【ディープワーク】仕事のパフォーマンスを上げる7つの方法!

あなたは「ディープワーク」という言葉を知っていますか?ディープワークは仕事のパフォーマンスを上げる最善な方法のひとつです。簡単にディープワークの内容を挙げてみましょう。

・FacebookやTwitterの通知を止める
・朝はメールを見ないようにする
・集中しやすい環境を作る

これらのことを取り入れれば、仕事のパフォーマンスはグッと上がります。しかも、短時間で成果を出すこともできるのです。自分の好きなことに時間を使いながら、必要な目標を達成できるような方法。それがディープワークなのです。

それでは、実際にはどんなことをすれば仕事のパフォーマンス向上に役立つのでしょうか?順番に学んでいきましょう!

ディープワークとは?


仕事のパフォーマンスを上げるディープワークという方法の定義からご紹介します。

【ディープワーク】
認知能力を限界まで高める注意散漫のない集中した状態での職業上の活動。
新たな価値を生み、スキルを向上させる。容易にまねできない。

ディープワークとは対の意味を持つシャローワークという言葉もあります。

【シャローワーク】
知的思考を必要としない補助的な仕事。注意散漫な状態が多い。
新しい価値を生みださず、誰にでも容易に再現できる。

ディープワークを実践すると、能力のアウトプットが数倍に増幅すると言われています。また、幸福感・達成感も感じられるようになるのが特徴です。

・新事業をスタートさせる
・プログラミングをする
・コンテンツを企画する

これらを内包したディープワークは価値のある資産になります。ビジネスや人付き合いなど、人生のパフォーマンスを引き上げてくれるのです。ポイントになるのは「気が散る要素をシャットアウトする」ということ。あなたの人生から無駄なものを排除してしまえば、別のことに使う時間が増えます。そのようにして、仕事・人生のパフォーマンスを上げる方法がディープワークなのです。それでは、具体的な実践方法を紹介していきましょう。

①週間予定を立ててみよう!


「週間予定」を立てることは、仕事のパフォーマンスを上げる効果的な方法です。最初は面倒に感じても、実践するうちに必ずできるようになります。まず、1週間の計画を立てるには、やるべきことを考えることから始めましょう。そして、予定を詳細に割り出します。カレンダーにタスクを書くことを習慣化すると、時間を配分しやすいのでおすすめです。予定が整理されていないと、毎日何をするべきなのか迷ってしまいます。

しかし、この「迷っている時間」は非常にもったいない時間です。事前に計画を立てれば、あなたにとって必要なスケジュールを確認して実行するだけ。最初から完璧である必要はありません。慣れと共に徐々にできるようになりますので、必ず週間ごとのスケジュールは詳細に書き出すようにしましょう。次の項目から、さらに具体的に週間予定の立て方のポイントをご紹介します。

【1】タスク管理のコツ

仕事のパフォーマンスを上げるためにタスク管理は重要です。今日、あなたが仕事を終えた時に満足感が得られる仕事はなんでしょうか?その仕事を1つに絞ることが、ディープワークの大事な部分です。ディープワークのタスクを毎日完了できれば、あなたの生産性は非常に高いと言えます。

まず、タスクを具体化することから始めましょう。タスクはできるだけ細分化してあげることで、実行しやすくなります。そうすると、大きなタスクよりも心理的なハードルが低くなるのです。具体的な例を挙げてみましょう。

例)企画書を提出する

①企画書に必要な要素を箇条書きにする
②紙に書き出す
③着手する順番を整理する
④優先順に実行する

このように「企画書を提出する」という大きなタスクと、1つずつの細分化したタスクに分割します。ひとつずつの小タスクをクリアすると自動的に大タスクが処理できるようにするのです。他にも「1時間運動をする」という目標があったとします。この場合は「1時間の運動」を15分ごとにメニューを分割します。そのように工夫をして、タスクはできる限り細分化して自分に与えるようにしましょう。実行可能なまで小さなタスクにしてメニュー化することが大切です。

