仕事の集中力アップに効果的な9の食べ物と集中力を高めるポイント!

この記事では、主に次の内容についてお話をします。

  • 仕事の集中力アップに効果的な食べ物
  • 集中力を高めるポイント

仕事や勉強をすると、人間は徐々に集中力が切れてきてしまいます。あなたもそんな経験、1度はあるのではないでしょうか?その原因や理由を知り、脳にエネルギーを補給する方法を知りましょう!そうすれば、仕事の集中力切れを防ぐことができるようになります。

最後までお読みいただいて、あなたの仕事の集中力アップに役立ててください。

仕事中の脳はすぐに「空腹」になる!

仕事の集中力をアップさせる食べ物をご紹介する前に、大切なことをお伝えしておきます。それは、仕事や勉強のような頭を使うシチュエーションでは、脳がすぐに空腹になるということ。まずは集中力を高めるための、食事に関する基礎的な知識を知っておきましょう!

脳のエネルギー源は「脂質

集中力アップの食べ物に関する大前提として、これを覚えておいてください。脳のエネルギーは脂質によって補われているとされています。

また、何もしていなくても脳は1日多くの脂質を必要としています。仕事や勉強などで、脳を使うシチュエーションだと、さらに脂質が必要です。そのため、脳のエネルギー源である脂質は定期的な補給が求められます。

脳はすぐに空腹になってしまうということを覚えておきましょう。

1度に食べ過ぎるのはNG

仮に仕事の集中力をアップさせる食べ物でも、食べ過ぎはよくありません。特に白米やお菓子は糖分を多く含んでいます。これは血糖値の急上昇に繋がってしまいます。人体はこれを抑えようと、今度は血糖値を急下降させる機能があります。

この「血糖値の急変動」が、眠気・ストレスを生じさせるのです。当選、健康にも良くありません。脳には、一度に蓄えられるエネルギー量に限界があります。一度にたくさんの量を食べるよりも、2〜3時間毎に少量を口にするのがベストです。

「間食」は低下した集中力を高めてくれる

仕事で低下した集中力は「間食」で高めることができます。先ほど書いたように、2〜3時間毎に少量の食事を摂ると、脳に効率よくエネルギーを送り込めるのです。特に小腹が空く「3時のおやつ」は疲れた体にも栄養が行き渡ります。間食は気分転換やリフレッシュにも繋がります。これにより、低下しかけた集中力を再び高める効果が期待できるのです。定期的にブドウ糖を補給すると、脳の空腹を抑えることができます。これにより、集中力を再び高められるのです。

よく「噛む」ことが集中力をさらに高めるコツ

集中力を高めるために「ガムを噛む」ことが効果的と聞いたことはありませんか?実際に「噛む」ことは、集中力や記憶力を高める非常に有効な手段。「よく噛む」という行為は、脳に刺激を与えてホルモンの分泌を促してくれます。さらに、噛むことは栄養を体内に吸収するためにも効果的です。「よく噛んで食べる」この行為は、仕事の集中力をアップさせるために最も大切なことなのです。

仕事の集中力アップに効果的な9種類の食べ物!

いよいよ、本題です!

仕事の集中力アップに効果的な食べ物をご紹介します!

当然、「ただ食べる」だけでは効果は期待できません。

先述した「食べ方」に注意して、食間に少量を「間食」として食べましょう。

仕事の集中力を高める食べ物を先にご紹介しておきます!

  1. コーヒー
  2. 紅茶
  3. バナナ
  4. ダークチョコレート
  5. ココナッツオイル
  6. サバ
  7. ドライフルーツ
  8. ナッツ
  9. ペパーミントティー

上記の食べ物がなぜ仕事の集中力アップに繋がるのか?それぞれの解説をしながらご紹介します。早速、先に進んでいきましょう!

①コーヒー

コーヒーを飲むことで勉強に対する集中力が向上するということが分かっています。これはコーヒーに含まれているカフェインの成分による効果です。カフェインが脳の中枢神経を刺激するために集中力が向上するのです。コーヒーは集中力の向上だけでなく、記憶力の向上にも効果的。試験勉強や資格勉強では何かと暗記することが多いですよね。そのため、記憶力の向上はかなり貢献度が大きいです。3〜4杯/日が適量とされており、適量の摂取により集中力を高めることができるのです。

また、基本的にブラックコーヒーで飲むことがオススメです。コーヒーを飲んでからカフェインの効果を感じるまでは30分くらいをみてください。集中したい時間の30分前にコーヒーを飲むのがベスト。そうすれば効果のピークを勉強中に持ってくることができます。

②紅茶

紅茶を飲んで30分たつと人間の脳は活性化されます。それにより、記憶力・意思決定能力が高まる効果が期待できます。紅茶に含まれているL-テアニンとカフェインは集中力を高める効果があります。さらにカテキンが含まれた紅茶は血液をサラサラにしてくれます。また、コレステロール値を下げる効果もあるのです。つまり、体脂肪を減らすという嬉しいダイエット効果も期待できるのです。

