【保存版】イライラを解消し忍耐力を身に着ける5種類の魔法の言葉!

当記事ではイライラを解消し、忍耐力を身に着ける5種類の言葉をご紹介します。小さなことですぐにイライラしてしまう・・・そんな経験は誰にでもあるはず。

■人混みや満員電車の中にいるだけでイライラしてしまう
■思うように仕事がうまくいかずにイライラしてしまう
■悪い出来事が重なるとすぐにイライラしてしまう

あなたも、1度はこういった経験をしたことがあるのではないでしょうか?こういった悩みは、他人に相談することでもないので、余計に解消方法がわかりません。それに、ちょっとしたイライラだけではなく、中には深刻なイライラだってあります。そんな感情をやり過ごす方法、イライラの解消方法はどういったものがあるのでしょうか?当記事ではそんなイライラを解消して忍耐力を身に着ける方法をご紹介します!

イライラを抑える・忍耐力を身に着ける!


イライラを解消する言葉をご紹介する前に、忍耐力を身に着ける方法を知りましょう。結論から言えば、忍耐力とは自制心のひとつに該当する感情です。

「自分の心のマイナスの衝動を抑え、自分の感情や行動を制御する能力」

つまり、これが忍耐力の正体です。これは、言い換えればどんな人でも忍耐力を身に着けることができるということ。忍耐力を身に着けるトレーニングを重ねれば、誰でも自制心を鍛えることは可能なのです。

「イライラしにくい人」
「イライラを抑えることができる人」
「イライラを解消できる人」

これらの人は特別なわけではないのです。誰もが鍛錬を重ねれば手に入れられるスキル・能力ということですね。これを最初に理解していただいた上で、実際にイライラを解消する言葉をご紹介します!

イライラを解消する5つの魔法の言葉


この項目ではイライラを解消し、忍耐力を身に着ける5種類の魔法の言葉をご紹介します!怒りの感情を自制し、イライラを解消するためには、次の5つの言葉がキーワードになります。

①「本来の目標が達成できるならOK!」
②「自分が望んだものは実現できるはず!」
③「もしかしたら●●かも?」
④「自分は常に注目されている!」
⑤「どんな経験も笑いのエピソードに変えてやる!」

これらの言葉にはそれぞれどんな効果があるのでしょうか?次の項目では、より詳しくこれらの言葉の効果を解説していきます!

①「本来の目標が達成できるならOK!」

イライラを解消する言葉のひとつ目はこちら。

「本来の目標が達成できるならOK!」

自分が手に入れたいものが得られない時に、人はイライラしやすいです。しかし、当然ながら、人がイライラする気持ちが募るのはその時だけではありません。

「理想の状況に到達するまでに時間が掛かりそうだ」
「思い描いていた理想と実際のシナリオにギャップを感じる」

むしろ、そんな状況の方がイライラを募らせやすいはずです。少しわかりにくいと思うので、具体例をご紹介します。

■待っていた電車が時間通りに到着しない。
■こちらの方が早いと思って並んだレジが全く進まない。
■落ち着けると思って入ったカフェのBGMが悪趣味で落ち着かない。
■天気予報と実際の天気の落差が大きくて服装を間違えた。
■落ち着きたくて図書館にきたのに子供が騒いでいる。

これらの出来事は、あなたが「予想」をした理想と、実際の環境の落差から生じるイライラです。そんな時に「本来の目標が達成できるならOK!」という言葉を思い出してください。たとえ思い通りのシナリオでなくても、買いたいものは買えるし、食べたかったご飯だって食べられます。そちらに意識を集中させれば、今よりもイライラは解消できるはず。

②「自分が望んだものは実現できるはず!」

イライラを解消するふたつ目の言葉がこちら。

「自分が望んだものは実現できるはず!」

人はとにかく自分のことを理想化しがちな生き物。

■忍耐強い自分
■落ち着きのある自分
■ことを荒立てない自分

どんな理想であれ、人それぞれが自分の理想的な姿を思い描いて生活しているはず。では、そんな理想化した自分と現実の自分を比べてみた場合、どうでしょうか?理想と現実の自分の、何が違っているかを自問してみるのです。そして現実の自分に「思い描いた理想的な性質」が備わっていると想像してみてください。これは想像ですから、実際のあなたが「理想的な性質が身についているかどうか?」はここでは関係ありません。

「僕は落ち着きのある人間だ」
「僕はどんなに失敗を重ねてもやり直せるタイプだ」
「今、苦しい思いをしている分、将来は大成する」

このように、特別な能力を持つ自分の姿を思い浮かべてください。あなたの理想的な性質が、あたかも今の自分に備わっているかのように思い込むのです。この動作に慣れてくると、すぐに心を落ち着けることができるようになります。特にあなたの理想が「落ち着き」「イライラを解消する」ということなら、この動作を身に着けるだけで、理想の実現にかなり近づくはずです。

③「もしかしたら●●かも?」

イライラを解消するみっつ目の言葉がこちら。

「もしかしたら●●かも?」

イライラする状況に遭遇した時は、どうしてそうなったのかを考えてしまいますよね?