【2】1週間のスタート時にするべきこと

1週間の最初は「今週、なにを達成したいのか?」を考える時間を作りましょう。そうすることでプロセスの分析や逆行分析をして、1週間の構成を把握するのです。また、その際に「あとでやる」タスクを見直すことも大切です。後回しの仕事がある場合は、その仕事を「どこでやるか」を決めましょう。

そして、計画は少し余裕をみてスケジューリングすることがおすすめです。目安として、1週間の稼働時間の約75%をスケジュールで埋めてしまいます。残り25%程度の余裕があると、変更や突然の仕事にも対応できます。また、分刻みのスケジュールを作れれば、さらに高い生産性を生み出せます。ただし、分刻みのスケジューリングを組むには慣れが必要です。まずは気楽にスケジュールを作り、スケジューリングを楽しめるようになりましょう。

【3】1週間の最後にするべきこと

1週間の最後は、その週の計画をどれくらい達成したのかを確認しましょう。

・計画通りに動けたか?
・時間配分通りに動けたか?
・シャローワークが増えていないか?
・ディープワークを中心に動けたか?

これらを客観的にチェックするようにしましょう。チェックは必ず習慣化して、保管するようにしましょう。また、チェックの際は「なるべく自分に嘘をつかないで」答えてください。この確認が終わったら、仕事関係のことは全て忘れてください。最後にもう少し詳しく説明をしますが、オンとオフの切り替えも仕事のパフォーマンスを上げる方法のひとつです。

②マルチタスクは迷信!1つのタスクに集中!


マルチタスクは迷信で、効率を落とすキッカケになってしまいます。仕事のパフォーマンスを上げる方法としては、タスクの細分化が最適です。そして、1つのタスクに集中する。これが何よりも大切な仕事のパフォーマンスを上げるコツです。タスクを処理する際、次のようなことにも注意しましょう。

・仲間と話しながら作業をする。
・スマホをいじりながら作業をする。
・TVなどを見ながら作業をする。

これらのことをしながらの「ながら作業」は作業に費やす時間が倍になります。仕事で必要なことなら構いませんが、作業中にWebを見ないことは基本中の基本です。インターネットは便利な道具ですが、作業中はできる限り遠ざけるべきです。大げさに感じるかもしれませんが、情報を遮断できる環境で作業をするのがべスト。「いまネットで確認しなかったら忘れてしまう」と思っても、確認はあとにしましょう。それよりも手元に「あとで●●をやる」とメモに書いて、目の前の作業に集中してください。

③自分なりのルーティンを作ろう!


仕事のパフォーマンスを上げる方法として、ルーティンを作ることも効果的です。

・料理
・食事
・身の回りの支度
・休憩
・次にすることを決めること

これらのタスクを自動的にできるようになると、集中力が維持できるようになります。そこまできたら、次は自分なりのルーティンを決めていくべきです。

・朝は●●をして、1日の調子を整える。
・通勤時に読書をして情報を得る時間に充てる。

などなど、なんでも構いません。あなたがしっくりくる1日のルーティンを作りましょう。注目して欲しいのは朝の時間の使い方です。朝はその日のスタートの大切な時間だからです。

④集中を目的とした休憩を取ろう!


仕事のパフォーマンスを上げるために、休憩は「集中」を目的にしましょう。

・YouTube
・メッセージの通知
・ポッドキャスト
・SNS

などなど、日常には気が散るものがいっぱいです。集中して、仕事の効率を上げたいなら「休憩」の目的を入れ替えるべきです。ディープ・ワークを重要だと位置づけ、仕事の間に休憩を入ることは非常に大切です。

退屈を受け入れる

集中力はディープ・ワークに必要不可欠です。集中力は学んで、深めるスキル。担当する仕事が終わったら、すぐにリラックスする時間を作ります。このオン、オフの切り替えが非常に重要なのです。そのように「退屈に慣れる」「退屈を受け入れる」ことを意識しましょう。これができるようになると、仕事とプライベートのオン、オフが明確になります。それにより、人生で感じる充実度が圧倒的に変化してきます。