③バナナ

バナナに含まれる糖質は集中力の低下を防ぐ効果があります。それだけでなく「トリプトファン」という成分も含まれています。この成分は脳の働きを活性化させてくれる成分です。それだけでなく集中力を高めるセロトニンを生み出す材料にもなっています。そのため、バナナを取りいれるのも集中力アップには効果的です。その他にもビタミンCが多く含まれている点が特徴です。ビタミンCが不足してしまうとストレスに弱くなる傾向があります。しかし、ビタミンCを摂取することでストレスに強い体を作ることができます。

④ダークチョコレート

チョコレートには多くの成分が含まれています。

  • ビタミンE
  • ナイアシン
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛

などが代表的な栄養分となり、それらがバランスよく含まれています。これらの栄養素は脳の活動に不可欠なのです。特に注目して欲しいのはチョコレートに含まれるカフェインの仲間、テオブロミンです。テオブロミンには記憶力や集中力を高めたりやる気を出したりする効果があります。また、ギャバという成分も精神を安定させる効果が期待できます。それだけでなく、チョコレートの香りにも集中力を高める働きがあるそうです。これらのことからチョコレートは脳を活性化させる作用が大きいと言えます。脳をフル回転させる仕事・勉強中には、ピッタリの食べ物です。

ココナッツオイル

脳のエネルギー源として有名なブドウ糖。実はブドウ糖とは別に脳を活性化させるケトン体というものが存在します。このケトン体は脳を活性化し、集中力がアップすると言われています。しかし、ケトン体を発生させる食品はそう多くありません。そこでおすすめしたいのがココナッツオイルです。こちらには豊富な中鎖脂肪酸が含まれています。これを摂取することでケトン体を作り出してくれます。しかも、このケトン体の材料となるのは脂質。そのため、エネルギーを作り出すと同時に脂肪も分解してくれるのです。要は集中力アップとダイエット効果が同時に期待できるのです。

⑥サバ

あなたも「魚を食べると頭がよくなる」と聞いたことはありませんか?これは、魚にDHAやEPAといった成分が多く含まれているからです。DHAは脳細胞の海馬という部分にあって記憶や情報伝達を司っており、シナプスと呼ばれる伝達経路の流れをスムーズにしています。またEPAには中性脂肪や悪玉コレステロールを減少する働きがあるのです。そのため、脳梗塞や心筋梗塞リスクを下げるのにも役立つといわれています。またDHAとEPAの両方を摂取することで脳の活性化にも役立ちます。血液の流れがよくなり、神経の伝達スピードがアップすることが理由です。これにより頭の回転が早くなるといえるでしょう。

⑦ドライフルーツ

脳に栄養を補給したい、でも血糖値は上げたくない。そんなときにおすすめなのがドライフルーツです。ドライフルーツは果物を干したもの。しかし、実は生のものより成分がアップするものもあります。例えば、いちじくのドライフルーツは特におすすめ。ドライにすることで、鉄分が生の約5倍になると言われています。鉄分不足による集中力の低下などを防ぐ効果があるので特におすすめです。また、ブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンにも注目です。この成分は眼精疲労などに効果的で、疲れ目などによる集中力の低下に効果があります。神経伝達をスムーズにするビタミンB群が豊富なマンゴーも集中力持続に効果的です。ドライフルーツは、繊維が豊富で腸内環境も整えてくれる効果があります

⑧ナッツ

ナッツは一般的に「低GI食品」と呼ばれています。低GI食品糖質がゆっくりと吸収される食品のこと。低GI食品は血糖値の上昇が緩やかなので、急激な下降もありません。つまり、脳にエネルギーを補給しつつ、血糖値の乱高下によって注意力散漫になるのを防ぐことができます。これが「低GI食品は集中力を持続させる」と言われている理由です。亜鉛、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、葉酸、ビタミンE、ビタミンB6が含まれていることがポイント。これらの成分が集中力や思考力を高めてくれるのです。

⑨ペパーミントティー

ペパーミントはハーブの一種で、爽快感のあるメントールの香りで有名です。そのペパーミントを使ったハーブティーがペパーミントティー。ペパーミントティーも集中力や記憶力が高まるとされています。ミントに含まれるメントールには覚醒的な作用が期待できます。もともとメントールは鎮静効果(リラックス効果)で知られていました。不安やイライラを沈めて心身をリラックスさせてくれるのです。また一方で頭をスッキリさせてくれるため、集中力・記憶力を高めたいときにおすすめです。

まとめ

以上が仕事の集中力アップに効果的な食べ物9種類でした。「食べる」という行為は人間にとって必要不可欠な行為。脳に限らず、体へも大きな影響を与えてくれる行為です。逆に言えば、「食」をおろそかにすると、健康リスクや集中力にも悪影響を与えます。何気なく口にする食事を見つめ直し、改善すれば、体や脳に好影響であることは明白です。この記事が、あなたの仕事の集中力アップに繋がれば幸いです。

Next : »
Prev : «