという人も決して少なくはありません。

起業理由⑦仲間に起業を誘われたことが理由になった!

仲間に起業を誘われたことが理由になって、一緒に起業したというう人も多いです。特に多いのは、同僚に声をかけられて一緒に起業をするというケース。仕事の能力や人間性も分かり合えている仲間と起業するとリスクも回避しやすいです。少人数で大きな利益を作る企業は、同僚同士で起業する成長するケースが多いのも特徴。

起業するメリット・デメリットを理解しよう!

起業するメリット・デメリットを理解しよう!

起業する人の主な理由を理解したら、次は企業のメリット・デメリットを知りましょう。起業の理由が明確でも、起業のメリットやデメリットを理解していない人は要注意!この項目で起業するメリット・デメリットを把握して、正しい理解を持ちましょう。あなたが起業したい理由をイメージしながら読み進めてくださいね。

①起業する最大のメリットは「お金」と「時間」の自由度!

起業する最大のメリットは何と言っても「お金」と「時間」の自由度が高いこと。実際に「自由に時間を使って稼げる」ことへの憧れが起業理由になっている人は多いです。

起業すれば、会社員と違って、あなたの収入と時間的に上限はなくなります。さらに事業での収益をさらに投資に回したりと、より広い視野で自由にお金を稼げます。業務時間や内容も他人に指摘されることなく、自分なりに決められるのもポイント。これらのメリットを理由に起業する人が非常に多いのは納得できます。

②起業のデメリットは「リスク」と「自己管理」への覚悟!

起業には「リスク」と「自己管理」への覚悟を持たなければいけません。事業に失敗したり、自己管理ができない人は起業後に失敗しやすい特徴があります。当たり前のことですが、起業をしても具体的な計画性がなければ、成功は掴めません。

まずは、あなたの理想的な年収の目標を決めることが重要。そして、理想的な年収を得るための計画や、するべきことを具体的に決めていきましょう。「リスク」や「自己管理」ができないことを理由に曖昧な経営をするのは危険です。

③起業のメリット・デメリットを徹底的に比較する!

起業の理由を明確にすること、起業のメリット・デメリットを徹底的に比較すること。これらは起業の際に絶対に必要となる重要な要素です。起業後は一時的とはいえども、年収がダウンする可能性だって考えられます。そんなときにすぐに対応ができるように事前対策は必ずしておくうべきです。資金はできる限り事前に用意するべきですし、起こり得るトラブルも事前に対策が必要。

起業には多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあることを忘れずに。あなたの中で起業するメリットとデメリットを徹底比較することが大事です。その上で、起業するメリットが多くて、明確な起業理由があるなら起業はおすすめです。

まとめ

まとめ

主な7つの起業理由&3つの起業するメリット・デメリットをご紹介しました。起業する明確な理由と、起業のメリット・デメリットの比較は必ず事前に整理すること。起業後の失敗を避けて、安定した収入を得るためには必ず必要なポイント!当記事があなたの起業理由の明確化に繋がり、起業のヒントとなれば幸いです。

Next : »
Prev : «