⑤着信や通知関係をシャットダウンする重要性


仕事のパフォーマンスを上げるために情報を遮断する方法です。

・新着メールが届くたびに気を取られてしまう。
・LINEの着信が気になってしまう。
・PCの通知、スマホの通知で集中力が切れる。

あなたにもこんな経験はありませんか?もし、すぐに返信するつもりがないなら、これらは余計な情報です。

・電話はマナーモード
・離れた場所におく
・携帯の通知をすべてオフにする

こういった配慮をして、仕事の邪魔にならないようにましょう。こうすれば、集中力が途中で途切れることはありません。アプリからのメッセージやアクティビティも雑音にあたります。仕事中は邪魔されないよう機内モードにしてもいいでしょう。当然、SNSも同様にオフにするべき!自分の効率性と生産性の高さを示すためにすぐに反応しなければならないという暗黙の思い込みを捨てましょう。

その思い込みは有害でうそだと思い込むくらいがちょうどいいのです。上司や配偶者、友達、同僚には「すぐに返信できないけど、あとでする」というキャラを作ってしまいましょう。「仕事中はメッセージを確認していない」などと説明をすれば良いのです。上司は短い時間でこなせる仕事量が増えれば文句は言わないはずです。このように「集中できる環境」を作ることは、仕事のパフォーマンスを上げるために極めて重要です。

⑥SNSを辞める勇気を持つ!


仕事のパフォーマンスを上げる方法で最も効果的なのは、SNSを辞めること。しかし、現代人にとって、これが最も難しいことかも知れません。無理にSNSを辞める必要はありませんが、SNSを触る時間は究極的に減らすべきです。SNSは、あなたの注意力や集中力という、貴重なディープ・ワークを損ねます。SNSをやめれない人は、次の2つのうち、自分に合う方法を選んでください。

①明確なメリットを見つける

SNSに明確なメリットを見つけましょう。また、SNSを利用しないことで生じるデメリットを考えることもおすすめです。ここで上記のものがしっかりと見つけられれば、SNSを使う理由が正当化されます。明確なメリット・デメリットを把握していれば、SNSを使っても問題ありません。

②ツールとして適切な使い方をする

職業上や私的な生活の成功と幸福を決める「中核要因」を見極めます。SNSを利用するマイナスの影響を上回るほどプラスの影響があると感じるなら、SNSを使っても問題ありません。

⑦仕事を終えたら仕事を忘れる!


その日の仕事を終えたら、仕事を忘れてシャットダウンしてしまいましょう。メールの確認や仕事関連のサイトの閲覧も極力控えます。自宅で仕事しているなら、仕事関連のものはすべて閉じてください。そして、次の勤務日まで仕事関連のツールはシャットダウンするのです。「今日の仕事は終わった」と、脳に伝える「シャットダウンの習慣」をつけるのが目的です。その後は自分にご褒美を与えてあげましょう。このようにして、オンとオフの切り替えを自分に設けることが大切です。

まとめ


以上が仕事のパフォーマンスを上げる7つの方法でした。今回の記事の中心となった、ディープワークについて復讐をしましょう。

【ディープワーク】
認知能力を限界まで高める注意散漫のない集中した状態での職業上の活動。
新たな価値を生み、スキルを向上させる。容易にまねできないもの。

あなたのパフォーマンスを上げる方法として最適なのは、ディープワークを身に着けること。そして、ディープワークを発揮するための方法を解説してきました。今回ご紹介したことは、現代人にとって抵抗がある項目もあったでしょう。

しかし、「抵抗がある」ということは、それだけあなたの習慣に影響を及ぼしているということ。特にSNSの利用価値については、再度、自分なりの価値観を見つめ直してみるべきです。今回ご紹介した内容が、あなたの仕事のパフォーマンス向上に繋がれば幸いです。

Next : »
Prev : «