【ビジネススキル】成功するビジネスマンに共通する12のスキル一覧

当記事ではビジネスマンとして必要なスキルの一覧をご紹介します。

「成功するビジネスマンにはどんな共通点があるの?」
「何をどうすればビジネスマンとしてスキルアップできるの?」
「どう努力すればビジネススキルが身につくの?」

そんな悩みを抱えている人に、最後まで目を通して欲しい内容です。

ビジネスマンとしてのスキルアップのコツ!


人材育成を行なっている企業などでは「ビジネスマンとしてのスキル」に関する相談が多いそうです。
しかし、中には次のような意見もあるそうです。

■自己啓発セミナーに巨額を投資して失敗した。
■マーケティング研修を受けて失敗した。
■ビジネスマン向けのセミナーを受講して失敗した。

このような失敗談は決して珍しいものではありません。もちろん、セミナー・研修などを否定しているわけではありません。

しかし、このようなセミナーなどに「依存」をするのは良くないこと。では、一体、セミナーに依存をすることの、何が危険なのでしょうか?

セミナーや研修に依存することのリスク

ビジネスマン向けのスキルアップ研修やセミナーの内容は、基本的に次の2種類です。

①ビジネスマンとしてのマインド
②ビジネス、売り方

ビジネスマン向けの研修やセミナーのほとんどは上記の2点に終始しています。確かにこの2点はビジネスマンにおいての大切なスキルではあります。

しかし、この2点だけに集中することがリスキーなのです。ビジネスマンにとって必要なスキル一覧を後述するので、バランスよく学びましょう。

偏ったセミナー・研修に集中すると、どうなる?

仮にあなたがマインド研修のみに集中して受講したとしましょう。その結果、あなたのモチベーションは確かに高まるかも知れません。

しかし、そのモチベーションの行き先が「本当の正解」とは限らないのです。間違った方向に向けてモチベーションが高まってしまえば大変です。考えられる結果としては、次のようなパターンに陥るケースです。

■顧客視点でのサービスが提供できなくなる。
■研修やセミナーに依存し、支払いに追われてしまう。
■指導者のマインドに洗脳されてしまう。
■本来の自分の意思を見失ってしまう。
■思わぬ形で高額セミナーなどに誘導されてしまう。

ここで挙げたのは、ほんの一例です。そして、いま挙げたようなケースに当てはまるようなら、本末転倒という事になります。ビジネスマンとしてのスキルアップを望んでいたのに、ここまでくると方向性を見失ったことになってしまいます。ビジネスマンとしてのスキルを偏りなく高めるために、当記事の一覧表を活用しましょう。

ビジネスマンとして「バランスの良い」スキルアップを!

ビジネスマンとして成功するのは「バランスの良い」スキルアップを目指すこと。何かの要素に偏った学びでは、ビジネスマンとして大成するのは難しいです。そして、バランスの良い成長ができれば、あなたも会社も必ず伸びていきます。そこで、どのような意識を持ってスキルアップを目指せばいいのか?そこで、ビジネスマンとして必要なスキル一覧を、ご紹介させていただこうと思います。

成功するビジネスマンに共通する12のスキル


成功するビジネスマンには12個の共通点があります。そして、ビジネスマンとして成功するための近道は、その共通点を真似すること。実際の成功者達の共通点をひとつひとつ身につけていきましょう。それでは、最初に、ご紹介する12個の能力・スキルについてご紹介をしておきます。

1.主体力
2.巻き込み力
3.徹底力
4.プレゼンテーション力
5.ヒアリング力
6.把握力
7.メタ認知力
8.規律力
9.メンタル耐性力
10.課題発見力
11.計画立案力
12.創造力

これらの12個のスキル・能力を偏りなく身につけるのがベストです。どれも今すぐに取り組めるものばかりです。当記事の一覧表を参考にして、すぐにでも取り組みをスタートさせましょう!

