【人間関係】嫌いな人との付き合い方を楽にする23のアイデア

嫌いな人との付き合い方で悩んでいる人はあなただけではありません。

「あの人に会うと考えるだけで気分が重い。」

「あいつと顔を合わせるのは憂鬱だな。」

「あの子はいつも嫌なことを言うから会いたくない。」

こんな風に、嫌いな人・苦手な人との付き合い方で苦しんでいたり、考えるだけで落ち込んでしまったり、気分が暗くなってしまう人は、誰にでも1人はいるものです。実際、現代人のストレスの原因のほとんどは「人間関係」から生じていると言えます。だからこそ、嫌いな人との付き合い方を知り、対策をすれば、ストレスの多い現代社会を、もっと気楽に生きることができます。

今回の記事では、あらゆる角度から嫌いな人との付き合い方を楽にするアイデアを存分にご紹介するので、あなたに合ったものを自由に試してみてください!

変えられるのは「自分自身だけ」だと覚悟する

嫌いな人との付き合い方で悩んでいる人にとって、究極にして最も効果的な方法を最初にお話します。それが「変えられるのは自分だけ、他人は変わらない。」としっかり自覚をすることです。例えば、あなたの周囲にこんな風に感じる人はいませんか?

「もう少し人の気持ちを考えて発言をして欲しい」

「もっとしっかり考えて欲しい」

そのストレスは、あなたが他人が「もしかしたら変わってくれるかも知れない。」と期待していることから生じているストレスです。

しかし、悲しいことに、相手に変化を求めるのは勿体無いことなのです。なぜなら実際にその人があなたの思い通りに変わってくれるとは限らないからです。むしろ、人間は変化に対して臆病な性質を持っています。特に定住型民族としてのルーツを持つ、我々、日本人は特に変化に対して消極的だと言われています。

そこで、人間関係を考える時に最も効果的なのは、相手に対する変化や期待を求めないことです。実は、これがあなたのストレスを最大限に抑えてくれることに繋がるのです。もちろん、周囲の人を信頼をするなと言っているわけではありません。

「信頼はしても期待はするな。」

このように自分に言い聞かせ、覚悟を持つのがベストです。

あなたの内面・セルフイメージを高める

嫌いな人との付き合い方を考える時、あなたの自分自身に対するイメージ(=セルフイメージ)の向上も効果的です。

なぜなら、他人はあなた自身を写している鏡だからです。他人という鏡を通じて、あなたの内面を眺めているような現象なのです。
あなたが嫌いな人と接する際に感じるストレス。これは、実はあなたの自分自身への自信のなさや自己嫌悪、コンプレックスを反映させているだけなのです。

目線を変えて、反対から考えてみましょう。あなたが自分自身の弱点を克服し、あなたが自分自身に対するセルフイメージを高めた時、嫌いな人へのストレスを感じにくくなるのです。セルフイメージの向上は、嫌いな人に対する最も効果的な対処法のひとつです。それを覚えておくと今後の人生にも大きな影響を及ぼします。

あなたの長所・ストロングポイントを発掘する


嫌いな人との付き合い方を改善したいなら、あなたの長所を発見するということも効果的です。実はこれも、先ほどのセルフイメージのお話に関係してきます。

長所・ストロングポイントの発見は、セルフイメージの強化・向上に繋がります。セルフイメージの強化のポイントは、今のあなたの本当の姿を認識して、受け入れること。これができることが必須条件です。自己嫌悪・コンプレックス・自信喪失の状態にあると、セルフイメージの向上を達成することはできません。ありのままの自分を受け入れようとした際に、ご自身の悪い部分にいかないように、長所をしっかりと自覚しておくのです。些細な部分でも構いませんから、あなたの長所を見つけてあげてください。

そうすることで、自分を肯定できるようになってきます。自己肯定ができる=他人肯定も得意になる。この構図をイメージしてください。それが、あなたが嫌いな人との付き合い方を楽にすることに繋がります。そして、それが嫌いな人との付き合い方におけるストレスを軽減することに大きく貢献しtくれるのです。

