【集中力を高める9のコツ】運動や知識が集中力をアップさせる!

日常のすべての場面において要求されるのが「集中力」です。この集中力を高めるためには、正しい知識や運動が効果的だと知っていましたか?集中力に欠けると、仕事・家事・勉強など、すべてのことがはかどらなくなります。そのため集中力を高めるためのコツやポイントを知っておくことは重要なこと。正しい集中力の高め方を知っていると、次のことが無駄にならなくなります。

・時間
・手間
・労力
・評価

ここで挙げただけでなく、色々なことを最短時間で達成できるようになるのです。集中力の高め方が身についた人と身についていない人では、仕事の効率性も大きく異なります。

今回の記事では集中力を高め、短時間で効率よく作業を行うコツや運動をまとめています。この記事が、あなたの集中力を高める際のお役に立てれば幸いです。

①集中力には「持続」と「強度」の2タイプがある!


集中力を高めるためには、正しい知識・運動が効果的です。まずは、集中力を高める方法を「知識」の面から理解していきましょう。集中力には個人差があり、主に次の2タイプの特性があります。

・集中力が持続する時間
・集中力の強度、没頭度

最初に上記2タイプの集中力の特性の解説からスタートします。

集中力が持続する時間

集中力が持続する時間は人によってそれぞれ異なります。集中力を発揮する際のパターンは次の2タイプのどちらかになるはずです。

・集中する時間は短いが、その時間は高いレベルで集中力を発揮
・一定のレベルで長時間の集中力を持続

スポーツ選手などは、非常に短いスパンで高い集中力を発揮しています。将棋の棋士などは反対に、長時間の集中力を持続するタイプです。どちらが「良い」というわけではありません。あなたの必要とする場面で、必要な集中力が発揮できるようにすることが大切です。ここでは、集中力が持続する時間が2タイプあると覚えてもらえれば大丈夫です。

集中力の強度、没頭度

集中力を構成する要素として「強度」と「没頭度」も大切です。これは「集中タイム」に入った時の集中の深さのことです。タスクや求められる仕事によって、異なる種類の集中力が必要とされます。作業内容によって、どのタイプの集中力がより多く必要か?これを意識して使い分けることができるのが理想です。

・集中の瞬発力
・集中の持続力

この2タイプの集中力の構成要素を理解しておけば、作業の能率が上がってきます。

②集中力を高める「メリハリ」とは!


集中力を高めるのは、知識や運動だけではありません。集中力を高め、作業効率を上げるためには、「メリハリ」が非常に重要です。集中の合間に、適当な間隔で休憩を挟むようにすると、集中力はさらに高まります。休憩を挟むことで、一見、集中力が散漫になるように感じるかも知れません。

しかし、実際には休憩を挟んだ方が集中力・作業効率は確実に上がります。作業がはかどらないからといって、ダラダラと作業を続けるのは最もよくないこと。これは集中力を下げてしまうので、逆効果です。意識的に作業に緩急をつけて作業を行うことが、集中力を高めるコツです。

③集中しやすい環境作りも大切!


集中力を高めるためには、環境作りも大切です。ノイズの多い場所で仕事や勉強をしても、集中はできませんよね?ですから、集中力を高めたいなら、集中して作業ができる環境を用意するべきなのです。その際のポイントは、作業場に関係ないものを置かないようにすること。具体的な例を挙げてみます。

・仕事で集中したい→仕事に関係ないものをデスクに置かない。
・勉強に集中したい→勉強に関係ないものを机に置かない。
・趣味に集中したい→趣味の場所に趣味以外のものを置かない。

これをするだけで、集中力を高めることができます。「この場所に座れば仕事だけに専念ができる」そんなイメージを持てる場所をプロデュースするのです。

④作業前ルーティンの設定も効果的!


作業に入る前に決まったルーティンを組むことも非常に効果的です。例えば、仕事に集中をしたいなら、次のような設定をするのがいいでしょう。

・仕事に集中する前にコーヒーを飲む習慣を作る
・仕事に入る前にタバコを吸う習慣を作る

これらはあくまで一例なので、あなたなりのルーティンを組めば問題ありません。集中タイムの前に、作業への「準備段階」を儲けることが目的です。これを行うことで、集中力を最高値にするモードを作ることができるのです。

⑤「音」は集中力を高める効果的な方法!


