簡単に人生のターニングポイントを作り出す5の方法・要点まとめ!

あなたも「人生のターニングポイント」という言葉を聞いたことがあるはず。ターニングポイントとは、人生の転機となる起点のことを言います。

■あの人と出会って人生が変わった!
■僕のビジネスが成功したのはコレがキッカケ!
■僕が生き方を変えたのは、アノ出来事があったから!

そんな風に、ある出会いや出来事がキッカケで人生が大きく動き出すこと。これをターニングポイントと言い、実際にそんなターニングポイントを機に人生は変化していくものです。また、人生のターニングポイントとは、一般的に後になって気がつくもの。

そして、忘れてはいけないのは「人生のターニングポイントは作れる」ということ!当記事ではそんな人生のターニングポイントを作り出す方法をご紹介します。

・新しい人生を送りたい
・人生を挽回したい
・これまでと違った毎日を作りたい

そんなあなたは、必ず最後までお読みください!

人生のターニングポイントを作る方法!


人生のターニングポイントとは、人生の転機のタイミングのこと。人生が変わる瞬間は運命的な出会いや出来事が重なるケースが多いです。そのため、自分ではコントロールすることが出来ないと思われています。

しかし、これは間違い。人生のターニングポイントは自分で作ることが出来ます。そこで、まずはターニングポイントの作り方を知ってもらいます。ターニングポイントは次の3つのステップで構成されています。

①運命を問いかける
②運命をキャッチする
③決断・運命を掴み取る

次の項目から、この3つのステップを解説していきます!

①運命に問いかける

人生のターニングポイントには、気が付ける人と気が付けない人がいます。そして、その2者を分ける決定的な違いは「問いを持って生活しているか?」です。

例えばお店での買い物は自分が商品を手に取らなければ手に入りませんよね?これと同じようにターニングポイントも自分で掴まなければ手に入りません。少し抽象的な表現ですが、次のように自分自身で運命に問いかけることが重要なのです。

■どうすれば自分は仕事で成功できるのか?
■どのようにすれば自分本来の能力が開花させられるのか?
■クライアントに気に入ってもらうためには何が必要なのか?
■どんな風に立ち回ればチームの役に立てるのか?
■何をすれば周囲に好影響を与えられるか?

このような問いかけを自分自身に問いかけることが何より大切です。

成功者は運命にこうして問いかける

自分の人生・運命に問いかけるのが上手な人は、次のような自問自答を繰り返しているケースが多いです。

■この人生を「勝ち組」にするために必要なことは何だろう?
■人生を成功させるために、今の自分は最適な動きが出来ているか?
■自分にしか出来ないことや、本当の自分の役割って何だろう?
■他の人には出来ない、自分だけの特別な能力って何だろう?
■運命の人と出会うには、どのような行動が必要だろう?

このように、より深いテーマで自分の人生への問いかけをすると、日常には必ず変化が生じます。つまり、あなた自身の人生に対して、誰よりもあなたが注目をしてあげること。これがあなたの人生のターニングポイントを作り出す最初のポイントなのです。

②運命をキャッチする

人生のターニングポイントには前兆のようなものがあります。しかし、この前兆は小さいサインであることが多いのも事実。そのため、このサインを見逃してしまう人が非常に多いのです。この「運命の変化・サイン」を見逃さないようにすることはとても大切なことです。人生のターニングポイントの前兆は、次のようなサインになっているケースが多いです。

■会社の利益を追求するあまり、人間関係が悪くなった
■なぜか同時期に自分から人が離れていくことが連続した
■これまでうまくいっていた仕事で急に悪い出来事が重なった
■新しい出会いがあり、その人の考えに魅力を感じることが増えた
■転職を後押しするような出来事が何個も重なった

このような出来事は人生のターニングポイントの前兆であることが多いです。

・自分の思いとは裏腹に、周囲が変化している
・今の仕事でうまくいかないことが増えた

そのような出来事は実は悪い意味ではなく、転職を後押ししているとも考えられます。今までの固定概念に捉われずに、新しい考えで人生を再起動するチャンスかもしれません。これまでと違って違和感を感じるような流れがある時は、一度立ち止まって、今までの人生や自分のスタイルを考え直すチャンス。

大切なのは「小さな変化を感じ取る」こと

そして、このように小さな変化を感じ取れること自体が重要なのです。これが新しい人生に導いてくれる、未来からのサインだと言えるでしょう。人生のターニングポイントが訪れる前には、このような前兆が溢れています。このような前兆を逃さないために必要なのが、前の項目で解説した「運命への問いかけ」なのです。

自分の人生に熱く問いかけることが日常化していれば、人生のターニングポイントはキャッチできるはず。そして、ターニングポイントは「いつも良い出来事」というわけではありません。ネガティブな状況、不利な状況に隠れているケースも多々あります。ネガティブな状況をチャンスと捉え、ポジティブに受け止めることができる。そんなタイプの人は人生のターニングポイントを掴み取りやすい人種だと言えます。すべて運命を受け入れることは、人生のターニングポイントを掴み取るための条件なのです。

③決断・運命を掴み取る

人生のターニングポイントのサインに気づき、その変化をキャッチしたら。その次はその運命に対して勇気を持って飛び込んでいくこともすごく重要なこと。

「今回の問題は●●が原因だ」
「自分ばかりこんな目にあうのはおかしい」

こんな風に思っているばかりの人には、人生のターニングポイントは訪れません。どんなネガティブな出来事も肯定し、ありのままを受け入れることが必要なのです。そんな風に運命を受け入れたら、すぐに「よし!何事も行動だ!」と、切り替えます。これが人生を変えるための重要なポイントになるのです。

運命を動かす勇気を持とう!

