セルフイメージが低い人には原因がある?セルフイメージを高める方法5選

「自分を変えたい」という思いを胸に、色々と挑戦してみたものの「挫折した」「やる気がでなくなった」などの経験をした人も多いと思います。そのような人は、セルフイメー
ジが低いという原因があります。セルフイメージを高めるにはどうすればいいのでしょうか?そこで今回は、セルフイメージを高める方法を5つご紹介します。

セルフイメージが高い人と低い人の違いとは


セルフイメージとは、「自分はこういう人間だ」と自身に対して抱いているイメージのことです。このセルフイメージが低いと自信を失い、自己肯定感も低くなります。セルフイメージの高い人は自分のどこがダメなのかを理解し、より良い自分になるために前向きに努力できます。しかし、セルフイメージが低い人は「自分はダメな人間だ」と思い込むなど、他人からの意見や褒め言葉を素直に受け止めることができません。セルフイメージが低い人は、前向きに考えられず、全てがマイナスに向かいやすくなるので改善した方が良いと言えるでしょう。

セルフイメージが低い原因5選


セルフイメージが低くなる原因は、育った環境、つまり親との関係にあると言われています。セルフイメージが低くなる主な原因は以下の5つです。

・過去に虐待を受けた
・褒められることが少なかった
・自分で選ぶ機会が少なかった
・過保護に育てられた
・親が無関心だった

それぞれの原因について見ていきましょう。

1.過去に虐待を受けた

セルフイメージが低くなる1つ目の原因は過去に虐待を受けたことです。セルフイメージに影響を与える自己肯定感は、自己を認めてもらえないことが原因で低くなると言われて
います。心を許せる親から虐待を受けることによって、「自分なんて」と自己否定が強くなります。その結果、自己肯定感が低くなり、セルフイメージも低くなってしまうと言えるでしょう。

2.褒められることが少なかった

セルフイメージが低くなる2つ目の原因は褒められることが少なかったことです。セルフイメージを高めるには、自己肯定感を高める必要があります。自己肯定感は、親から褒め
てもらう、または認めてもらうことによって高くなります。そのため、子供の頃に親から褒めてもらうことや認めてもらうことが少なかった場合には自己肯定感が低くなり、セルフイメージも低くなってしまうと言えるでしょう。

3.自分で選ぶ機会が少なかった

セルフイメージが低くなる3つ目の原因は自分で選ぶ機会が少なかったことです。自分が選んで成功した場合にはそれが自信につながり、失敗した場合には「自分で選んだのだから頑張らなきゃ」と、前向きに捉えて再挑戦することで自己肯定感が高くなります。一方で、親が「あれをしなさい」「これをしなさい」と決めつけて、自分で選択する機会が少なかった子供の場合には「自分の意見は言っちゃダメなんだ」と自己否定につながります。その結果、セルフイメージの低下にもつながってしまうでしょう。

4.過保護に育てられた

セルフイメージが低くなる4つ目の原因は過保護に育てられたことです。成功体験や失敗経験を通して得た成功体験などで自信を身に着けることによって、セルフイメージが高く
なります。しかし、子供が何かに挑戦しようとしているにも関わらず、親が過保護で何事にも挑戦させなかった場合には自信を身に着ける機会がありません。その結果、セルフイメージの低下につながってしまうでしょう。

5.親が無関心だった

セルフイメージが低くなる5つ目の原因は親が無関心だったことです。子供は「親に褒めてもらうことができた」「認めてもらうことができた」ことで自分の存在意義が高まるた
め、結果的にセルフイメージも高くなります。しかし、子供が話をしている状況で「今は忙しいから後にして」と親が無視すると「自分に興味をもってもらえない」と自己否定につながります。その結果、セルフイメージの低下につながってしまうでしょう。

セルフイメージを高める方法5選


小さい頃の家庭環境がセルフイメージを低くする主な原因であることが分かりましたが、セルフイメージを高めるにはどうすればいいのでしょうか?セルフイメージを高める主な
方法は以下の5つです。

・マイナスな気持ちを受け入れる
・肯定的な言葉を増やす
・自分の思いを優先する
・達成感を作る
・リラックスできる環境を作る

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1.マイナスな気持ちを受け入れる

セルフイメージを高める方法の1つ目はマイナスな気持ちを受け入れることです。まずは「セルフイメージが低いことは悪くはない」「マイナスな部分がある自分でも問題ない」
と自分を認めてあげることが重要です。自分を認めてあげることによって心のゆとりができます。その結果、セルフイメージが低い場合でも前向きに取り組む意欲が生まれやすいです。セルフイメージが低い場合には、セルフイメージを高く持つことで克服するという方法もありますが、精神的負担になる場合もあるので注意しましょう。

2.肯定的な言葉を増やす

セルフイメージを高める方法の2つ目は肯定的な言葉を増やすことです。肯定的な言葉を発するようにすれば、思考がプラスに変わるため、セルフイメージを高めることができま
す。例えば、「~は嫌い、でも~は好き」などです。セルフイメージが低い人は、思考がマイナスになることで否定的な言葉を発しやすいです。例えば、「○○は嫌い」などです。無理に発言を変えるのではなく、自然に肯定的な言葉を増やすことで、セルフイメージを高めることにつながるでしょう。

3.自分の思いを優先する

セルフイメージを高める方法の3つ目は自分の思いを優先することです。なかなか簡単に自分の思いを伝えることは難しいです。しかし、「自分はこう思う」という意見を口に出
すことができれば、それが実現しなくてもセルフイメージを高めることにつながります。セルフイメージの低い人は「どうせ自分の意見が通らない」と思っていることが多いため、自分の思いを優先せず、他人の意見に合わせてしまいやすいです。その結果、さらにセルフイメージが低くなりやすいので注意しましょう。

4.達成感を作る

セルフイメージを高める方法の4つ目は達成感を作ることです。チャレンジはハードルが高いものでなくても問題ありません。例えば、「いつ・どこに・どうやって行く」かなど
、旅行計画を立てて実践することでも良いです。自分で何かをやったという達成感がセルフイメージを高めることにつながります。過保護などを理由にチャレンジさせてもらう機会がなく、達成感を得るという経験をしたことがない人もいます。そのような人は、セルフイメージが低い状態になりやすいので注意しましょう。

5.リラックスできる環境を作る

セルフイメージを高める方法の5つ目はリラックスできる環境を作ることです。ゆっくり温泉につかる、好きな音楽を聴くといったようにリラックスできる環境を整えるなどですす。何も考えずに過ごすことができる時間が増えることで、自然とセルフイメージが高くなります。セルフイメージが低いと、何事もマイナスに考えてしまうことで何もしていない時間でも心が落ち着かなくなるので注意しましょう。

まとめ


セルフイメージが低くなってしまう原因は、子供の頃の家庭環境が大きく影響していると言われています。長年育ってきた環境の影響を受けているため、簡単には低くなったセルフイメージを高く変えることは困難です。一気に変えようとするのではなく、心構えを少し変えていくことが重要です。例えば、「マイナスな気持ちを受け入れる」「肯定的な言葉を増やす」などに取り組むことで、低いセルフイメージを高くすることができるでしょう。

Next : »
Prev : «