あなたの長所を紙に書き出して自己認識を深める


嫌いな人との付き合い方においてのストレス軽減テクニックの中でも簡単かつ効果的な方法があります。

それは、あなた自身を肯定的に感じられる部分を紙に書き出すという方法です。あなたが自分自身を褒められることや、自分の誇れることを見つけてあげるのが大切です。書き出す内容はどんなに些細なことでもいいのです。その代わり、本音で自分を肯定できるポイントを探してあげましょう。本音で自分を肯定できる部分を紙に書き足していくと、100、200と自分の長所が追加されていきます。これを時折、振り返ってあげるだけでも、あなたのセルフイメージは高まります。

そして、それが自己肯定となり、最終的には他人肯定に繋がってくれる仕組みです。下記の例をセルフチェックの参考にしてください。

例)

・アニメに詳しい。

・他人より歩くスピードが早い。

・1度通った道を記憶できる。

・タイピングが早い。

・寝ようとした時にすぐに眠れる。

・遅刻をしない。

などなどの些細なことでも問題ありません。大切なのは、あなたが自分で誇らしく感じられるものをピックアップすることなのです。

あなたの長所を声にして自己認識を深める


あなたが紙に書き出した言葉を実際に声に出す。

これも嫌いな人との付き合い方におけるストレス軽減に繋がります。自分の長所を言葉にして声に出すと、あなたの自覚はより深まるのです。人間の感情は抽象的です。心の中で想っているだけでは、悪い方向、ネガティブな方向に流れてしまいがちです。しかし、それを声にして外に出してあげることで、ネガティブは解消できるのです。

つまり、あなたの自覚している長所や誇れる部分がかき消されずにいられるのです。自分自身の長所を見つけられる=他人の長所も見つけられる。これは今回の記事で繰り返しお話をしてきましたね。

・自身の長所を見つけられる人=他人の長所を見つけられる人。

これを理解していれば、簡単に他人を認めるプロフェッショナルになれるというわけです。実際に、嫌いな人を受け入れようと努力するよりも、あなた自身を受け入れる努力の方が簡単に感じられるはずです。

嫌いな人の長所も見つけてあげよう


自己肯定に慣れてきたら、嫌いな人の長所も見つけてあげましょう。

これができれば、嫌いな人との付き合い方は、飛躍的に変化してきます。あなたが嫌いな人の長所を見つける、そして、その人を受け入れてあげることは、直接的なストレスの軽減になります。そのためには、自分自身の長所を見つける時と同じように、紙に書き出したり、それを声にして出すことをしてください。ただそれだけのことで、あなたのストレスは飛躍的に軽減できるのです。その際の目標は、嫌いな人の長所を認めてあげるだけではありません。嫌いな人を認めることで、成長した自分を実感できるようになることが目標です。この段階で感じる充実感、達成感は、これまでに感じたことのない大きな成長をあなたに実感させてくれるでしょう。

あなたの「いいかも!」を習慣化するクセをつける


あなたの「いいかも!」というアイデアを積極的に取り入れる。

これも、嫌いな人との付き合い方を向上させるテクニックです。人間は習慣で作られています。あなたが日常生活の中で感じる「いいかも!」と感じたことはすぐに取り入れるのが正解です。いまはあなた自身の習慣に無自覚かも知れません。

しかし、生活の中に「いいかも!」をどんどん取り入れてみてください。イメージとしては、あなたの習慣が「いいかも!」で満たされている状態を目指しましょう。その蓄積が、いまのあなたよりも強い充実感や満足感が得られるようになります。それはつまり、自分自身を誇れるようになるということなのです。それだけでなく、同時に他人の悪い部分よりも良い部分を探そうとするより高次な人格に導く行為なのです。

あなたの妄想に臨場感を持たせる


あなたのイマジネーションに臨場感を持たせてあげると、嫌いな人との付き合い方が楽になります。これまで話をしてきた内容を、より五感を使って臨場感のあるイメージしてみてください。例としては、こんな風に妄想・イメージをするといいでしょう。

