職場の人間関係が辛い時はどうすればいい?人間関係が辛い時の対処法3選

学校に通っている頃はほとんどの時間を同年代と接していて、部活などで先輩・後輩などと関わる機会があるものの時間が限られています。社会人になってからは、職場では同年代と接することはほとんどなく、上司と関わることが多いため、人間関係に疲れてしまうことが多くなります。そこで今回は、職場の人間関係が辛いと感じた時の対処法を3つご紹介します。

職場は人間関係に疲れる場所


職場は異性のほかに、上司・先輩・後輩と様々な人間関係があるため、疲れる条件が整っていると言えます。

例えば、「暴言を吐く上司」「面倒な仕事を押し付ける先輩」「言うことを全く聞かない後輩」などが大勢いる環境を想像するとどうでしょうか?最初のうちは割り切って付き合うことができていても、毎日同じことの繰り返しになってくると疲弊して人間関係が辛くなってしまいます。しかし、1つ言えることは、自分だけが辛いと感じているのではなく周りも同じように感じているということです。

「自分が弱いからだ」と責めるのではなく、「職場=人間関係に疲れる場所」と割り切ってしまうことで、少しは気分が紛れるでしょう。

人間関係が辛い時の対処法3選


「職場=人間関係に疲れる場所」と割り切っていても、毎日ストレスを抱えることになると、精神的にあまりよくありません。では、どうすれば辛い人間関係を克服できるようになるでしょうか?人間関係が辛い時の対処法は以下の3つです。

・現場を改善するよう努力してみる
・仕事だと割り切る
・転職活動を視野に入れる

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

1.現場を改善するよう努力してみる

辛い人間関係を克服する方法の1つ目は現場を改善するよう努力してみることです。毎日顔を合わせるため、簡単にこじれた関係を以前のように回復できるものではありませんが、互いに歩み寄ることで人間関係を良くできる可能性があります。

簡単な方法として挙げられるのが「笑顔で挨拶すること」です。「そんな程度のことで何が変わるの?」と思っている人もいるかもしれませんが、笑顔で挨拶を繰り返しているうちに、双方の認識に変化が現れる可能性があります。人間関係が辛く感じられる背景には、何らかのきっかけで人間関係がこじれていることが考えられます。ほんの些細なことですが、少し毎日の関わり方を変化させるだけで今までと全く異なる人間関係を築くことができる可能性があるので試してみましょう。

2.仕事だと割り切る

辛い人間関係を克服する方法の2つ目は仕事だと割り切ることです。「職場での人間関係=仕事」と完全に割り切って必要以上に関わらないようにすることです。上記のように、自分が一生懸命人間関係を良くするために取り組んでいても、相手に変化がなければ、余計ストレスが溜まってしまいます。「人間関係を良くしなきゃ」と思い詰めるのではなく、「職場はそういう場所」と割り切ることができれば、職場の人間関係を辛いと感じることは少なくなるでしょう。

3.転職活動を視野に入れる

辛い人間関係を克服する方法の3つ目は転職活動を視野に入れることです。「転職は逃げているみたいで嫌だ」と感じる人もいるかもしれませんが、それは間違いです。最初は抵抗があるかもしれませんが、人間関係の悩みがなくなると考えると、転職活動を前向きに捉えることができるでしょう。仕事だと割り切って付き合っていても、「暴言を吐く上司」「面倒な仕事を押し付ける先輩」「言うことを全く聞かない後輩」にしびれを切らしてしまうことがあります。そうなっては割り切っても精神的なストレスが大きくなるので、転職を視野に入れた方が良いと言えるでしょう。

人間関係を良くする方法とは


「現場を改善するよう努力してみる」の見出しでも触れたように、職場の人間関係が辛いと感じている最初の頃は、努力することで人間関係が改善される可能性が高いと言えます。

では、どうすれば人間関係を良くできるのでしょうか?人間関係を良くするための方法は以下の5つです。

・コミュニケーションを取る
・感謝の気持ちを言葉に出す
・失敗を素直に謝る
・ネガティブな発言を控える
・ホウレンソウをスムーズに行う

それぞれの方法について見ていきましょう。

1.コミュニケーションを取る

人間関係を良くする1つ目の方法はコミュニケーションを取ることです。休日の過ごし方、好きな食べ物といった世間話を休み時間などに重ねていけば人間関係を築くことができる場合があります。積極的にコミュニケーションを取ることで、今まで知らなかった相手の良さを知ることにつながることにつながるかもしれません。自分から話しかけづらい場合は、質問攻めにして相手に話してもらうこともポイントです。そうすれば、少しずつお互いが慣れていくため、自然と会話ができるようになるでしょう。

2.感謝の気持ちを言葉に出す

人間関係を良くする2つ目の方法は感謝の言葉に出すことです。世間話といったコミュニケーションを取ることが一番ですが、コミュニケーションを取ることが苦手な人もいます。コミュニケーションを苦手という人は、感謝の気持ちを言葉に出すことから始めることをおすすめします。感謝の気持ちを伝えられて嫌な思いをする人はいません。感謝の気持ちを言葉に出す時は相手の目を見ながら笑顔で伝えることが重要です。世間話といったコミュニケーションを取らないような関係でも、感謝の気持ちを伝えることをきっかけにコミュニケーションの増加も期待できるでしょう。

3.失敗を素直に謝る

人間関係を良くする3つ目の方法は失敗を素直に謝ることです。もし失敗によって迷惑をかけたのであれば、言い訳するのではなく、素直に謝ってその失敗を次に活かすようにすることで人間関係の回復につながります。仕事で失敗して他の人に迷惑をかけているにも関わらず、失敗を素直に謝らない場合には信頼を失うことにつながり、結果的に人間関係にも影響を及ぼします。

しかし、失敗を謝っても同様の失敗を繰り返しては意味がありません。「言うだけ無駄」にならないように取り組み方を変えるなど、失敗しないための努力も怠らないことも重要と言えるでしょう。

4.ネガティブな発言を控える

人間関係を良くする4つ目の方法はネガティブな発言を控えることです。良い人間関係を築くには、ネガティブ発言を控えて周りが楽しくなる話題を心がけることが重要です。相談などでネガティブな発言をするのは問題ありませんが、ネガティブな会話ばかりでは相手に嫌気がさします。楽しい会話を通して、コミュニケーションを取る回数が増えると、自然と人間関係も良くなってくるでしょう。

5.ホウレンソウをスムーズに行う

人間関係を良くする5つ目の方法はホウレンソウをスムーズに行うことです。職場の人間関係を良くする最も重要な方法は、ホウレンソウを徹底できているかです。ホウレンソウは社会人として当たり前のマナーで、できていなければ、職場での信頼を失うことになります。何事もしっかりホウレンソウを行っていれば、失敗を未然に防ぐことができるほか、周りの人とも自然とコミュニケーションを取る機会が増えます。当たり前を行動に移すだけでも「辛い」と感じていた職場の人間関係の改善につなげることができるでしょう。

まとめ


職場は異性だけでなく、上司・先輩・後輩と様々な人間関係があるため、人間関係を辛いと感じることが多くあります。人間関係を辛いと感じた場合には、現場を改善するように努力するという方法もあります。無理に努力せずに仕事だと割り切ったり転職活動を視野に入れたりすることも方法の1つです。

また、職場の人間関係を改善したい場合は、「コミュニケーションを取る」「感謝の気持ちを言葉に出す」などの方法があります。特別に何かしなければと力むのではなく、当たり前のことを取り組むだけでも自然と人間関係の改善につなげることができるでしょう。

Next : »
Prev : «