スピーチの悩みを払拭しよう!基本の3段構成とスピ―チ成功のためのコツとは?


ビジネスシーンにおいて、スピーチやプレゼンが必要になる機会があります。なかなか上手にスピーチをすることができず、いつも納得のいくスピーチができない、スピーチをどのように構成して良いかわからない、と言う悩みを抱えていませんか?

しかし、スピーチを成功させるためには、いくつかのコツと「3段構成」について知っておくだけで良いのです。上手なスピーチをサラっとすることができれば、職場でのあなたの評価も向上するでしょう。

今回は、スピ―チの3段構成と、スピーチに失敗しないためのコツについてご紹介しています。

是非一度ご確認ください。

なぜ上手なスピーチができたほうが良い?


職場の朝礼で、社員が日替わりで1~3分のスピーチをしなければならない、という話を聞くことがあります。新入社員にとって、スピーチの順番が回ってくることは多少なりともストレスを感じることでしょう。

また、社会人の経験がある程度ある方であっても、人前でのスピーチが苦手、話したいことを上手にまとめて伝えることができない、という悩みからスピーチに苦手意識を持っている人も少なくはありません。

しかし、ビジネスの場面において自分の意見をしっかりと相手に伝えることは非常に重要なことです。取引先とのコミュニケーションを円滑に進めるため、社内の会議で自分の案を通すためなど、意見を交換したり主張が必要になったりするシーンが多々ありますよね。スピーチをする能力が高い人は、堂々と自信をもって意見を述べることができ、周囲から頼もしいと感じてもらうこともできます。

しかし、普段からスピーチをすることが苦手な人は、自分の意見を堂々と相手に述べることは難しく、周囲から頼りにされることは少ないでしょう。自分の意見を上手に伝えることができなかったことで、本来であれば成功していた取引が失敗してしまう可能性もゼロではありません。ビジネスシーンでの失敗を少なくするためにも、会社の朝礼などでスピーチの練習をして、自分の意見を分かりやすく相手に伝える練習をしておくことはとても大切なことです。

3分間程度の短いスピーチであっても、人前で自分の意見をはっきりと伝えることができるようになると、普段の商談やプレゼンにも自信をもって挑むことができるようになりますよね。毎朝の朝礼で強制されるスピーチが苦手・・・という方であっても、社会人としてビジネスシーンで活躍するために、スピーチを成功させるコツを知っておきましょう!

スピーチの基本!「3段構成」で表現しよう!


スピーチを成功させるために基本の構成である「3段構成」について知っておきましょう。3段構成は、特に3分程度の短いスピーチの構成に向いていて、スピーチの内容を3つに分けて表現することで自分の意見を分かりやすく相手に伝えることができます。3つの段階を確認していきましょう!

(1)段階1:意見

スピーチを開始する際には、最初にこれからどのような話をするのか、という説明をすることになります。3段構成を活用したスピーチをする場合、自分の意見を最初の主張することでこれからするスピーチの内容を伝えることが第一段階です。スピーチの内容についての自分の意見や考えをまず簡単に主張しましょう。

(2)段階2:事実

段階1で主張した意見や考えの根拠となる内容を話します。どのような事実・経験などに基づいて自分の意見が固まったのかを説明しましょう。実際の経験や具体的な例を出して話すことで、聞き手はよりあなたの話に興味を持つことができます。

(3)段階3:意見

段階1で述べた意見を、段階2によって根拠づけした上でさらに細かく説明します。このようにスピーチを3つの段階に分けて作成することで、まとまりのある文章を作成することが可能になります。3分程度の短いスピーチはもちろん、長いスピーチをする場合でも、段階2の内容を長くすることで分かりやすい構成でスピーチをすることができるでしょう。また、【段階1:意見】【段階2:事実】【段階3:意見】という3段階での構成についてご紹介しましたが、この3段構成は【序論・本文・結論】または【導入・展開・集約】などと表現されることもあります。

上手なスピーチをするためのコツ7つ


分かりやすいスピーチの3段構成について理解したら、実践するべき「上手なスピーチをするためのコツ」を知っておきましょう。

(1)基本のBIGPRをわすれずに

スピーチで聞き手に興味を持ってもらうためには、スピーチの最初に基本の【BIGPR】を忘れずに実行することが大切です。【BIGPR】とは【B:Background】【I:Introduction】【G:Goal】【P:Period】【R:Role】の頭文字です。BIGPRを意識することで聞き手の興味を得ることができるため、スピ―チだけでなく商談などでも活用できるビジネスにおいてとても重要なスキルとも言えます。それぞれの意味を確認しておきましょう。