・自分が仕事で活躍し、周囲も笑顔で支えてくれるイメージをする。

・何気ない友達との会話で全員がニコニコしている姿を思い浮かべる。

・共通の趣味の友達グループと一緒に笑顔で談笑するイメージをする。

こういった妄想をするのです。その際に、よりリアリティを持って、具体的な想像ができるようになると、より効果が実感できるようになります。できるだけ、周囲を巻き込んだポジティブなイメージを持てる習慣を作りましょう。こうなると、直接的に人間関係にも良い影響が生じてきます。

負の感情の「原因」と向き合う


嫌いな人に対して、負の感情を持ってしまった原因を見つける。これも嫌いな人との付き合いで感じるストレスを効果的に軽減できます。自分自身でセルフイメージを高められるようになると、こんな変化が生じます。

・苦手という感覚がなくなってくる。

・嫌いという感情を持ちにくくなる。

・心が自然体になり、嫌いな人を受け入れる姿勢ができる。

しかし、仮にその段階に到達しても、負の感情が強すぎると、簡単にその感情を消すことは難しいです。そんな時は、その人を嫌いになってしまった原因や、その人を嫌いになってしまった原因を探してみましょう。その原因を鮮明に把握できるなら、見つけられた原因の分だけの対策・解決策も具体的に見つかります。

「ポジティブ仮説」の大切さ


あなたが嫌いな人との付き合い方を考える時、少しだけその人のことを想像してみてください。あなたがその人を嫌いになった理由はなんですか?その理由が「口が悪いから」だとしましょう。「じゃあ、もしも彼がマナーや言葉遣いが綺麗な人だったら?」と想像をするのが、「ポジティブ仮説」です。

もしかすると、彼にも何か理由があってそんな言葉遣いをしているのかも知れません。場合によっては、あなたに原因が見つかるかも知れません。そんな風に色々な角度で仮説を立てることは、あなた自身の心を整えることにも繋がります。相手の目線で考えるという行為は、相手を理解する行為とも言えます。あなたが嫌いな人のことを理解してあげることができれば、ストレスの原因や対策も同時に浮かび上がってくるものなのです。

他人の尊重・違いへの理解を深める


あなたと、あなたの嫌いな人は違う人間です。感じ方や性格が違って当たり前なのです。嫌いな人との付き合い方を考える時、このことを再度、深く理解するようにしてみましょう。誰しもが育った環境も性格も生活習慣も異なるのが人間です。基本的に自分のスタイルと大きく異なる人には嫌悪感を感じるものです。

しかし、そこは一度冷静になって、客観的に相手の考え方やスタイルを肯定してあげましょう。あなたと相手の人が違うタイプの人間だということは、次のようなプラスの要素を見つけられるチャンスとも言えるからです。

・あなたの持っていない面白い一面や考え方が知れる。

・あなたと異なるセンスが学べる。

このように、プラスの要因が見つけられるなら、あなたのマインドは、非常に大きく成長していると言えます。これまで先入観で決めつけていた相手の性格を冷静に観察してみるのもいいでしょう。もしかすると、あなたを成長させてくれるためのキッカケになるかも知れません。地球上の数十億人の人間の中で、全く同じ人間はあなただけです。これは儚くも真実なのです。ですから、相手との違いの部分にピントを合わせてストレスを感じるのは無駄なことなのです。相手との違いを楽しんでいられるように、正しいマインドを持つようにしましょう。これを意識せずに自然とできるようになると、ストレスは飛躍的に軽減され、充実感や幸福感で満たされるはずです。

陰性転移を知り、対策する


嫌いな人との付き合い方を考えている人は、人間に「陰性転移」という興味深い性質があることを知るべきです。

あなたが子供の頃に嫌な印象を持っていた人に似た人が、あなたに接触をしてきた際、初対面のその人にも苦手意識を持ってしまうという性質です。あなたの嫌いな人が陰性転移の対象になってしまっている場合の対処法をお話しておきますね。