【1】主体力

主体力とは、物事に対して進んで取り組んでいくスキルのことを指します。受け身の姿勢だと、物事の考え方が受け身であることに慣れてしまいます。これでは、発想力が乏しくなってしまい、パフォーマンスの高い仕事はできません。そこで、新たな発想や価値観で業務を生み出すような主体力が求められます。
あなたの置かれた環境下で、あなたの価値を発揮するためには必要な要素です。

【2】巻き込み力

巻き込み力とは、仕事の際に他人に働きかけるスキルのことを言います。大小に関わらず、集団の中でリーダーシップを発揮できる人っていますよね?その人は「巻き込み力がある人」というようなイメージです。このスキルを持っているだけで、組織からは重宝されやすくなります。新しい動きや業務を生み出す際に絶対に必要になるスキルだと言えます。

【3】徹底力

徹底力は目標設定/するべきこと/目標を遂行する・・・というスキルです。目標にコミットし、手を抜かずに仕事を完遂するまでが、徹底力だと言えます。徹底力の高い人材として認知されるようになれば、仕事でも次のステップが見えてきます。また、それに伴い、リーダーなどのポジションを任される機会が増加するでしょう。

【4】プレゼンテーション力

プレゼンテーション力は略して「プレゼン力」とも言われます。これは発信・伝達をするスキルのことです。

つまり、あなたの思いや考えを、誰にでもわかりやすく伝えるスキルを指しています。営業職などのコミュニケーション職の人にとっては必須スキルと言えるでしょう。それだけでなく、企画・商品開発に携わる人にとっても必要な能力。ビジネスマンとしてのスキルを求めるなら、どんな人でも持っておくべきスキルです。

【5】ヒアリング力

ヒアリング力のスキルを得るためには、相手の意見を丁寧に聴く力が求められます。一般的に意識するべきなのは「傾聴力」と「質問力」です。
特に「傾聴」はビジネスマンにおいて重要なスキルだと言えます。傾聴とは「耳ではなく、心で相手の話を聴く」ということ。このスキルは上司としても、部下としても、色々な現場で必要不可欠なスキル。コミュニケーションやビジネスの基本は「相手の話を上手に聴く」ことです。

【6】把握力

把握力もビジネスマンにとって必要なスキルのひとつ。これは物事を柔軟に捉えた上で、意見や立場の違いを理解するスキルを指します。これにより、柔軟で臨機応変な対応ができるビジネスマンになれるのです。ビジネスマンとして、客観的な目線での「把握スキル」を身につけましょう。

【7】メタ認知力

メタ認知力もビジネスマンには欠かせないスキルです。メタ認知力とは、自分と周囲の人々や物事との関係・状況を客観的に把握する力のこと。このスキルが身についている人は客観的な見解、意見が出せるようになります。さらに、主観的な意見を持つことで、総合的なビジネスマンスキルが身につきます。

【8】規律力

規律力もビジネススキルとしては非常に大切です。社会には漏れなく「ルール」があります。そして、人と人の間にも見えない「ルール」があるのです。これはビジネスシーンや社会では基本のこと。そんな規律を守って周囲をリードしていく力はビジネスマンに不可欠。「チームワーク」という言葉はまさに規律力のことです。

【9】メンタル耐性力

メンタルの耐性もビジネスマンに必要なスキルのひとつ。これはあらゆるストレスの要因を特定し、ストレス対策ができるスキルです。ストレスを受けた際にどのように捉え、どのようにストレスを消化するかという部分。現代はストレス社会ですから、このようなスキルは非常に大切です。

【10】課題発見力

課題発見力もビジネスマンにとって必要なスキル。課題発見力とは、現状分析や目的・課題を明らかにするスキルのことです。ビジネスマンは自分の課題や目標設定が極めて重要ですよね。そんな時に、このスキルが身についていないと困ります。

【11】計画立案力

計画立案力もビジネスマンとして忘れてはいけないスキルです。これは課題の解決に向けたプロセスや準備をこなすスキル。課題や目標だけが見えても、それまでの道筋が見えないと達成は難しいですよね。そして、仕事は1人でするものではありません。周囲の人たちを目標達成に向けて先導するためにも、このスキルは大切です。

【12】創造力

最後に紹介するビジネスマンとしての欠かせないスキルが創造力。これは会社に新しい価値を生み出す力です。企業は常に進化していなければ、生き残っていけません。常に会社に新しい流れを促し続け、代謝を促し続ける必要があります。あなたの所属する企業が強くあるために、創造力は重要なスキルになります。

まとめ


成功するビジネスマンに共通する12のスキル一覧をご紹介しました!「できるサラリーマン」の共通点を真似すれば、あなたもビジネスマンとして、今よりもスキルアップできるでしょう。それぞれのスキルを偏りなく手に入れて、ビジネスマンとしてのスキルアップに役立ててください!最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Next : »
Prev : «