仕事のパフォーマンスが上がらない?パフォーマンスを上げる方法6選

集中して仕事に取り組んでいても、集中力が続かず、ミスが目立つなど、パフォーマンスが低下して困っている人も多いのではないでしょうか?

パフォーマンス低下の原因は職場の人間関係や仕事の負担が大きいことによるストレスなど様々です。原因を取り除かないと悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

そこで今回は、仕事のパフォーマンスを上げる方法を6つご紹介します。

パフォーマンス低下の原因は様々


仕事の負担が大きい、職場の人間関係に疲れるなど、様々な理由で仕事に対するストレスや緊張を抱え込んでいる人が多いのではないでしょうか?スポーツ選手が、過度な緊張やストレスで自分らしいパフォーマンスができなくなるのと同様、仕事での過度な緊張やストレスは仕事のパフォーマンス低下につながります。

このような、ストレスや緊張に耐性がない人は、弱いというわけではありません。真面目で几帳面な人であればあるほど、ストレスや緊張を抱え込み、パフォーマンスの低下も自
分の努力不足と考えるなど、悪循環に陥りやすいので注意が必要です。他にも夜更かしによる睡眠不足で脳に疲労が溜まっていたり、朝食を取らないことで糖が不足していたりといった原因も考えられます。まずは自分の仕事のパフォーマンスが低下している原因が何なのかを把握することが重要と言えるでしょう。

ストレスが原因の場合は病気に注意


ストレスが原因の場合には、特に注意が必要です。ストレスは、神経に影響を与えることで体内のバランスが乱れ、免疫力が低下するなど、体調不良の原因となります。

また、虚血性心疾患、血圧上昇といった循環系疾患、うつ病などの精神疾患になるリスクを高めることになるので注意が必要です。「どうしても無理」と身体が悲鳴を上げている場合は、無理せずに仕事を休むことも重要と言えるでしょう。

パフォーマンスを上げる方法6選


仕事のパフォーマンスを上げる方法として以下の6つがあります。

・朝食をしっかりと食べる
・睡眠時間をしっかり確保する
・身体を動かしてリフレッシュする
・休憩時間に瞑想を取り入れる
・アロマの香りを取り入れる
・朝の強い光を浴びる

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1.朝食をしっかりと食べる

仕事のパフォーマンスを上げる方法の1つ目は、朝食をしっかりと食べるという方法です。仕事のパフォーマンスに影響を与える血糖値は、食事によって取り入れることができます。「ダイエット」「忙しい」など、様々な理由で朝食を食べないで仕事に行く人がいますが、朝食を食べないとエネルギーが不足するため、パフォーマンス低下につながるのです。脳のエネルギーも糖分であるため、血糖値が下がりすぎるとイライラしてしまい、集中力も低下します。パフォーマンスの低下が食生活にある場合は、食生活を見直すことから始めてみましょう。

2.睡眠時間をしっかり確保する

仕事のパフォーマンスを上げる方法の2つ目は、睡眠時間をしっかり確保するという方法です。睡眠中は1晩でレム睡眠とノンレム睡眠を3~5回繰り返していると言われています。このサイクルを繰り返すことで脳や身体をリフレッシュさせています。理想の睡眠時間は6~7時間と言われていますが、これより短くなった場合は、十分に脳が休むことができず、次の日の仕事のパフォーマンスに影響が出るので注意が必要です。睡眠時間が短い原因がただの夜更かしの場合には、まずは生活習慣から見直すことが重要です。

しかし、睡眠不足の原因が「仕事が気になって寝れない」「職場の人間関係が嫌で寝れない」といった場合には、先にストレスや緊張感を取り除いていく必要があるでしょう。

3.身体を動かしてリフレッシュする

仕事のパフォーマンスを上げる方法の3つ目は、身体を動かしてリフレッシュするという方法です。仕事のパフォーマンス低下の原因がストレスや緊張の場合には、身体を動かす
と血液循環が良くなるため、気分がスッキリします。

また、ストレスの原因が職場にある場合には、昼休憩に職場から離れて周辺を少し散歩することでメンタルバランスを保ちやすくなります。激しい運動を取り入れると疲労が溜まり、かえってパフォーマンスが低下する原因になる可能性がありますが、ウォーキングや軽いランニング程度であれば問題ないでしょう。

4.休憩時間に瞑想を取り入れる

仕事のパフォーマンスを上げる方法の4つ目は、休憩時間などに瞑想を取り入れるという方法です。瞑想を日常に取り入れることによって、ストレス軽減につながるほか、集中力
の向上につながります。瞑想を行うには、まず背筋を伸ばして座り、目を閉じます。ただ単に呼吸するのではなく、呼吸しているという感覚を感じとります。周囲の雑音に気を散らさず、内側から湧いてくる雑念や感情も流し去ります。

身体全体を使って深く呼吸して、身体の隅々まで意識を広げていくことができれば瞑想が完了です。瞑想と聞くと暗い部屋で神経を集中しなければならないという大げさなイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、簡単に仕事のパフォーマンスを上げることができる方法なので積極的に取り入れていきましょう。

5.アロマの香りを取り入れる

仕事のパフォーマンスを上げる方法の5つ目は、アロマの香りを日常に取り入れるという方法です。アロマの香りにはストレスの緩和、集中力の向上などの効果があるため、仕事
のパフォーマンスを上げるには適していると言えます。ストレスの緩和を目的としている場合には、イランイラン、ジュニパーベリー、ゼラニウム、ネロリ、サンダルウッドなどが効果的です。集中力を高めることを目的としている場合には、グレープフルーツ、ペパーミント、ローズマリー、レモングラスなどが効果的です。

上記以外に、ラベンダーやローズ、ジャスミンなど、自分の好きな香りを取り入れることでリラックス効果も期待できます。瞑想は休憩時間などに行うしかありませんが、アロマの香りを取り入れることは休憩中でなくても可能です。冬などの風邪の季節では、風邪の予防とともにマスクにアロマの香りを取り入れると、仕事のパフォーマンスを上げることにもつながるでしょう。

6.朝の強い光を浴びる

仕事のパフォーマンスを上げる方法の6つ目は、起床時に朝の強い光を浴びるという方法です。人間の脳は、「明るい=活動」「暗い=リラックス」と、明るさで体内のオン・オ
フを切り替えています。そのため、睡眠前にスマホを見ている人がなかなか寝ようと思ってもすぐに寝れないのは、スマホのブルーライトが原因です。逆に朝カーテンを開けて強い光を浴びるということは、体内のスイッチがオンになるため、身体をシャキッとさせる効果があります。

ストレスなどでゆっくり眠れず、どうしても午前中のパフォーマンスが落ちるという人は、寝る前に室内の電気を消した上でカーテンを開けて寝るなど、光を取り入れる習慣を身
に付けると良いでしょう。

まとめ


仕事のパフォーマンスが低下する原因は人それぞれです。ストレスや緊張感などが原因でパフォーマンスが低下している場合には、悪循環に陥らないようにするために、ストレス
や緊張を取り除いていく必要があります。

ストレスや緊張が原因の場合は、身体を動かしてリフレッシュする、休憩時間に瞑想を取り入れる、アロマの香りを取り入れる、朝の強い光を浴びると効果的です。食生活や生活習慣が原因の場合は、朝食をしっかりと食べる、睡眠時間をしっかり確保するなど、原因を見直すことでパフォーマンスを上げることが期待できます。様々な方法を取り入れながら、元気いっぱいの毎日を過ごせるようにしましょう。

Next : »
Prev : «