できる営業マンの特徴10選!実践的なコミュニケーション術も紹介

できる営業マンには共通する特徴があります。それでは、できる営業マン達はどのような考え方や行動をしているのでしょうか?

できる営業マンに最短ルートで近く方法は、できる営業マンの特徴を「真似する」こと!早速、できる営業マンに共通する特徴をみていきましょう。

できる営業マンに共通する10の特徴!

できる営業マンに共通する10の特徴!

まずはできる営業マンに共通する10の特徴をご紹介していきます。あなたが自分自身に足りていないという部分は早速取り入れるように意識しましょう。自分自身に不足していると感じる部分をチェックしながら読み進めてください。

①小さな約束でも必ずまもる!

できる営業マンには小さな約束を守るという共通点があります。どんなに忙しい状況でも関わる人のことを考え、約束を守ることを優先します。

基本的なことですが、実際には徹底できていない営業マンも少なくありません。営業マンは自分から小さな約束を提案して、それを守り続けることが大切。そうすることで信頼を高めることができるのです。

②好感の持てる丁寧な接し方をする!

できる営業マンは仕事で関わる人に好感の持てる明るい人を演じきっています。しかし、人によっては電話を切ったあとに文句を言ったりする人もいますよね。

できる営業マンはそういった側面を一切、他人に見せません。それによって、気軽に相談しやすいキャラクターを勝ち取っているのです。電話やメールなどの対応も丁寧で、相手に面倒をかけない対応を心がけています。

③先を見据えた準備・行動を怠らない!

できる営業マンは先を見据えた準備や行動を怠らない特徴があります。できる営業マンは未来に向けて人脈や戦略を形成し、常にそこに向けた行動をしています。

反対にできない営業マンは目の前のことで精一杯になってしまうことがほとんど。できる営業マンにならって、少し先の未来を想定しながら行動することは大切です。

④万全なシミュレーションをしている!

できる営業マンは仕事におけるシミュレーションを怠らない人が多いです。例えば雑談の中で何気なく切り出す話題にも意味があったりします。その話題が本来の狙いの伏線になっているなど、目的に向けた展開を想定しているのです。

それは事前に会話のイメージを想定しているからこそできること。会議や商談などででは、事前シミュレーションの準備が必要な場面は多いです。関わる人に不安を与えないためにも、自信を持った対応ができるように意識しましょう。

⑤目標・数字への責任感が強い!

できる営業マンは目標や数字に対する責任感が強いという特徴があります。例え数万円でも目標に届かない時は、あらゆる手段を使って目標を達成するでしょう。目標達成に対するプライドややりがいを感じているのです。

目標や数字を追いかけることは強いプレッシャーに繋がるようなことが多いですよね。しかし、できる営業マンはそのプレッシャーを楽しんでいることも多いです。目標達成ができなかった場合も、失敗から反省点を見つけ、次回に活かそうとします。

⑥社内環境・スタッフへの気配りができる!

できる営業マンは社内環境やスタッフへのケアを怠りません。会社で仕事をしている以上、他のスタッフとの連携は必要不可欠。あなたがピンチに追い込まれた時にサポートしてくれる人がいなければ大変です。

そんな時にあなたを助けてくれる人は1人でも多いにこしたことはありません。できる営業マンはそんな時のために、普段から周囲への気配りを怠りません。

⑦鉄板のパターンを持っている!

できる営業マンはいわゆる「鉄板のパターン」を持っています。要するに「このパターンに持ち込めば絶対に勝てる」というパターンのこと。多くの場合、鉄板パターンを惜しみなく使って営業を勝ち取ります。

しかし、できる営業マンは鉄板パターンで反応が悪い時の予備パターンも用意しています。鉄板パターンで通用しない時に、他のパターンで対応ができる。というように、複数のパターンを用意して「勝ち」を掴みにいくのです。

⑧こだわり・プライドに執着しない!

できる営業マンはこだわりやプライドに執着しません。言い方を変えれば他人のアイデアを盗んで応用するのが上手です。

できる営業マンはアイデアの独自性にはこだわりません。当然ですが、そのままアイデアを盗用するのではなく自分なりにカスタマイズします。それを自分に取り入れてさらに大きな成果を獲得しにいくのです。

⑨トラブルと向き合う覚悟がある!

