仕事を辞めるベストタイミング5選と転職で失敗しない3つのコツ!

「仕事を辞めたい。だけど、辞めるタイミングがわからない。」そんな人は少なくないのではないでしょうか?実際、終身雇用の時代が過ぎ去り、仕事を辞めることを検討する人は増えています。

・自分の好きなことをして生きたい。

・今の給料では、将来が不安だ。

・今の会社と自分のスタイルが大きく異なる。

この時代、そんな考えの人が多くいらっしゃるのは、れっきとした事実です。それでは、具体的にどんなタイミングで会社を辞めるのがベストなのでしょうか。今回は、仕事を辞めるタイミングを見極めるための5つのコツをご紹介します。

①人生に迷いが生じている


人生に迷いが生じた時は、仕事を辞めるタイミングかも知れません。

「このまま今の仕事を続けていていいのか?」

そう感じてしまった時、あなたは仕事を辞めるタイミングを考え出すでしょう。こう感じてしまった以上、遅かれ早かれ仕事を辞める可能性は高いです。ただし、この場合に注意をしなければならないポイントがあります。具体的には、次のようなセルフチェックを事前にしておく必要があるのです。

・今の会社で自分の能力を存分に活かせるか?

・今の会社にいて、本心から自分の心が喜んでいるか?

・今の会社で、人生の目的や目標は達成できるか?

・今の会社にいることで、得られるものや学べるものはあるか?

これらのセルフチェックをした上で、結論を出しましょう。全ての項目において、納得が出来ないなら、仕事を辞めるタイミングは近いです。ただし、実際に決断をするには早すぎます。

会社を退職する前に、少なくとも「本当に自分がしたいこと」を見つけましょう。そうでなければ、また、同じことの繰り返しになるリスクがあるからです。転職をするなら、先述したチェック項目において、満足できる会社を選びたいですよね。いずれにしても、あなたの人生に迷いが生じたなら、一度冷静になりましょう。あなたにとって、人生を組み立て直すタイミングの可能性が高いからです。

②今の会社の将来に不安を感じる


今の会社の将来に不安を感じる人も、仕事を辞めるタイミングを悩んでいることでしょう。例えば、今の会社の業種が、業界的に傾いていたとします。そんな時は社内でも、将来への不安が話に出ることも多いでしょう。それに、仮に次のような出来事が起これば、その不安もより現実的になりますよね。

・給与がカットされた。

・仕事内容が急遽変更んあった。

・やることがなくなっているのが実感できる。

・周囲の人の異動が増えた。

・実際にリストラがはじまった。

などなど、このような変化があると、不安も強まってきます。ここまで来ると会社そのものの将来性が不安に感じるはずです。この段階に来ている会社は、社内でも悪い変化が次々に起こるはずです。このタイミングに来ているなら、仕事を辞めるタイミングです。いち早く転職先を探すべく、動き出す必要があると言えます。

③精神的に今の会社を続けられそうもない


精神的に疲弊してしまった時も仕事を辞めるタイミングでしょう。なぜなら、精神的に仕事に疲れている時のほとんどの原因が人間関係だからです。実際に、会社での人間関係に頭を抱えている人は非常に多いです。自分が1人だと思い込んでしまうと、他の人は全て敵に見えることもあります。大勢の中だと、1人の力はすごく無力だと感じることも多いですよね。

どれだけ精一杯頑張って、楽しく仕事をしようとしても、自分だけではどうにもならない。自分が奮起していても、周囲のやる気がない。そんなことは珍しいことではありません。そんな風に痛感することが多いなら、冷静になって、こう考えてください。

・人は万能ではありません。

・人には向き、不向きがあります。

・人には変えられるもの、変えられないものがあります。

これはごくごく当然のことなのです。あなたは今の会社で、それを経験できただけでも価値があったと考えるべきです。今のあなたの会社での人間関係には問題はありませんか?今のあなたは会社にストレスを抱えていませんか?もしも過度なストレスがあなたにかかっているなら、それは無視できません。それを放置していたところで、その問題は解決しないでしょう。

また、会社では自分で意思を持って動かなければ、周囲に流されてしまいがちです。あなたが、あなた自身のストレスを把握することは、あなたを守る意味でも必要です。その上で、過度にストレスを感じる職場なら、仕事を辞めるタイミングを考えるべきです。

④仕事に意義ややり甲斐を感じられない。


仕事にやり甲斐を感じなくなった時も、仕事を辞めるタイミングと言えます。

・単純に仕事が楽しくない。

・やり甲斐を感じなくなってしまった。

・自分が今の職場にいる価値が見つけられない。

あなたがこう感じるなら、今のままの環境では長続きしないでしょう。仕事・職場は人生の大半を費やす、人生のメインステージです。そんなメインステージがつまらなくなってしまったら、人生が暗くなってしまいます。