知識や運動だけではなく、「音」もあなたの集中力を高めてくれます。

・周囲から漏れる雑音
・周囲の話し声

これらのことが気になって集中できないという経験はありませんか?そのことからもわかるように、音と集中力には密接な関係があるのです。雑音は集中力を失わせる原因になってしまいます。

しかし、逆に耳に心地いい音楽を聴くことは、集中力を高めてくれます。雑音が気になる場合は、ヘッドフォンなどで外の音をシャットアウトするのも効果的。自分が最も集中できるタイプの音楽を流すようにしましょう。どんな音楽が集中力を高めてくれるのかは、人それぞれ異なるので断定はできません。

しかし、母国語である「日本語」は意識しなくても耳に入ってきてしまう情報です。そのため日本語は歌詞に気が取られて集中力が奪われてしまうようなこともあります。

・歌詞の入っていない音楽
・クラシック音楽
・ヒーリングミュージック
・英語の音楽

これらの音楽から、あなたが集中しやすい音楽を見つけるのがベターでしょう。

⑥「睡眠」と「栄養補給」で集中力を高める!


運動や知識だけでなく体調管理も大切な集中力を高める要素です。人間が最も効率よく与えられた作業をこなすには、体調管理も万全であるべきです。

・生活習慣が不規則
・慢性的な睡眠不足
・栄養バランスの悪い食生活
・昼夜逆転生活
・ジャンクフードや外食中心の生活

これらのことに心当たりがある人は、肝心な時に集中力を発揮できません。必要なことを最短時間で効率よく仕上げるためには、体調管理にも意識を持ちましょう。脳に最も必要な栄養を与えてくれるのは「ブドウ糖」です。ブドウ糖の入ったものを定期的に摂取するなどして、バランスの取れた食事を心がけましょう。

⑦集中したい時、作業に関係のないものは持ち込まない!


集中したい時、作業に関係のないものは持ち込まないようにしましょう。

・仕事に集中したいなら、仕事に関係ないものは職場に置かない

これはとても大切なことですが、それ以上に注意して欲しいのがスマホです。携帯やスマホに気を取られてしまうと、作業に集中するどころではなくなります。

・作業する場所には携帯を持ち込まない
・作業中はスマホの電源を切る
・スマホを触る時間に制限を設ける

これらの対策をして、集中力を切らさない配慮を欠かさないようにしましょう。ただし、作業と作業の間の休憩時間に息抜きに利用することは問題ありません。休憩中にリラックスを目的にするなら、それなりのメリットも得られるかもしれません。肝心なことは、集中力を損ねる可能性のあるものを自分で排除することです。集中のできる環境作りは徹底した方がいいのです。

⑧集中力を高める運動=エクササイズ!


集中力を高めてくれる運動は色々あります。

・ヨガ
・エクササイズ
・体操などの簡単な運動

また、体には集中力を高めるツボもあります。このツボを定期的に押すなど、色々な運動を複合的に絡めると効果的です。また、どんな種類の運動にしろ、「体を動かす」ということは非常に効果的です。運動自体がリフレッシュ効果を持っているので、軽い運動は集中力アップに欠かせません。

・仕事の開始前
・休憩時間

などの空いた時間は、積極的に体を動かすようにしてください。効果的とされるヨガのポーズヨガのポーズには集中力を高める効果があります。代表的な例は「木のポーズ」です。

①まっすぐに片足で立つ
②反対側の足の裏を軸足の太ももに付ける
③両手を耳の側面に添わせて上に伸ばす
④両手の手のひら同士を付ける
⑤片足ずつ交互に行う

これをすることで、かなり集中力を高める運動ができます。1度試してみてください。

⑨ガムを噛むと集中力を高めることができる!


ガムを噛むと、集中力を高めることができます。「噛む」という行為は「あごの運動」になり、集中力がアップするのです。社会人の場合はガムを噛むことが不適切なシーンもあると思います。

しかし、ガムを噛むことには、集中力を高める確かな効能があります。そのため、休憩時間などはガムを噛むようにするクセを付けるといいでしょう。ガムだけでなく、ハーブティーやカフェインなどを取ることも効果的です。これらは精神をリフレッシュさせたり、ストレスを緩和してくれる効果があります。

まとめ


以上が集中力を高める9のコツでした。集中力を最も高めてくれるのは、「正しい知識」と「適切な運動」です。

・集中力が続かずにイライラしてしまう。
・自分の集中力の低さに嫌になってしまう。

そんな人は、今回紹介した方法を、ひとつずつトライしてみてください。どれも簡単で、誰にでもできる方法ですし、行動を実践することが何より大切です。今回の記事が、あなたの集中力を高める際のお役に立てれば幸いです。

Next : »
Prev : «