あなたは劣等感に振り回されていない?劣等感に打ち勝つ方法4選

物事に対して「前向きに取り組みたい!」という強い気持ちを抱いているものの、劣等感に振り回されてしまって、自分の力を十分に発揮できずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?自分らしさを出すには、劣等感に打ち勝つ方法を身に付けることが重要です。

そこで今回は、劣等感に打ち勝つ4つの方法について解説していきます。

ストレスは大きく2つに分類される


「いくら頑張っても勝つことができない」と、一度は劣等感を抱いたことがある人も多いと思いますが、劣等感を抱いた時の状況を思い返してみると、どんな状況だったでしょうか?心にゆとりがある状態では、劣等感を抱くことはほとんどないと思います。しかし、忙しい、睡眠時間が短いなどのように、心にゆとりがない時やストレスを感じている時に劣等感を抱くことが多いと言えます。

では、どんなことにストレスを感じるのでしょうか?ストレスは外因性ストレスと内因性ストレスの大きく2つに分けることができます。それぞれのストレスについて詳しく見ていきましょう。

1.外因性ストレス

外因性ストレスとは、学校や職場の人間関係、環境、他人の評価、テストの結果などです。例えば、他人の評価やテストの結果などは、自身の取り組み1つで変えることができても、不得意な分野に関しては自分の力ではどうすることもできない場合があります。また、学校や職場の人間関係、環境などは他人の評価やテストの結果以上に、自分自身ではどうすることもできないと言えます。このように外因性ストレスは、基本的に自分自身ではコントロールできないため、深く考えずにうまく流すことが重要と言えるでしょう。

2.内因性ストレス

内因性ストレスとは、後悔や不安、コンプレックスなどです。過去の失敗に対して後悔している人や実際に何かが起きたわけではないにも関わらず、将来に漠然とした不安を抱いている人も多いのではないでしょうか?

内因性ストレスは、自分の気持ち1つでコントロールできる一方、過去の失敗などの後悔がきっかけで現在のコンプレックスや将来の不安につながっていることが多いため、過去を見つめ直すことが重要と言えるでしょう。

劣等感を抱くのは当たり前


劣等感を抱くことが間違っているわけではありません。例えば、貧乏な家庭に育ったことがきっかけで、マナーが身に付いていなかったり貧乏性であったりすることに劣等感を抱く人もいます。

また、勉強や運動が苦手で、体育の実技テストや定期テストなどで結果を出せずに劣等感を抱いたり、その時は劣等感を抱いていなくても、社会に出た時に低学歴であることに対して劣等感を抱いたりするケースもあります。

他にも、太っていることや身長が低い、口下手であるなど、劣等感を抱く要因は様々です。いくら優れている人だとしても、それ以上の条件を備えている人を見つけた時は劣等感を抱くため、劣等感を抱くことを情けないと思うのではなく、劣等感とどう向き合うか対策を練ることが重要と言えるでしょう。

劣等感に打ち勝つ4つの方法とは


劣等感を抱くこと自体は当たり前のことで、何に対して劣等感を抱くかも人それぞれです。そのため、個々の劣等感を抱く要因となっている根本を改善することが劣等感に打ち勝つ一番の近道と言えますが、ここでは劣等感を抱いている人に共通の方法をお伝えしたいと思います。

劣等感を抱いている人が劣等感に打ち勝つための方法は以下の4つです。

・相手と比べるのをやめる
・過去を割り切る
・新たなチャレンジを始める
・気分転換する

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1.相手と比べるのをやめる

劣等感とは、何かと比べることによって初めて抱くものであるため、比べることをやめれば劣等感を抱くことはありません。しかし、冒頭で触れたように、心にゆとりがない、またはストレスを感じていると、どうしても他の人と比べてしまいがちです。

例えば、身長の高い人と自分を比べる、勉強ができる人と自分を比べる、運動ができる人と自分を比べるなどです。しかし、人と比べたからといって自分にとってプラスになることはありません。つまり、相手と比べるだけ無駄と言えます。

また、相手と比べて相手を羨んだとしても、必ずしも相手がその状況をプラスに捉えているとは限りません。もしかすると、相手も他の人と比べて劣等感を抱いているかもしれません。結局は相手と比べてもいいことはないため、劣等感を抱かないようにするためにも、まずは相手と比べることをやめることが重要と言えるでしょう。

2.過去を割り切る

内因性ストレスが原因で劣等感を抱いている場合は、過去の失敗といった後悔が劣等感を抱く原因になっていることがほとんどです。そのため、劣等感を抱かないようにするには、劣等感を抱く原因である過去の失敗を忘れるなど、過去を割り切ることが効果的です。

例えば、自分が低学歴であることに劣等感を抱いているような場合には、いくら後悔しても劣等感の原因である学歴が良くなるわけではないので、劣等感を抱くだけ無駄と言えます。劣等感を抱いて過去を後悔したところで、過去を変えることはできないため、過去を忘れて次に向けて前向きに取り組むことが重要と言えるでしょう。

3.新たなチャレンジを始める

心に余裕がない時やストレスを感じている時に劣等感を抱くことが多いと言いましたが、プラスの気持ちで何かに積極的に取り組んでいる場合には、劣等感を抱く心の隙間がなくなるため、劣等感を抱きにくくなります。

例えば、家で何もせずにダラっと過ごしている時間をなくして、資格取得の勉強をするなどです。そうすることで、無駄なことに意識が集中しなくなるため、劣等感を抱きにくくなります。また、低学歴であることに劣等感を抱いているのであれば、資格を取得することで劣等感が薄れるという効果も期待できます。劣等感を抱いている要因がチャレンジすることによって解決できるものである場合には、新たなチャレンジを始めることで、より効果的に劣等感に打ち勝つことができるでしょう。

4.気分転換する

心に余裕がない時やストレスを感じている時に劣等感を抱くことが多いのであれば、逆に心に余裕を持たせる、もしくはストレスから解放されることで劣等感を抱かなくなるとも言えます。

例えば、外因性ストレスの要因である学校や職場の人間関係、環境、他人の評価、テストの結果などが劣等感を抱く原因になっているのであれば、その場から離れて温泉旅行に行く、ドライブに行く、カラオケに行くなどです。劣等感を抱く原因から離れることで気分をリフレッシュさせることも、劣等感に打ち勝つ方法と言えるでしょう。

まとめ


世の中には、劣等感を抱かない人もいるかもしれませんが、ほとんどの人が他の人と比べることによって何らかの劣等感を抱いています。

劣等感を抱くことによって「負けてたまるか」と、次のステップに向かう力に変えることができるのであれば劣等感を抱くことがプラスに働くと言えます。しかし、「どうせやっても無駄だ」と、意欲を失うなど、マイナスに働いているのであれば、劣等感に打ち勝つことが必要です。

何に対して劣等感を抱いているかは人によってそれぞれ異なりますが、相手と比べるのをやめる、過去を割り切る、新たなチャレンジを始める、気分転換するなどに取り組むことで、劣等感を抱くことなく自分らしい毎日を過ごせるようになるでしょう。

Next : »
Prev : «