①B:Background
背景を意味するBackgroundは、スピーチをするに至った経緯を説明します。できるだけ簡潔に説明することが大切ですい。

②I:Introduction
Introductionでは自己紹介をします。自分のことを良く知っている少数の相手に対してのスピーチの場合、自己紹介を省くこともありますが、自分を知らない相手に対して何かを説明する場合は必ず自己紹介をするようにしましょう。Backgroundと同様に、できるだけ簡潔に自己紹介をしてください。

③G:Goal
Goalはスピーチの目的を指しています。スピーチをすることでどのような理解を得てほしいのか、何を知ってほしいのか、目的を完結に説明しましょう。これから始めるスピーチにタイトルを付けて、タイトルを述べることも有効です。

④P:Period
これからするスピーチが何分くらいで終了するか、所要時間を最初に説明しましょう。

⑤R:Role
聞き手がどのような姿勢でスピーチを聞くべきか、を伝えておきましょう。質問時間を10分おきに設けているので、できるだけ積極的に質問してほしい、というような説明を事前にしておきます。【BIGPR】についてスピーチの前に完結に話しておくことで、聞き手はこれからどのような話を聞くのかを理解することができ、より興味を持ってあなたのスピーチを聞いてくれるようになるでしょう。

(2)会場の雰囲気に慣れておく

スピーチを成功させるためには、自身が会場の雰囲気に慣れておくことが大切です。特に大きな会場でのスピーチをする場合、マイクや立ち位置の確認、司会進行との打ち合
わせ、聞き手との距離がどれくらいなのか、を事前に確認しておきましょう。事前に会場の確認をして把握しておくことで、落ち着いてスピーチを開始することができ、何かしらのトラブルが発生した場合にも比較的落ち着いて対応することができます。

話し手がスピーチに慣れていない、ということが全面に出ている場合、聞き手は自分にとって役に立つ情報ではない、と判断してスピーチの内容に興味を持たないこともあるので、会場の雰囲気に慣れて堂々としたスピーチをすることはとても重要なポイントです。

(3)入念なイメージトレーニング

本番で緊張してしまわないためにも、頭の中でスピーチの内容を繰り返してイメージトレーニングをしておくようにしましょう。話し方や質問を投げかけるタイミングなど、何度も繰り返してイメージトレーニングをしておくことで、実際にスピーチをした際に緊張せずに完成度の高いスピーチをすることができます。

(4)聞き手の注目を得るフレーズを盛り込む

聞き手がスピーチをもっと聞きたい!と思うためのフレーズを盛り込みましょう。「今回だけご紹介する方法が・・・」「失敗しないための方法は・・・」「絶対に成功するためには・・・」など聞き手が知りたいと思える、興味を持てるようなフレーズを盛り込むようにしましょう。

しかし、言い過ぎには注意が必要です。「ここだけの話・・・」という言葉を何度も使用してしまうと、なんだか信用できない気がしてしまいますよね。程よいタイミングで程よく挟むのがコツです。

(5)ボディランゲージを活用して表現!

スピーチが上手な人はボディランゲージを上手に活用しています。スピーチだけでなく、社内のプレゼンなどでもボディランゲージを活用することで、話の内容を大きくアピールすることができ、視覚的に聞き手に話をアピールすることができるのです。

しかし、いきなりボディランゲージを使ったスピーチに挑戦しようとしてもなかなかうまくいきません。事前に鏡の前などで練習しておきましょう。

(6)具体的な質問で聞き手の心をつかむ!

スピーチの中で聞き手に対しての問いかけをする文章を盛り込みましょう。問い掛けの内容はできるだけ具体的なものの方が良いです。例えば、「今回の話をきいてどうだったでしょうか」というような漠然としている問いかけではなく「今回のお話した内容について、これから実践してみようと思った項目はどれですか?」のようにより具体的な問いかけをすることで、聞き手の関心をより一層引く事ができるでしょう。

また、スピーチの中で重要な部分は複数回繰り返すことで、聞き手にスピーチで伝えたい内容を印象づけることができます。

(7)視線を動かして聞き手一人一人に話す!

スピーチで聞き手が内容に興味を持ってくれないケースでは、多くの場合が「私に向けて話していない」と感じてしまうことが原因です。聞き手からの関心を集めてスピーチを成功させるためには、話している時に視線を動かして、聞き手の顔を見ながら話しを進めます。また、話のリズムを意識して、一人一人に話しかけるようにしましょう。

まとめ


今回はスピーチを成功させるためのコツと、基本の【3段構成】についてご紹介しました。まずは基本の3段構成を基にスピーチの原稿を作成してみましょう。その次に、今回ご紹介した7つのコツを意識して練習してみてください。練習をして実際にスピーチをする、という流れを繰り返し行うことで、あなたもスピーチ上級者になることができます。スピーチが上達すると、ビジネスシーンにおいてのあなたのスキルも高くなること間違いなしです!

Next : »
Prev : «