できる営業マンはトラブルと向き合う覚悟を持っています。反対にできない営業マンはトラブルを隠したり逃げようとしたりします。これは自分が怒られないようにする自己保身を優先しているだけ。

できる営業マンはトラブルをすぐに社内に共有して解決策を考えます。また、自分のミスではなくても矢面に立って解決に向けて動き出すのも特徴。トラブルがあっても誠心誠意で対応すれば、逆に信頼を得られることも多いです。トラブルこそチャンスだと考えて、ピンチでは逃げないようにしましょう。

⑩常にコミュニケーションを怠らない!

できる営業マンは常に仕事関係者とのコミュニケーションを怠りません。特に直接的な仕事の要件でなくてもお客さんと連絡を取り合ったりしているのです。また定期的にクライアントの会社を回ったりすることも。こういった細かい部分ができる営業マンには備わっています。

仕事といえども、結局は人間がしていることです。やはり近くにいて信頼ができる人に仕事を頼みたくなるのが人の気持ちというもの。そのため、常にお客さんやクライアントの側にいる印象を与えるべきなのです。

できる営業マンの7つのコミュニケーション術!

できる営業マンの7つのコミュニケーション術!

ここまではできる営業マンに共通する特徴をご紹介しました。続いて、できる営業マンが取り入れているコミュニケーション術をご紹介します。手のつけやすいものからで構いませんので、必ず取り入れてみてください。

①第一印象を意識する!

できる営業マンは第一印象を意識している人がほとんど。特に初対面の人が相手を評価する時は、見た目が非常に重要な要素となります。

髪型、ヒゲ、鼻毛、スーツのシワ・・・細かい部分まで気を配りましょう。清潔感を重視して最低限のエチケットを心がけましょう。

②会話のストックは常に豊富に保とう!

できる営業マンは会話のストックを豊富に用意しています。どんな話題にもついていくことができる人とは会話が弾みますよね。

逆に畑違いの話題にも参加できることは、それだけでも高評価に繋がります。日常的に色々なジャンルの情報収集を怠らないようにするのがベター。あらゆる会話についていける人には色々な情報が集まるようになります。

③相手の話を引き出す聞き方をしよう!

できる営業マンは相手の話を引き出すような聞き方を意識しています。営業となると、多くのことを喋って相手を圧倒することをイメージしがち。しかし、自分からガンガン押すのは、できない営業マンの特徴のひとつ。

どちらかと言えば相手の要望を上手に引き出す話術が必要なのです。そのためには相手の話を否定せず、話をさえぎらず、意見を整理しないこと。ここを徹底して相手の話に傾聴すれば、相手もあなたを信頼してくれるはず。

④リアクションは相手の話を引き出す魔法!

できる営業マンは上手なリアクションで相手の話を引き出しています。リアクションや相づちは会話を盛り上げる魔法のようなものなのです。

相手の話にうなずくだけでなく、リアクションのパターンを複数用意しましょう。できる営業マンは例外なくリアクションが上手です。

⑤メリット・デメリットの説明で信頼を誘う!

できる営業マンは商品・サービスのメリットとデメリットをバランスよく説明します。メリットしか説明できない場合は、逆に警戒心が持たれてしまいます。商品やサービスを説明する際はメリットの説明を最後にするのもひとつのコツ。

デメリットよりもメリットを多く説明すること。時には他社の商品と比較をするなどして中立な目線で提案をするのもいいでしょう。こういった誠意のある態度は相手の信頼を得るきっかけになりやすいです。

⑥お客様・クライアントはしっかり名前で呼ぼう!

できる営業マンはお客様やクライアントの名前をしっかりと覚えています。そして相手のことを「●●様」と名前で呼ぶことを意識しているのです。

名前で呼ばれると人は相手に親近感が湧くもの。そして、親近感がなければ信頼を勝ち取ることはできません。電話の際なども「●●様、お世話になっております!」と名前で呼びかけるのを忘れずに。このような細かい配慮の蓄積ができる営業マンには共通しています。

⑦連絡へのレスポンスが早い!

できる営業マンは連絡に対するレスポンスが早い人が非常に多いです。電話・LINE・メールなどの返信はできる限り早く返信をしましょう。迅速な対応で相手に不安を感じさせないことが重要なのです。

そして、ひとつひとつのやり取りを丁寧に行うことも大切。レスポンスの早さは信頼関係に直結する大切な要素なのです。

まとめ

まとめ

最短でできる営業マンになるためには、できる営業マンの特徴を真似すること。今回ご紹介した10の特徴を取り入れて、1日も早くできる営業マンになりましょう。

また、実践的なコミュニケーションのコツもお話しました。あなたが着手しやすい項目からでいいので、必ず実践に取り入れるようにしてください。そうすれば、あなたは必ず今よりもできる営業マンに近づけるはずです。

Next : »
Prev : «