瞑想は効果があるの?瞑想を行うメリットとその方法について解説

物事がうまくいかない、人間関係に疲れた時は、体力的な疲れだけでなく精神的な疲れも生じてしまいます。体力的な疲れの場合は、ゆっくりと休むことで体力を回復できますが、精神的な疲れの場合は、瞑想で頭をスッキリさせるのが効果的と言われています。瞑想は効果があるのでしょうか?

そこで今回は、瞑想を行うことによる効果とともに、メリットとその方法について詳しく解説していきます。

精神的疲れを抱えている人が多い


社会に出ると、気の許せる同期との人間関係だけでなく、上司との人間関係、取引先との人間関係など、様々な人間関係の中にいるため気疲れしてしまいます。多少の精神的疲れは釣りやゴルフなど、自分の好きなことをすることで回復できますが、疲労が蓄積されてくると簡単には回復できなくなります。

そうなると、寝ても疲れが取れなくなるほか、集中力が続かず失敗を繰り返すことになるため注意が必要です。そのため、精神的疲れが貯まってしまう前に徐々に発散することが重要と言えるでしょう。

瞑想のメリットとは


精神的疲れを取り除くには、ドライブや山登りなど、自分の好きなことを行って発散する方法のほか、温泉や旅行など、現実から離れすことで発散する方法もあります。

しかし、これらの方法を行うには、時間を要するだけでなくある程度の費用がかかるため、毎日継続して行うことはできません。そこでおすすめするのが瞑想です。瞑想のメリットは、場所を選ばずにいつでもできるほか、費用も発生しないため、手軽にできるということです。寝る前に瞑想を取り入れることを習慣にすると、1日の精神的疲れを取り除くことができ、ゆっくりと眠ることもできるため、次の朝にスッキリと目覚めることができるでしょう。

瞑想の効果とは


瞑想は場所を選ばずにいつでもできるほか、費用も発生しないため、手軽にできることがメリットとして挙げられましたが、瞑想にはどのような効果があるのでしょうか?瞑想の主な効果は以下の4つです。

・ストレスの軽減

・自信が生まれる

・前向きに考えられる

・幸福感が感じられる

それぞれの効果について詳しく見ていきましょう。

ストレスの軽減

例えば、人間関係が原因で精神的疲れが生じている場合には、何をしていてもそのことが頭の中から離れないため、ストレスが溜まってしまいます。

しかし、瞑想を行うことによって頭に浮かんでいる雑念を取り除いて、頭の中をスッキリできるため、ストレスを軽減することが可能です。瞑想には、心拍数の低下、血圧の正常化、呼吸の調整、ストレスホルモンの減少、発汗の抑制、免疫力の上昇などが期待されています。毎日続けることで体が内側から元気になるため、ストレスと無縁の日々を送ることができるようになるでしょう。

自信が生まれる

精神的疲れは集中力を低下させるため、物事を失敗しやすくなります。そのため、失敗を繰り返すことによって自信を失ってしまうことになります。

しかし、瞑想を行うことによって、頭の中がスッキリするため、物事に集中できるようになります。また、集中力が高まることによって、失敗する回数が減るだけでなく、新しいアイデアが生まれやすくなるため、より多くの成功経験を得ることにつなげることが可能です。成功経験を通して失敗するという不安が払拭されるため、自信を取り戻すことができるでしょう。

前向きに考えられる

精神的疲れが蓄積されてくると、悩みの原因で頭がいっぱいになってしまうため、冷静な判断ができなくなります。その結果、緊張感や不安感が強くなりやすい交感神経が優位になってしまうため、自分に自信を持てなくなってしまうなど、前向きに考えることができなくなります。

しかし、瞑想で心拍数の低下、血圧の正常化、呼吸の調整、発汗の抑制につなげることができれば、緊張感や不安感を和らげる効果のある副交感神経が優位になるため、前向きに考えられるようになるでしょう。

幸福感が感じられる

精神的疲れの影響によって、思考と感情のバランスが乱れてしまうため、悲しくないのに涙が出たりなど、感情のコントロールができなくなってしまう場合があります。

しかし、瞑想には脳内ホルモンの1種である「セロトニン」の分泌が増える効果があると言われています。そのため、呼吸を整えてセロトニンの分泌が促進されると、マイナスな感情より幸福感が上回るので、マイナスの感情を抱きにくくなるでしょう。

瞑想の方法とは


瞑想と一口に言っても、ただ目を閉じていればいいというものではありません。しっかりと正しい瞑想の方法を覚えておけば、1分もあれば十分に瞑想の効果を感じることができます。正しい瞑想の方法について詳しく見ていきましょう。

瞑想前の注意点

瞑想は1分程度で十分効果を感じることができますが、1分という時間にこだわりすぎると「もう1分経ったかな」と時間に気を取られてしまうので注意が必要です。そのため、瞑想を行う際は、携帯などのタイマーをあらかじめセットしておき、できる限り無心で行うことが重要と言えます。また、できる限りリラックスした状態で行う方が効果的であるため、ゆったりとした服装で周囲の雑音が気にならない自分の部屋などで行うようにしましょう。

1日だけ瞑想を行って終わりというわけではなく、継続することに意味があります。瞑想を1日のスケジュールの中に組み込んで習慣化することが重要なポイントと言えるでしょう。

調身

調身とは、姿勢を整えることです。心と体は結びついているため、姿勢の乱れと心の乱れは連動すると言われています。座り方は胡坐でも正座でも問題ありません。背筋を伸ばして胸を大きく開いて座ることで呼吸を行いやすくなるため、まずはそこに意識を集中させます。姿勢を整えた後は、徐々に肩の力を抜いてリラックスします。これで調身は完了です。

調息

調息とは、呼吸を整えることです。鼻から息を吸って口からゆっくりと長く息を吐くという方法もありますが、あまりなれない呼吸法を取り入れるとそれに気を取られてしまうので注意が必要です。

そのため、呼吸法は特にこだわらずに、ゆっくりと鼻から息を吸って鼻から息を吐くという基本的な呼吸法でも問題ありません。むしろ肩の力を抜きすぎて背中が丸くなるなど、胸が閉じていないか注意しながら呼吸を行いましょう。

調心

調心とは、心を整えることです。精神的疲れは、雑念が常に頭に残っていることで生じます。そのため、心をその雑念から解き放ってあげることが調心です。雑念から心を解き放つには、意識を他に向けることが重要です。例えば、鼻から息を吸って鼻から息を吐く際の空気の流れに意識を集中させるなどです。

また、空気の流れで膨らんだりへこんだりするお腹に意識を集中させます。そうすることで、「無」の状態が出来上がり、心身のバランスが整って、より自分らしい毎日を過ごすことができるようになるでしょう。

まとめ


社会に出ると、色々な人間関係の中にいる時間が長くなるため、精神的疲れが溜まりやすくなります。それらを上手に発散させることができる人は問題ありませんが、うまく発散できない人は集中力が低下するなど、負のループに入り込んでしまいます。

精神的疲れを取り除くには、趣味に没頭したり旅行などで現実逃避したりするのが効果的ですが、時間的な余裕や費用的な余裕がなければ行うことができません。瞑想は、いつでもどこでも手軽に行うことができますが、ただ目を閉じればいいというものではありません。正しい瞑想の方法を身に付けて、瞑想の効果を感じながら、毎日の生
活をより充実したものにしましょう。

Next : »
Prev : «