起業と開業は別?起業と開業、他の似た言葉との違いとは

会社に勤めているサラリーマンの中には、将来自分で起業しようと考えている人もいると思います。ネットなどで起業について調べていると、起業の他にも開業、創業、創立、設立、独立などの似たような言葉が出てきて、どこが違うのか気になった人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、起業と開業は何が違うのか、他の似た言葉との違いについて解説します。

起業と開業は別?

起業と開業は別?

サラリーマンとして会社で働いていても、ほとんどの会社は年功序列制なので、急に給料が増えるということはまずありません。また、会社という組織で動くため、効率の悪い方法で業務に取り組んでいても、それが社内の方針であれば従う必要があります。

そのため、少しでも収入を増やしたい、自分の好きなやり方で仕事に取り組みたい、ワークライフバランスを良くしたいといった理由から起業を検討している人も多いと思います。起業に必要な知識を身につけるためにネットで起業について調べていると、起業とは別に開業という言葉が出てくることも。

起業と開業は何が違うのでしょうか?起業と開業の違いについて詳しく見ていきましょう。

起業とは

起業とは、会社を1から作ることです。「来年起業する」といったように、未来の出来事に対して使うのが一般的ですが、「去年起業しました」など過去の出来事を表す場合に用いることもあります。

自分で会社を立ち上げて事業をスタートさせるチャレンジの意味合いが強いのが起業です。会社に勤めているサラリーマンが自分で事業を始める場合は起業という言葉を用いますが、開業という言葉を用いることはあまりありません。では、開業という言葉はいつどのような状況で使う言葉なのでしょうか?

開業とは

開業とは、事業や商売などを新しく始めることです。個人が個人事業主として新規に事業を始める場合は、税務署に「開業届(個人事業の開廃業届出書)」という書類を提出します。そのため、個人事業主として新規に事業を始める人は、提出書類の名称から「開業する」という言葉を用いる人もいます。

しかし、個人事業主として新規に事業を始める人でも「起業する」という言葉を用いるのが一般的です。「開業する」という言葉を用いることが多いのは、個人事業主の中でも医師や弁護士、司法書士、税理士などの資格や技能を有した人が医院や事務所を作る場合に用いることが多いと言えます。

明確な違いは決まっていませんが、自身で飲食店を始める際は「起業する」、クリニックを開院する際は「開業する」など、細かな使い分けがあるので覚えておくと良いでしょう。

他の似たような言葉との違い

他の似たような言葉との違い

起業は事業を始めることに対して幅広く使われる傾向がある一方で、開業も新規に事業を始めることに使うものの、医師や弁護士などの資格や技能を有する人が事業を始める時に特に使われるという違いがありました。他にも似た言葉はあるのでしょうか?起業に似た言葉として以下の5つが挙げられます。

  • 創業
  • 創設
  • 創立
  • 設立
  • 独立

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

創業とは

創業とは、起業や開業と同様に、事業を始めることです。しかし、起業や開業は「来年起業(開業)する」というように将来のことを表す際に用いる一方、創業は「○年に創業した」というように過去を表す際に用いることが一般的です。そのため、「来年創業する」という用い方をすると不自然になります。

「創業○周年」や「創業者」など、過去に事業を始めた日を表す際に用いるため、使い方に注意が必要です。

創設とは

創設とは、起業や開業とは違い、事業を始めるという意味合いではなく生み出すという意味合いが強い言葉です。例えば、新しい機関や施設、制度、組織などを生み出す際には創設を用います。

他に、社内で新規に事業部を立ち上げる際や子会社を作る際も創設という言葉を用います。サラリーマンが会社を辞めて事業を始める際に創設という言葉を用いることは基本的にはないため、言葉の使い間違いに注意しましょう。

創立とは

創立とは、創設と同様、新しい機関や施設、制度、組織などを生み出す際に用いる言葉です。しかし、創設は「来年創設する」というように将来のことを表す際に用いる一方で、創立は「創立記念日」や「創立○周年」というように過去を表す際に用いることが一般的です。

また、創設との大きな違いは、創立は初めて新しい機関や施設、制度、組織などを生み出す際にしか用いないという点です。社内で新規に事業部を立ち上げる際や子会社を作る際は初めてとは言えないため、創立よりも創設が用いられることが多いと言えます。

設立とは

設立とは、会社を立ち上げることです。会社を立ち上げる際は、定款の作成・公証人役場で認証を受ける・登記書類などを作成する必要があります。設立はこれらの手続きが完了して晴れて法人組織として認められた日を指すのが一般的です。

あくまでも会社を立ち上げる際に用いる言葉であるため、会社を辞めて個人事業主として事業を始める際やフリーランスになる場合などには設立という言葉を用いません。

独立とは

独立とは、何かを始めようと新たな次の一歩を踏み出すことです。開業や起業という言葉は事業を始める際に使う言葉ですが、独立という言葉は必ずしも事業を始める際に使う言葉とは限りません。

独立という言葉は、何かを頼るのではなく束縛や支配などから解放されることを意味しています。例えば、会社を独立するということは会社との雇用契約を解消すること、実家から独立するということは実家から出て扶養から外れるということです。会社を辞めて事業を始める場合には、独立するという言葉よりも起業・開業するという言葉の方が適切と言えるでしょう。

起業や開業は準備が重要

起業や開業は準備が重要

「起業したい」「開業したい」と思っていても、それらはすぐできるものではありません。事前にしっかり用意しておく必要があります。会社を辞めて起業や開業をすると、継続的に安定して得られていた収入が途絶えることになります。起業や開業でうまくいかなければ貯金を切り崩しながら生活することになるので注意が必要です。

起業や開業してから軌道に乗るまでに最低でも2年~3年はかかります。「こんなはずではなかった」と起業や開業してから後悔しても手遅れです。後悔しないためにも、最低2年~3年を乗り切ることができる程度の資金を準備する、事業計画をしっかりと立てておくなど事前準備をしっかり行いましょう。

まとめ

まとめ

高齢化の進行によって平均寿命は男女ともに80歳を上回っています。また、日本国内では100歳を超える人の割合が増加しており、人生100年計画を立てる必要が出ています。人生100年計画を立てる場合は、年金だけでは2,000万円不足するという金融庁の審議会による報告がありました。

そのため、少しでも老後の生活費を確保するために資産運用を検討する人、サラリーマンとしていつまでも会社で働くのではなく起業・開業を検討している人も多いと思います。

起業と開業という言葉はどちらも新たに事業を始めることを表す言葉です。しかし、医師や弁護士、司法書士、税理士などの資格や技能を有した人が医院や事務所を作る際は起業ではなく開業を用いるなど多少の違いがあります。

また、起業や開業に似た言葉に、創業・創設・創立・設立・独立などがあります。これらの使い方を間違っても大きな問題になることはありませんが、相手に誤解を与える可能性もあるため、それぞれどのような違いがあるのか理解しておきましょう。

Next : »
Prev : «