うまくいかない上司との関係が楽になる14のコミュニケーション術!

「上司との関係がうまくいかない。」

そんな悩みを抱えてる人は少なくありません。もう少し具体的に例を挙げてみると、こんな感じでしょうか。あなたにも次のことに当てはまる部分がありませんか?

・上司に何を求められているのかわからない。

・上司に話しかけにくい。

・上司との距離感が掴めない。

・良かれと思った行動が上司に怒られた。

・上司が自分を信頼しているのかわからない。

どうでしたか?

あなたにも当てはまる部分があるのではないでしょうか。実際、多くの社会人がこのような悩みを持っています。それに、日本人にとって職場での人間関係の悩みはとても比重の大きな問題です。それに、本当はあなたも上司も関係が良好な方が楽に決まっています。この記事では、そんな悩みを抱えている人へのコミュニケーション術をお伝えします。あなたのコミュニケーション術を磨いて、スムーズな上司との関係を築きましょう!今すぐ実践できることも沢山書いているので、早速、先に進みましょう!

上司との関係が上手くいかない理由


まずは上司との関係がうまくいかない理由を知りましょう。ここでは2つの項目に分けて解説をしていきます。詳細は以下の通りです。

・上司とのコミュニケーションの必要性

・上司とのコミュニケーションがうまくいかない理由

これらのことを正しく理解して、関係性の向上に役立ててください!

①上司とのコミュニケーションの必要性

上司との関係がうまくいかない。そう感じる人は上司とのコミュニケーションの必要性から考えていくべきです。なぜなら、社会人が人生で仕事に費やす時間は莫大だからです。これは、少し考えてみればわかることではありますが、人生の中心は仕事です。

例外もあるかも知れませんが、人生において仕事に使う時間が莫大なことは確かです。つまり、あなたが仕事で何を成し遂げ、何を貢献していくか。この積み重ねが、あなたの人生の大半を占めていることになるのです。その「仕事」において、大きな影響を持っているのが「上司」という存在です。

また、上司と部下は次のような関係にあることを思い出しましょう。

・上司:部下を良い仕事ができるように教育する役割がある。

・部下:上司や会社に貢献できるように成長する役割がある。

そして、この役割を円滑に進めてくれるのが、「コミュニケーション」です。コミュニケーションが取れていれば、基本的には上司も部下も役割が果たせます。そして、それが互いの信頼関係や成長に繋がるのです。反対に、コミュニケーションが取れていないと、日々にストレスを抱えてしまいます。あなたの人生の中心となる「仕事」でストレスを抱えるのは、良いことではありません。やはり、上司との円滑なコミュニケーションを取ることは非常に大切なことなのです。

つまりどのような人とどのように接して、何を成し遂げ、貢献していくか・・・
この「仕事」の積み重ねが、あなたの人生の大半を創り出していきます。そう考えると、あなたの人生の大半を創り出す「仕事」において影響のある存在が、あなたの上司なのです。上司とは、部下を良い仕事ができるように育てる役割があります。部下であるあなたは、成長して上司に貢献する役割があります。

そして、互いの信頼関係の深さが、互いの成長の深さにつながる関係です。上司とのコミュニケーションをスムーズにし、信頼関係を築いていきましょう。さらにそれが、あなたの仕事をもっとやりがいのあるものにし、充実へつながります。

②上司とのコミュニケーションがうまくいかない理由は?

上司とコミュニケーションがうまくいかない理由も分析しましょう。そして、理由がわかれば、その悩みも解消ができる可能性が高まります。問題の解決方法を探すなら、やはり、原因がわかっていないといけませんからね。基本的に上司とのコミュニケーションがうまくいかない理由は「ズレ」です。

この感覚の「ズレ」が原因で、ほとんどの人間関係の問題があるのです。まずは、一般的によく生じる「ズレ」の代表的な例を見てみましょう。

・考え方や価値観のズレ

・世代のギャップからくるズレ

・経験や知識の違いからくるズレ

・物事の捉え方のズレ

・言葉の解釈のズレ

上司との間に、このようなズレを感じることはありませんか?当てはまる部分があるなら、それが原因になっている可能性が高いです。人との間にはこういったズレは必ず生じるものです。

・上司とのコミュニケーションが上手くいかない時。

・上司の考えが理解できない時。

こういったことを思い出せば、少し冷静になれるはずです。

そして、大切なことを伝えておきます。こういったズレは必ず生じることで、むしろ、ズレはあって当然のことなのです。自分と上司の間にズレがあるなら、あとは自分から歩み寄りをするだけ。次の項目に進んで、日々のコミュニケーション向上に努めましょう!