■カフェのBGMが悪趣味に感じるのは店員のセンスが悪いから
■天気予報が当たらないのは予想が悪いから
■図書館が騒がしいのは子供がはしゃいでいるから
■道を歩いていて絡まれたのは、相手が悪いから
■自分に悪い仕事が来るのは、上司の手腕がないから

このようにイライラの原因をすぐに他者に求めてしまうのは、損なことです。なぜなら、こうした事柄に対する「自分自身の思い込み」自体がイライラの原因である可能性があるからです。つまり、悪い出来事が起きた時の原因や理由付けを、外部に向けずにポジティブに解釈をしてみるのがおすすめです。

「もしかして、この出来事が起きたのは●●だからかな?」
「もしかして僕の方にも何か原因があったのかな?」

こんな風に好意的な方向に考え方をスイッチしてみましょう。物事は見方ひとつで解釈が大きく変わります。思い込みを捨てるだけで、他者に対するイライラは簡単に解消できるのです。

④「自分は常に注目されている!」

イライラを解消するよっつ目の言葉がこちら。

「自分は常に注目されている!」

このような言葉を自分に投げかけてあげることでもイライラの解消が期待できます。あなたが常に色々な人から注目をされていることを想像してみてください。生活の中でイライラを感じるような場面でも、あなたが注目されていると思えば落ち着いて振る舞うことができるはず。

有名人・スポーツ選手・アーティストなどは常に発言を気にしていますよね?それは自分が世間からの注目を集めている存在だということを自覚しているから。少しのイライラを表に出していては、他人からみた時に「かっこ悪い」ですよね?つまり外部からの視点を取り入れて「他人からみた自分」をよく理解していれば、落ち着いた言動を選べるようになるのです。

⑤「どんな経験も笑いのエピソードに変えてやる!」

イライラを解消するいつつ目の言葉がこちら。

「どんな経験も笑いのエピソードに変えてやる!」

イライラしがちな場面に遭遇すると、あなたはこんな気持ちになりませんか?

■自分がいかに辛い経験をしたかを主張したくなる
■友達に愚痴を話す時に「どれだけ辛かったか」を中心に話を整理する

もちろん、辛い経験をすれば友達に愚痴をこぼしたくもなります。それに、自分がイライラした経験も誰かに聞いて欲しくなったりするものですよね。でもこの方法はあまりおすすめできません。

なぜなら「言葉は言霊」だからです。自分がネガティブな言葉を口にしてしまえば、その言葉はあなたに戻ってきます。つまり、イライラした時の経験を誰かに話せば、そのイライラはさらに大きくなってあなたに戻ってくるのです。

わざわざ自分でイライラを倍増させるくらいなら、その経験を笑いに変えるような捉え方をした方が合理的!あなたが「どれだけ辛い経験」をしたとしても、それを「どれだけ面白く話せるか」という視点で捉えてみましょう。友達に愚痴をこぼすのではなく、その経験で人を笑わせられるのは素晴らしいこと。先述したように、言葉は言霊としてあなたに戻ってくるもの。友達を楽しませてあげられるような言葉を使えば、あなたのイライラも解消されるはず!

まとめ


以上がイライラを解消し忍耐力を身に着ける5種類の魔法の言葉でした。イライラした気持ちを解消できる人は何も特別な人だけではありません。忍耐力・自制心を鍛錬することで、あなたもイライラを抑えられるようになります。もしもあなたが日常でイライラするようなことがあれば、次の言葉を思い出してください。

①「本来の目標が達成できるならOK!」
②「自分が望んだものは実現できるはず!」
③「もしかしたら●●かも?」
④「自分は常に注目されている!」
⑤「どんな経験も笑いのエピソードに変えてやる!」

それぞれの言葉の解説は当記事を読み返していただければOK!これらの言葉の意味をよく理解して、あなたのイライラ解消にお役立てください。

今回ご紹介したことは、全てすぐに実践可能なことばかり。必ず実践をしていただくことをおすすめします!最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Next : »
Prev : «