・陰性転移の原因となっている人

・いまのあなたが苦手意識を持っている人

この2人の人を比較して、違いを見つけてあげるのが効果的です。この作業には、短所だけでなく、長所を見つけることも含まれています。そうすることで、苦手意識の元となっている人との過去の体験や、いまのあなたが苦手に感じている人との体験などを整理することができるのです。過去のトラウマのような体験を整理することも、相手を認めることや、相手の長所を見つける作業のひとつとして、非常に効果的です。

「接触」による「負の連鎖」を避ける


どうしても付き合い方が難しい嫌いな人に対しては、接触を減らすということも効果的です。どうしても負の感情を取り除けないほどの人との接触は、最低限に抑えたましょう。それがより一層、ストレスの軽減に繋がるからです。嫌いな人と無理に接触する機会を作る必要がないのであれば問題はありません。

しかし、職場などの接点の多い状況に嫌いな人がいるなら、意識的にその人との接触を抑えるのがベターです。人間の性質上、好意を持っている人に対しては、接触回数に比例して、好意も強まるものです。逆に、苦手意識がある人には、接触回数に反比例して苦手意識も強まってしまいます。

また、相手を受け入れようと頑張っているのに、相手をどうしても受け入れられないこともあると思います。その事実があなた自身の自己嫌悪を作ってしまう原因になるリスクもあるのです。自己嫌悪はセルフイメージの低下に繋がります。無理な相手の受け入れ作業が、負の連鎖を起こしているようなら、意識的に接触は避けるべきなのです。負の連鎖を自分から作ってしまうのは、なるべく避けるようにしましょう。素直に接触回数を減らしていくことは、最も効果的な手段のひとつなのです。

うわべだけでも「普通」に振る舞う


嫌いな人との付き合い方が難しいと感じても、無理に相手を敬遠したり、冷ややかな態度を取るのは厳禁です。そのような行為は、必ず周囲に悪影響を与えてしまうからです。これでは、あなたの評価も落としてしまう原因になりかねませんよね。

当然、あなたがそういった態度で他人と接するということは、その人の印象を今よりも下げてしまうことにも繋がります。嫌いな人に対する態度が露骨すぎると、周囲との関係性も含めて、ネガティブな状況しか生み出さないのです。周囲の人と同じように接することを意識することは、とても大切なことなのです。それが出来れば「嫌いな相手にも普通に振る舞える自分」を褒めてあげましょう。苦手な人、嫌いな人とも普通に振舞って接触することは苦痛かも知れません。

しかし、大人気のない振る舞いで周囲の評価を落とすよりも圧倒的に合理的です。

・嫌いな人に対して普通に振る舞うことのストレス

・大人気のない態度で周囲の評価を下げてしまうストレス

こう比較すると、後者の方が圧倒的に辛いことですよね。あなたが周囲と同じように嫌いな人に振る舞うことで、最悪の事態を避けられるのです。このように、冷静に状況を比較してみることで、嫌いな人との付き合い方にも好影響が生じてくるのです。

感情的な話題に敏感になる重要性


嫌いな人との会話の中で感情的な話題が出てくるようなら、積極的に会話を避けるようにしましょう。あなた自身の感情を刺激する話題が出てきたら、こんな感情が外に漏れてしまうかも知れません。

「いやだ・・・」

「苦手だな・・・」

これらのネガティブな感情が言葉に漏れてしまうくらいなら、その前に会話を離れましょう。これは事前のトラブル対策となっているので、未然にストレスを防ぐことができます。

余計な情報をシャットアウトする


意識的に嫌いな人と距離をとっていても、嫌いな人の情報が入ってくることがあります。共通の知人がいたり、SNSで相互フォローの関係にあると、余計にそういった状況が増えます。反対に、こちらの情報が相手に伝わることで、余計なストレスが生じてしまうこともありますよね。特にSNSの普及によって、その手のストレスは見逃せない部分になっています。そういったストレスを最小限に抑えるための効果的な方法を教えておきます。