上司とのコミュニケーションが楽になる2つの考え方のコツ


うまくいかない上司との関係を円滑にするために、次の2つの考え方は大切です。

①物事を見る視点

②物事を考える思考

この2つのポイントを抑えれば、上司との関係もスムーズになるでしょう。上司とのコミュニケーションを円滑にするために、非常に重要な項目です。正しく理解して、うまくいかない上司との関係に役立ててください。

①上司の目線で物事を考える重要性

うまくいかない上司の物事で目線を考えることは非常に大切です。通常、人間は誰しも、自分の立場や視点で物事を捉え、考えているものです。あなたが上司にとっての「良い部下」になりたいなら、上司の視点に立ちましょう。

・問題が発生した時。

・仕事を頼まれた時。

・仕事の報告をする時。

どんな時でも、上司の視点に立って物事を考えてみるクセを付けましょう。

・もしも上司なら、この状況でどのように行動しているか?

・どのように取り組めば上司が喜んでくれるか?

・どんな報告の仕方だと上司が評価してくれそうなのか?

こういったことを常に考えるクセを付けるのです。

いわゆる「デキる部下」は常に色々な視点で物事を考えています。

・どのように行動をするのが周囲にとってベストなのか?

・どのようにすればスムーズに理想的な結論にたどり着けるか?

・どう立ち回ると、会議が円滑に終了するか?

これらのことを、自分の視点ではなく、様々な視点から見ているのです。この考え方がクセになってくれば、あなた自身の視野が広がってくるのがわかります。すると、上司や周囲に評価がされやすいだけでなく、あなたも成長ができるのです。絶対に覚えておいて損はないコミュニケーションスキルのひとつだと言えるでしょう。

②上司の思考パターン・こだわりを分析する!

上手くいかない上司の思考パターンやこだわりの分析も非常に効果的です。

例えば、あなたの上司が「仕事の速さ」にこだわりを持っている人だったとします。その場合、あなたはシンプルに「仕事の速さ」の改善に優先して取り組みましょう。どんな人でも、物事の良し悪しやこだわりは絶対にあるものです。そして、その物事の良し悪しを判断する基準や考えもあるはずです。そして、人は自分が大切にしているこだわりを共有できる人に信頼感を得るものです。

例えば、共通の趣味を持つ人に親近感を得やすいのはそういうことです。逆に、あなたの趣味を毛嫌いする人には親近感・信頼を感じにくいですよね?

それと同じように、仕事上での上司のこだわりを見抜くことは重要なことです。あなたは上司の価値観やこだわりに反発するような部下になっていませんか?これは難しいことですが、上司にとっての「デキる部下」になりたいなら、ここは上司のこだわりを尊重しましょう。

そうすることで、うまくいかない上司との間のストレスがなくなるなら・・・。
人生の大半の時間を費やす仕事のストレスがなくなるわけです。これは、あなたにとっては最終的にプラスの行動ができている証拠ですよね。

うまくいかない上司との関係が楽になる10のポイント!


うまくいかない上司とのコミュニケーションには10のポイントがあります。

・あいつ変わったな。

・あいつ成長したな。

うまくいかない上司にそう言わせるために、早速、明日から取り入れてみましょう!

①挨拶や返事に変化を与える!

うまくいかない上司への挨拶や返事に変化を与えてみましょう。これだけでも、上司への印象は大きな変化があるはずです。

挨拶や返事に関しての、意識すべきポイントは次の2点です。

・挨拶の際に相手の名前を加えて呼ぶようにする。

・必ず相手の目を見て笑顔で挨拶や返事をするようにする。

これだけでも、相手に与える印象は大きく変わります。基本的なことを言っているようですが、日々の中で雑になりがちなのが挨拶です。当たり前に感じるようなことにほど、ヒントは沢山隠れているのです。なぜなら、「当たり前」に感じるだけ、多くの回数をこなしているのですから。

そして、これはすぐにでも実践できることです。早速、明日の挨拶からチャレンジしてみましょう!

②言葉遣いは常にポジティブな言葉選びを!