「仕事がつまらない」

「仕事にやる気が出ない」

これは、誰もが一度は経験することだと思います。毎日、イライラしながら仕事をするのは苦痛ですよね。どうして自分ばかりが嫌な思いをしなければならないのかと考えてしまいます。こういった気持ちの積み重ねが、より一層、自分をネガティブにしてしまいます。この、負のサイクルに陥ってしまったら、仕事を辞めるタイミングを考えるべきです。なぜなら、そのような環境では明るい将来を描けないはずだからです。

つまり、目の前を生きるだけのマシーンのような生活になってしまう可能性があるのです。あなたは無感情に、ストレスを我慢するために今の会社に就職したわけではありません。本来であれば、自分の価値を発揮し、やり甲斐を感じられる職場を見つけるべきです。人生のほとんどの時間を費やす場所が職場です。それなら、少しでもあなた自身がやり甲斐を感じられる職場を選びましょう。このような状態に陥っているなら、仕事を辞めるタイミングを検討するべきです。

⑤上司との関係が悪化してしまった


上司との関係が悪化した時も、仕事を辞めるタイミングかも知れません。周囲のことを振り返ってみましょう。過去に上司に嫌われてしまった多くの人は、会社を辞めてしまいませんでしたか? 当然、色々な事情があるため、会社を辞められない人もいらっしゃいます。

しかし、上司との関係が悪いと、部下は不利になってしまうことが多いですよね。

・正当な評価が得られない。

・自分の手柄を横取りされてしまう。

・無理な仕事を押し付けられてしまう。

・陰湿な対応で精神的なダメージを与えてくる。

上司に嫌われてしまうと、このようなことも考えられますよね。当然ですが、全ての上司がそうとは限りません。それに、キッカケさえあれば、関係が再び良好になることもあるでしょう。

しかし、根本的な価値観が違いすぎている場合は、そうはいきません。人に一度与えてしまった印象を回復することも、決して簡単ではありません。この場合、不当な評価でストレスを感じ続けることになってしまいます。そうなれば、あなたは仕事を辞めるタイミングを考えるべきでしょう。あなたが本来の能力を開花させられる職場は、きっと、見つかるはずです。

会社を辞めて、良い環境を見つけるためのポイント!


ここまで、仕事を辞める際のベストタイミングをご紹介してきました。次は会社を辞めて、良い環境を見つけるためのポイントに関してのお話です。今の会社を辞めるなら、あなたの次のステップが今よりも前進する必要があります。

その際に注意をするべきポイントは以下の通りです。

①必ず次の仕事を見つけてから退職する。

②最低3ヶ月は無収入でも生活できる貯金を用意する。

③辞める時はできる限り「円満」かつ「穏便」にする。

この3つのポイントを抑えておけば、大きな失敗はないでしょう。これまで、仕事を辞めるタイミングを探して色々なことを考えてきました。その際に考えることは、比較的ネガティブな内容が多かったはずです。

しかし、少なくとも、今のあなたは今の会社のおかげで生活ができたことは事実です。今日まで仕事を持てて、収入があったのも、今の会社のおかげです。どんなに辛いことがあっても、理不尽なことがあっても、それだけは事実なのです。それに、その環境に身を置いていたのも、自分自身が選択をしたことですよね。だからこそ、今の環境にどんな不満があっても、退職時には感謝を忘れずに。今のあなた自身の成長は、今の環境があってこそなのです。

次に、退職をする前の具体的な注意点に関して。

・退職前に転職先を見つけておくこと。

・ある程度の貯金を用意すること。

この2点は非常に重要な要素になります。これを抑えておくだけでも、精神的にも余裕が作れるでしょう。基本的に貯金は、無収入の状態でも3ヶ月は生活ができるようにしておくのがベターです。そうすることで、退職後に何かトラブルが生じても、大抵のケースはカバーできます。転職を考える際には、何かとバタバタと忙しくなることが多いです。万が一のために、貯金はしっかりと用意しておきましょう。

まとめ


今回お伝えした内容は、主に以下2点となります。

・仕事を辞めるベストタイミング5選

・転職時に失敗しない3つのコツ

まずは、あなたが仕事を辞める決断をするタイミングについてお話をしました。仕事を辞めたいと思っても、普通はなかなか勇気が出ないものです。そうすると、会社を辞めるタイミングに関しても悩んでしまいますよね。そんな時に今回お話した、会社を辞めるタイミング5選を思い出してください。

今回、あなたに該当する項目が見つかったなら、会社を辞めることを検討してみるのもいいでしょう。また、転職の際には、今回紹介をした3つの注意点をしっかりと守ってください。そうすれば、転職時に大きな失敗をすることは避けられるはずです。あなたが仕事を辞めるタイミングを適切に見極め、さらにいい環境を見つけられることを、陰ながら応援しています。

Next : »
Prev : «