SNSにネガティブな意見、誤解されてしまいそうな内容は投稿しない。これに尽きます。これは、少なくとも、あなた主導でトラブルやストレスのキッカケを作ってしまわないようにするための最善策と言えます。

パーソナルスペースを意識的に活用する


嫌いな人との付き合い方を改善するためには、パーソナルスペースの活用も効果的です。パーソナルスペースという言葉は知っていますか?これは人間が持っている縄張り意識のことです。

しかし、パーソナルスペースが、以下の4タイプに分けられることを知っている人はあまり多くありません。

1 密接距離=恋人との距離感  〜45センチ

2 個体距離=友達との距離感  45 〜120センチ

3 社会距離=職場の人などとの距離感  1.2〜3.5メートル

4 公共距離=その他の人との距離感  3.5メートル〜

上記を目安にして、嫌いな人との距離感の取り方を意識しましょう。何も公共距離のようにわかりやすい距離の取り方をする必要はありませんが、社会距離程度の距離感を意識するように日常を過ごすだけで、ストレスの大幅な軽減ができます。

苦手な人への「先制攻撃」というテクニック


嫌いな人と距離を取るのではなく、逆にこちらから先生攻撃を仕掛けて、相手に近づいていくテクニックも効果的です。というのも、実は人間にはこんな性質があるからです。

・人は距離を“縮められる”ことに抵抗を感じる。

・人は距離を“縮めていく”際には抵抗を感じにくい。

要するに、こちらから率先して距離を縮めることで、嫌いな人との関係において優位性を取ることができるのです。嫌いな人との関係のイニシアチブを握ってしまえば、ストレスからの解放に大きな影響を及ぼします。

自分への「ご褒美」を用意してあげる


嫌いな人と接していると、当然、疲労感を感じたり、傷ついたりすることもあるでしょう。そんな時、自分の傷や疲れをしっかり癒す方法を自分自身で理解をしておくことはとても大切です。自分の癒し方を知っていれば、疲れからの回復も、気持ちの切り替えも簡単にできます。趣味や好きなものはそれぞれ異なりますので、方法は様々です。あなたの好きなことやストレスやエネルギーを発散できるものを、最低でもひとつは把握しておきましょう。

一般的に最もおすすめとされているのは、「食べる」という自分へのご褒美です。大きなストレスや疲れを感じる時は、いつもより少し贅沢な食事で自分にご褒美を与えてあげてください。たったそれだけのことで、大きなリラックス効果が発揮できるのが「少し贅沢な食事」なのです。

嫌いな人と一緒にいない時はその人を忘れるべき


嫌いな人と一緒にいない環境では、その人のことを忘れるのがベストです。相手がその場にいないのに、相手のことを思い出してイライラしたり、不安になったりすることはありませんか?それは最も無意味なことだと理解を深めておくのがいいでしょう。嫌いな人と別の空間にいるのに、相手のことを考えてしまうのは、とても無駄なことです。嫌いな人がその場にいないのに思い出してしまうと、ついついネガティブな内容を考えてしまいます。それにより、苦手意識や嫌な気持ちが余計に増幅してしまうのです。

しかし、実際には、その空間には嫌いな人がいるわけではありません。これはつまり、あなた自身が作り上げた空想なのです。自分で自分を苦しい方向に誘う必要は全くありません。有意義で貴重なあなたの大切な時間なのですから、もっと楽しい時間にするべきです。相手のいない場面でその人を思い出したりするようなことはやめた方がストレスの軽減に役立ちます。

嫌いな人にも大切な家族・友人がいる


あなたの嫌いな人にも大切な人がいます。
あなたの嫌いな人のことを大切に想っている人もいます。

これを忘れないようにすることも、大切な嫌いな人との付き合い方のひとつです。対象が誰であれ、相手に強い憎しみの心を持つことはネガティブなことです。それは、あなたの心をかき乱し、不健全な精神状態に追い込むキッカケになってしまいます。本来、ベストなのは常に自分の精神状態を平穏に保つことなのです。もしも、どうしても嫌いな人への憎しみが消えないようであれば、次のようなことを考えてください。