うまくいかない上司と接する際には、必ずポジティブな言葉選びをしましょう!

あなたが上司だとしたら、次の2人の部下のどちらに良い印象を持ちますか?

・いつも暗くて後ろ向きな言葉を使う部下。

・いつも明るく前向きな言葉を使う部下。

やはり、ポジティブな言葉遣いでハツラツとした部下に仕事を任せたいですよね?

もちろん、ネガティブな発言が悪いわけではありません。ポジティブな発言ばかりでは、逆に問題を軽視する人に感じられるリスクもあります。

しかし、次のようなマインドに取り込まれてしまうのは良くないことです。

・自信が持てない。

・うまくいかなかったらどうしよう。

・どうせ自分なんて・・・。

このような思い込みが、あなたの中にあるなら、今よりもポジティブを意識しましょう。なぜなら、ネガティブな発想は、気づかぬ間に周囲に伝わってしまうからです。そういった事態を避けるために、常にポジティブを意識しておくことは大切です。そのマインドが上司に伝われば、今よりも上司の反応は良くなるでしょう。

③「傾聴する」という姿勢の重要性!

うまくいかない上司の話を「傾聴する」のも非常に大切なことです。ただ、「話を聞く」というのと「傾聴する」というのは同じではありません。「傾聴」というのは、上司の話に興味を持って耳を傾けることを指します。つまり、相手に「自分の存在を重要視してくれている」という印象を与えやすいのです。イメージ的には「耳ではなく、心で聞く」ということを意識してください。

・相手の話をさえぎらずに最後まで聞く。

・相手の話を否定せずに、考えの違いを楽しむ。

・相槌のタイミングやバリエーションで「聞いている」を示す。

このようなポイントを意識すれば、より相手に「傾聴」の姿勢が伝わります。自分の意見を我慢して、相手の話を聞いてみると、実際に発見も多いはずですよ!

④報告・連絡・相談のスピード化!

うまくいかない上司に対しての「報連相」をスピード化する。これも基本的なことに感じるかも知れませんが、大切なことです。社会人であれば、「報連相」のことは知っていると思います。

しかし、報告・連絡・相談の重要性を忘れてしまっている人は少なくありません。

上司からすれば、部下は「自分より経験の浅い人」です。常に部下に意識を止め、神経を働かせているわけです。そんな中で、報連相が徹底されていれば、上司は少しは「楽」になれますよね。それに、マメにコミュニケーションが取れる人に対して、人は安心感を感じやすいです。こういった基本的なことは、明日からでも変えられる部分です。あなたの大切な1日を無駄にしないためにも、早速、取り入れてください!

⑤上司の指摘・指示には素直になろう!

うまくいかない上司からのフィードバックは素直に受け取る。これも基本的なことに感じるかも知れませんが、大切なことです。上司からのフィードバックは、基本的にあなたを成長させるためのものです。

もしも、上司が「あなたに問題がある」と感じたら、それは上司にとっては事実です。あなたがいくら講義しても、上司にとっては事実なのです。そこに反抗や抵抗をするよりも、上司からの言葉は素直に受け止めるのがベターです。考え方を変えれば、「上司の言葉は自分をさらに磨くためのヒント」です。このように捉えて、自分の成長に繋げていきましょう。

・上司からのフィードバックは、その分、あなたを成長させてくれる。

・厳しいフィードバックには、その分、感謝を忘れないこと。

このような捉え方を意識すれば、あなたはさらなる成長を得られるでしょう。それは、上司にとっても嬉しい変化に感じるはずです。それだけでなく、あなたにとっても、大きな収穫が見つかるはずですよ。

⑥上司のアドバイスはすぐに取り入れよう!

うまくいかない上司のアドバイスは、基本的にすぐに取り入れましょう。

・自分なりのやり方で仕事をする。

・自分で考えて行動をする。

それはとても大切なことです。

だけど、あなたは1人で仕事をしているわけではありません。周囲の人や上司もいて、あなたの仕事は成り立っているのです。それに、少なくとも上司はこれまでに同様の経験をしているはずです。だからこそ、あなたよりも豊富な経験から物事を捉えているはずです。

例えうまくいかない上司からのアドバイスでも、次のように取り入れましょう。

・まずは言われた通りに実践をしてみよう。

・言われた通りに実践した結果をそのまま報告してみよう。

上司はこれまでの経験を元にあなたに良かれと思ってアドバイスをしています。

だからこそ、そのアドバイスを無駄にしてはいけません。なぜなら、それは上司の言動を軽視することになってしまうからです。それなら、言われた通りにまずはやってみればいいのです。その上でなら、あなたが思うような結果にならなくても、上司が責任を取ってくれます。

⑦上司の仕事のスタイルをマネしてあげる!

