一人でも起業できる?一人起業のメリットとデメリットを解説

一般的な会社は、何人もの従業員で成り立っているため、起業を検討している人の中には、従業員の確保ができないことから起業を諦めている人もいると思います。しかし、起業には必ず従業員が必要ではなく、一人でも問題なく起業することが可能です。一人での起業にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、一人起業のメリットとデメリットについて解説します。

一人でも起業できる

一人でも起業できる

会社には何人かの従業員がいて、それぞれが業務を分担しているのが一般的です。そのため、起業を検討している人の中には、従業員を何人か確保できなければ起業できないと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、実際には従業員がいなくても起業することは可能です。例えば、インターネットを使ってブログやアフィリエイトなどで収入を得る、税理士や行政書士といった国家資格を取得して開業するなどのビジネスモデルです。

これらのビジネスモデルでは、従業員が数名いない場合でも、一人で十分に起業することが可能です。しかし、一人で十分に起業できると言っても、起業で失敗しては意味がないので起業前に一人起業の特徴をしっかり理解しておく必要があります。一人起業のメリットとデメリットを見ていきましょう。

一人起業の4つのメリット

一人起業の4つのメリット

一人起業では、集中しながら業務に取り組めるため、気軽に取り組めるといったメリットが考えられますが、どんなメリットがあるのでしょうか?一人起業のメリットは以下の4つです。

  • 起業にかかるコストが少ない
  • 時間に縛られる可能性が低い
  • 人間関係を気にせずに済む
  • 定年退職がない

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

起業にかかるコストが少ない

一人起業の1つ目のメリットは起業にかかるコストが少ないことです。複数人の従業員が必要な会社は、ある程度のオフィスを構える必要があるため、起業する際のコストが大きくなります。

しかし、一人起業では、自分一人が働けるスペースがあれば十分なので、最低限のコストで起業することが可能です。また、従業員を雇った場合には、従業員の給料を負担しなければなりません。会社の売り上げがない状況では、貯金を崩しながら従業員を養っていく必要があることを考えると、一人起業は低コストの起業方法と言えるでしょう。

時間に縛られる可能性が低い

一人起業の場合には、会議などの他の従業員とスケジュールをともにすることがないため、厳格な時間管理が必要ありません。

営業先に足を運ぶ場合や納期が決まっている場合などを除いて、基本的には自分の都合でスケジュールを立てられます。うまくスケジュールを立てることで、家族との時間や趣味の時間を確保できるため、有意義な過ごし方ができるでしょう。

人間関係を気にせずに済む

会社に勤務している場合には、社内にいても上司や部下、社外にいても取引先などの様々な人間関係の中で仕事に取り組んでいます。そのため、人間関係に疲れた、トラブルが生じたなどで仕事に対するモチベーションが下がってしまう可能性があります

一方で、一人起業の場合には、社外で取引先との打ち合わせなどがない限りは、自分一人の時間を満喫することが可能です。また、上司などの意見を気にせずに、自分の意見で仕事を進められるため、ストレスが溜まりにくいと言えるでしょう。

定年退職がない

最後のメリットは定年退職がないことです。通常は年金が受け取れるようになる65歳まで働きますが、起業した場合は自分が働くのを辞めたいと思わない限りは、いつまでも現役でいることが可能です。

これは複数人の従業員を抱えて起業する場合も一人起業の場合も同じですが、辞めたいと思った時に辞めやすいかという違いがあります。一人起業の場合は取引先との関係だけを考えていれば問題ありませんが、従業員を抱えて起業の場合は取引先だけでなく従業員のことも考えなければなりません。

辞めたくても辞められないという事態に陥ってしまう可能性も考えると、一人起業は始めやすく辞めやすい起業とも言えるでしょう。

一人起業の4つのデメリット

一人起業の4つのデメリット

一人起業には、起業にかかるコストが少ない・人間関係を気にせずに済むなどのメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか?一人起業のデメリットは以下の4つです。

  • 起業で取り組める業務に限界がある
  • 仕事とプライベートの差がつきにくい
  • 病気やけがをした時のリスクが高い
  • 孤独と戦わなくてはならない

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

起業で取り組める業務に限界がある

一人起業の1つ目のデメリットは起業で取り組める業務に限界があることです。従業員が多い会社の場合には、一人ひとりが業務を分担して取り組むことで幅広い業務に取り組むことが可能です。

しかし、一人起業の場合には、何から何まで一人で取り組まなくてはならないため、業務にある程度限界が生じます。せっかく仕事の依頼があっても断らなくてはならない可能性もあるでしょう。

仕事とプライベートの差がつきにくい

一人起業は、時間に縛られる可能性が低く、自分の自由に取り組みやすいというメリットがありました。しかし、時間に縛られないということは仕事とプライベートに差がないため、ゆっくり過ごせない可能性があります。

また、自宅兼職場の場合には朝起きてから夜寝るまでずっと仕事に取り組んでいるというケースも多いと言えます。気づいた時には仕事中心の生活になっている可能性もあるので十分注意しましょう。

病気やけがをした時のリスクが高い

従業員が複数人いる会社では、インフルエンザなどの病気にかかっても他の人が代わりに業務に取り組んでくれます。そのため、病気やけがをしても、安心できるというメリットがあります。

しかし、一人起業では、インフルエンザにかかった・けがをした場合でも、代わりに業務に取り組んでくれる人がいません。風邪をひいている場合やけがをしている場合も、自分しか業務に取り組めないため、無理してでも出社しなければならないでしょう。

孤独と戦わなくてはならない

最後のデメリットは孤独と戦わなくてはならないことです。会社勤めで同僚などがいれば悩みを抱えていても気軽に相談することが可能です。しかし、一人起業の場合は、それらの悩みを聞いてくれる人がいないので孤独との戦いと言えます。

業務でトラブルが生じた時だけでなく商談がまとまった喜びを共有することもできません。従業員を数名抱えて起業した場合は、社員との距離が近い経営者であれば、悩みや心の内を明かせることを考えると、一人起業はストレスを抱えやすいので注意しましょう。

まとめ

まとめ

起業は従業員を数多く抱えていなければできないと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。ブログやアフィリエイトなどで収入を得る、税理士や行政書士といった国家資格を取得して開業するなどのビジネスモデルでは、一人でも起業することが可能です。

一人起業には、起業にかかるコストが少ない・人間関係を気にせずに済むなどのメリットがある一方、起業で取り組める業務に限界がある・病気やけがをした時のリスクが高いなどのデメリットがあります。

従業員を抱えて起業した方が何かトラブルが生じた時の精神的な支えになるほか、業務の範囲が広くなることでより効率良く稼ぐことが可能です。そのため、一人起業がいいのか、従業員を抱えての起業がいいのかをよく考えてから起業しましょう。

Next : »
Prev : «