・あの人は苦手だけど、彼にも友達がいるんだ。いいところがあるはず。

・あの人にだって大切な家族がいるんだよな。

・あの人は恋人がいるんだから、もっと魅力的な部分があるはずだ。

あなたの嫌いな人だって、誰かに支えられていたり、誰かを支えていたり、大切な人が周囲にいるはずです。どんな人だって、誰かに必要とされていたり、大切に想われているのです。そう考えると、健全な精神状態が取り戻せるはずです。このように他人を肯定する考え方は、最終的に自分を肯定する姿勢に繋がります。

つまり、これもセルフイメージの向上に役立つ行為なのです。

嫌いな人と2人きりの状況を作らない


あなたが嫌いな人と一緒にいる時間が多い関係性なら、第三者を交えてコミュニケーションを取りましょう。そうすることで、あなたが受けるストレスを軽減できます。さらに、同席してくれている第三者は、あなたと同じ人に対して同じように苦手意識を持っているわけではありません。少しでもクッションを挟むことで、負の感情に火がつかないように事前にケアすることはとても大きな効果があるのです。嫌いな人と同じ空間にいるときは、その場にいる他の第三者に話しかけることに集中するべきです。

ただし、注意するべきは、あなたが嫌いな人に対して露骨に避けているような印象を周囲の人に与えないことです。負の感情はあなたの中だけに留めておき、周囲に漏らさないようにするのがベターです。第三者との会話を盛り上げることに意識を集中していれば、嫌いな人への意識が向かないようにセルフコントロールができます。このテクニックが上手に使えるようになっていれば、あなたも嫌いな人との付き合い方がかなり上手になっている証拠です。

最終手段「関わらない」というテクニック


嫌いな人から逃げる・関わらないというのも、嫌いな人との付き合い方としては有効です。あなたには「逃げる」という方法があることを覚えておいてください。逃げるという行為は卑怯、敗北・・・という負のイメージがあるかも知れません。

しかし、無理にあなたの嫌いな人と対峙することは、それよりもあなたに悪影響を及ぼします。あなたが大きなストレスを感じたり、それを外に漏らしてしまうくらいなら、逃げるという行為はポジティブな選択です。真面目な性格の人ほど「困難から逃げてはいけない」と考えてしまいがちです。

しかし、実際には「いざとなったら自分を守ることが最優先だ」と考えてください。そのようなマインドセットをしていれば、ストレスの直接的な軽減にも繋がります。その方がかえって、苦手な人への対応が柔軟にできるようになります。逃げることは、ある意味、ストレスやトラブルを回避するための有効な攻めのテクニックなのです。

まとめ


嫌いな人・苦手な人に対して、まず、あなたが意識するべきことは、自分を知り、自分の本音と向き合い、セルフイメージを向上させることです。その上で、苦手な印象・嫌な印象を受ける相手に対しては、その人の嫌な部分を受け止めるよりも、その人のいい部分を探したり、なぜ自分が嫌な印象を受けるのか分析をすることが大切です。自分が嫌な印象を受けたり、苦手なイメージを持ってしまう原因を追求し、分析することで、今まで気がつかなかった発見やヒントがたくさん見つかるはずです。

また、自分自身と向き合ったり、自分の誇れるポイントを探す行為や、相手の人を許す行為や長所を見つけるという姿勢は、必ず、あなたを人間として成長させてくれます。嫌いな人と向き合うことは、あなた自身の成長でもあり、あなたの成長は嫌いな人を適切に対処することに繋がるのです。

今回の記事でご紹介したことを取り入れれば、今のよりも格段に成長したあなた自身を見つけられるでしょうし、それが最終的には日々の充実感や満足感に繋がるはずです。

嫌いな人への対策を通じて、充実した人生を手に入れることができると言ってもいいでしょう。

嫌いな人との付き合い方を少しでも楽にするために、今回お話したテクニックを、少しずつでもいいので、あなたの生活に取り入れていってください。

Next : »
Prev : «