うまくいかない上司のスタイルをマネするのも円滑なコミュニケーションに効果的です。積極的に上司の仕事のスタイルや考え方をマネしてみましょう。上司の目線からしてみれば、「自分から何かを得ようとしている部下」に見えます。

上司がそう感じてくれれば、あなたに対して悪い感情は抱きませんよね?ただし、マネをする際には、上司にもこう伝えておきましょう。

「●●さん(上司)のやり方を学びたいので、真似させてください」

このように伝えれば、上司を手本に成長しようとする姿勢が伝わります。そんな部下が可愛くない人はなかなかいません。このようにコミュニケーションを取れば、お互いの関係も良好になってくるでしょう。

⑧情報をオープンにして、秘密がないようにする!

うまくいかない上司への秘密主義はNGです。上司から見ても、何を考えているかわからない部下はストレスの対象です。当然ですが、プライベートまで情報開示する必要はありません。ただし、仕事上のスタンスとして「私は心を開いています」という意思表示は大切です。特に伝えておくべきことは、あなたが大切に思っていることや、こだわり。

この基本的なスタンスを上司に伝えておくこと。これによって、上司もあなたに対する接し方が変わってくるはずです。あなたの基本的なスタンスを踏まえて、上司が接してくれたら、今よりも楽になりますよ。

⑨飲みの席などを有効活用する!

うまくいかない上司との「飲みニケーション」は大切です。お酒が飲めない人は大変かも知れませんね。それでも、上司がお酒を飲めるなら、積極的にお酒の席への参加をしましょう。それくらい、お酒の席で語り合うことは重要なのです。お酒を飲んでいる状態は、誰もがリラックスしてる状態なので、本音が出やすいです。

しかし、忘れてはいけないのは、次のことです。

・あなたが本音を話す場所ではないと心得る。

・上司の本音を聞き出すことを目的にする。

・上司の話に傾聴する姿勢を忘れない。

実際に上司の本音を聞いてみれば、あなたの考え方にも影響が出ます。実際に、飲みの席は人間関係に良好な影響があると、多くの人が感じています。少なくとも、上司があなたに対する警戒心が薄れれば、仕事は以前よりも円滑になります。

⑩お礼や感謝には徹底的にマメになろう!

うまくいかない上司へのお礼や感謝には神経を使いましょう。これによって、上司のあなたへの印象は大きく改善されるはずです。いくら苦手な上司でも、仕事上であなたには色々なサポートをしてくれているはずです。

・仕事のアドバイスをくれる。

・仕事を任せてくれる。

・仕事を助けてくれる。

これらのことは、意見の食い違いがあると気がつきにくいです。

しかし、先述したことを理解していれば、上司の考えを傾聴する重要性はわかりますよね?これらのことには基本的には、部下であるあなたが感謝するべきです。そんな時は、必ず工夫をして感謝をすること。

例えば次のようなことです。

・お礼の時にコーヒーをさりげなく渡す。

・お礼の気持ちを簡単な手書きの文章で伝える。

これらのことを「さりげなく」することが大切です。必要以上の気配りをすると、逆に上司の警戒心を強めてしまう可能性があります。日常の中に上司への感謝をするポイントはいくつも隠れています。そういった時に、いつもと違った工夫を取り入れて感謝することは大切です。

まとめ


以上が、うまくいかない上司との関係を楽にするポイントでした。今回お話した内容は、どれもすぐに取り入れることができる内容ばかりです。そして、誰もができる簡単なことばかり。それだけに、「当たり前のこと」に感じた項目もあるかも知れません。

しかし、当たり前のことを忘れてしまい、出来ないようでは、上司の信頼は得られません。人生の大半を捧げる「仕事」のストレスを回避するには、上司との関係は重要です。今回お話した内容を、早速、明日から取り入れましょう。そして、うまくいかない上司とのコミュニケーションの向上に役立ててください。

Next : »
Prev : «