そうはいっても、こんな風に選択や決断に迷ってしまうこともあると思います。

■僕の判断は果たして正しいのだろうか?
■この場面での正解はAの道、Bの道のどちらなんだろう。

このように決断に迷ってしまう場面が訪れることは、少なからずあるでしょう。最初に結論を伝えておきますと、この時点での正解はありません。それよりも「運命を受け入れる」ということが何よりも大切なのです。この部分を少し詳しく解説しますね。

どちらの選択を選んでも「間違い」はない!

あなたが「Aの道」と「Bの道」のどちらを選択したかで迷っているとします。そんな状況で、仮にあなたがAの道を選択したとしましょう。その後に、あなたが次のように感じたなら、あなたの選択は正解です。

「この道を選んで良かったな」
「Aの道を選んだおかげで人生が変わっている」
「Aを選んだから、今後は変わっていくはず」

こんな風に感じたなら、この選択は正解ということになります。当然、その時の決断に対して上記のように感じられるには努力も必要です。しかし、最終的に「良かった」と感じられたなら、Aの選択は正解と言えます。

決断を決めたら「覚悟」をしよう!

前の項目は「自分の決断に後悔をしなかったパターン」をご紹介しました。しかし、同じ選択をしたあとに、「なんでこの道を選んだんだろう」と後悔をした場合。この場合は自分の選択が「不正解・間違い」ということになります。しかし、思い出して欲しいのですが、選択を悩んでいる段階では正解・不正解はわからなかったことには違いありません。つまり、大切なのは自分が選んだ道を、振り返らずに走り抜くことなのです。

■選んだ道を後悔しないように全力で奮起する
■その道を選んで良かったと思える取り組みをする
■選んだ道が正解だったと思えるように努力する

このように、選択した道を振り返ることなく走り続けることを「決断」と言います。

決断=決めた道を正解にする覚悟のこと!

決断とは、あなたの選んだ道を「正解」にする覚悟のこと。つまり人生のターニングポイントを作ることとは、正解を選ぶことではないのです。決めたものを正解にするということが、人生のターニングポイントを作る際に大切なのです。そのような意識で人生を動かしていけば、「あの時が人生のターニングポイントだったな」という実感が持てるようになります。人生のターニングポイントを作り出す仕組みを理解しておけば、あなたも人生を変えることができるようになるのです。

人生のターニングポイントが与えてくれる変化


人生のターニングポイントで訪れる変化は2種類あります。それが以下の2点です。

■外的変化
■内的変化

これらに関して、次の項目から詳しく解説していきます!

④人生のターニングポイントで生じる外的変化

人生のターニングポイントで生じる「外的変化」とは出会い・別れのこと。ターニングポイントが訪れると、それまでいた世界から離れることになるのが通常です。そのため、大きな別れや、新しい出会いが訪れるケースが多いです。

また、大きな別れがある場合は、それだけ新しいステージに進んでいる可能性が高いです。そして、大きな別れがあったからと言って必ずしも新しい出会いのサイズも大きいとは限りません。

小さな出会いを見逃さないようにしよう!

ほとんどの場合、新しい出会いは小さなもの。新しく進んだステージは、あなたの知らない未知の世界になっています。そのため、新しいステージでの出会いによるサインはとても小さく見逃しやすいです。

しかし、新しいステージに移行することになるので、環境の変化も訪れるはず。ここまでが人生のターニングポイントで訪れる外的変化の説明です。

⑤人生のターニングポイントで生じる内的変化

人生のターニングポイントで生じる内的変化とは、本人の意識や価値観の変化のこと。言い方を変えれば、今までの古い考えや価値観が壊れて、生まれ変わるということです。人生のターニングポイントにおいて本当に重要なのは、外的変化よりもこの内的変化とされています。新しいステージに移行するためには、古い価値観からの脱却と、新しいステージへ移行する創造性が重要なのです。

古い価値観が壊れることを恐れないで!

古い考えや価値観が壊れることは、少し怖い気がしてしまうものです。その理由は、今までの自分ではなくなってしまうような印象を抱くから。

しかし、これまでの古い自分を壊さなければ、新しい自分は生まれてきません。過去の価値観がサナギだとすれば、新しい価値観は蝶です。あなたが蝶になれば、大空を羽ばたき、これまでに見えなかった世界が見えてきます。今までの生活、生き方、価値観、働き方・・・多くのことに変化が訪れます。
そのため、この内的変化を恐れてはいけません。人生のターニングポイントが訪れたとき、「恐れずに変化すること」を忘れてはいけません。

まとめ


人生のターニングポイントを作り出す5の方法・要点まとめをご紹介しました。これまでにお話したように、大切なのは以下のこと。

■運命に投げかけ・問いかける
■運命の変化をキャッチする
■運命を掴み取る

そして、あなたの人生のターニングポイントが訪れたら・・・

■外的変化
■内的変化

を見逃さないようにすることが大切です。人生のターニングポイントが訪れると、不安に陥ってしまうこともあるでしょう。しかし、勇気を持って変化を恐れずに前に進んでいくことが大切です。そうすることで、あなたの人生は大きく変化するのです。当記事でご紹介した内容をなんとなく読むのではなく、必ず毎日意識をして、生活に取り入れていただければ幸いです。

Next : »
Prev : «