起業の成功例はアイデアがいっぱい?成功例から学ぶべきアイデア

起業はリスクが高いとものと思っている人も多いでしょう。確かに、会社を辞めて起業した場合には、安定した収入が確保できなくなるのでリスクが高いと言えます。しかし、起業にあたってしっかりとアイデアを練って土台を固めていれば、起業のリスクを抑えることが可能です。

そこで今回は、起業で成功した人の成功例を見ながら、起業のアイデアについて検討してみましょう。

起業の成功例や失敗例からアイデアを得る

起業の成功例や失敗例からアイデアを得る

会社勤務を続けながら起業する場合は、安定した収入を得ながらの起業なので、リスクが低いと言えます。しかし、会社を辞めて完全に独立して起業する場合は、安定した収入が得られなくなるのでリスクは高まります。

「会社勤務を続けながら起業すればいいのでは?」と思った人もいるかもしれませんが、副業を禁止している会社もあるため、そのような場合は会社を辞めて起業するしか方法はありません。

会社を辞めて起業することは確かにリスクが高いですが、土台部分をしっかり固めてから起業すればリスクを抑えられます。起業の成功例や失敗例を見て、起業のアイデアを得る・どのような点に注意すればいいのか考えれば、しっかり土台部分が固まるため、リスクを抑えながら安定した起業につなげられるでしょう。

ニッチ市場における起業での成功例

ニッチ市場における起業での成功例

ニッチ市場とは市場の隙間を意味しています。市場であまりシェアを占めていないような小さな市場や専門的なジャンルで起業するということです。ある程度の需要が期待できるニッチ市場の場合は、ライバルがいないことで市場を独占できるため、大きく成功できる可能性が高いと言えます。

一方、ニッチすぎる市場の場合には安定した需要が期待できず、むしろ企業リスクが高くなるので注意が必要です。ニッチ市場で起業して成功した会社はどのような会社があるのでしょうか?ニッチ市場の成功例は以下の4つです。

  • セブンイレブン
  • 塚田農場
  • 大型サイズの専門店
  • OKwave

それぞれの成功例について見ていきましょう。

セブンイレブン

セブンイレブンといえば、大手コンビニチェーンの1つです。セブンイレブンは7時から23時までの営業時間でしたが、24時間営業に変更して大成功しました。深夜時間は日中と比べると需要があまり期待できませんが、「セブンイレブンは、いつ言っても営業している」という印象を与えることで注目を集めました。

現在は、「コンビニ=24時間営業」というのが当たり前になってしまっていますが、当時は真似したくても他のコンビニチェーンはすぐに真似できませんでした。そのため、大きな宣伝効果があったと言えます。

出勤する人や帰宅する人が利用しやすいように営業時間を設定するという常識を覆して、誰も営業していない隙間時間を狙った成功例です。例えば、飲食店を起業する場合には、ある程度の需要が期待できるのであれば、日中ではなく深夜などに営業することも1つの選択肢と言えるでしょう。

塚田農場

塚田農場という居酒屋をご存知でしょうか?飲食店業界は入れ替わりが激しく、起業したものの撤退する人が多いジャンルです。しかし、塚田農場はこだわりのサービスで驚異のリピート率5割という数値を出していると言われています。

例えば、メニューの説明をスタッフ全員ができる状態にしている、スタンプカードは来店回数に応じて主任から会長に出世するなど、真面目なサービスに加えて遊び心があります。また、帰りにはお土産を持たせてくれるなど、「もう一度食べに来たい」と思わせる工夫も心掛けています。

他の店よりも少しサービスを良くするだけでも、より良いサービスを求めている人たちの需要に応えることで成功した成功例と言えるでしょう。

大型サイズの専門店

ニッチ市場で成功した成功例の代表格が大型サイズの専門店です。例えば、足のサイズが大きい、身長が高い、体のサイズが大きい人たちは、一般的な店ではサイズを取り扱っていないことが多いため、自分に合ったサイズを探すのに苦労します。

このような悩みを抱えている人はかなり多いとは言えませんが、確実に需要があります。そのため、このようなある程度の需要が確実に期待できるニッチ市場で起業すれば起業のリスクを大きく抑えることが可能です。

一般的な店は、数多くの種類を取り揃えることで様々な需要に対応していますが、何でも取り揃えていることが逆に探しにくいにつながる可能性があります。ターゲットを絞れば「これだけを見たい」という人の需要に応えられることから、より多くの人に足を運んでもらいやすくなるでしょう。

OKwave

Q&Aサイトはいくつかありますが、OKwaveは利用者目線で使いやすいサービスを心がけることで成功した成功例です。Q&Aサイトの中には誹謗中傷など、利用者目線に立っておらず、聞きたいことを聞けないサイトもあります。

OKwaveでは、回答を書き込んでくれた人に「ありがとうポイント」というポイントを発行しています。このポイントが多い人は、ランキング上位者として表彰されるだけでなく、オリジナルグッズを受け取ることが可能です。

まともな回答をせずに誹謗中傷をする人を通報できるなど利用者目線に立ったサービスを心がけることも、安定した需要が期待できると言えるでしょう。

前職の経験を活かした起業成功例

前職の経験を活かした起業成功例

成功例からアイデアを得て、自分の起業の基礎をしっかり固めれば、リスクを抑えながら起業することが可能です。起業は、勢いのある30代や40代がするものと考えている人もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは言えません。

これまで積み重ねてきた前職の経験を活かして50代や60代になって起業する人もいます。例えば、前職の経験を活かして起業で成功した成功例は以下の3つです。

  • 営業職から代理店
  • 駐在経験を活かしてコンサルタント
  • 新聞記者からフリーライター

それぞれの成功例について見ていきましょう。

営業職から代理店

前職で営業の仕事をしていた人は、一般的な人よりも営業先を多く抱えているなど人脈が豊富です。そのため、代理店ビジネスを起業すれば、その人脈を活かして安定した収入が期待できます。

何の経験もなく代理店ビジネスを始める場合には、新規に顧客を獲得する必要があるため、起業してから苦労する可能性が高いと言えます。しかし、営業職経験者であれば、人脈を活かせるので起業してからのスタートダッシュに成功しやすく、起業リスクを抑えられるでしょう。

駐在経験を活かしてコンサルタント

前職が国内の勤務ではなく、海外に駐在していた人もいると思います。そのような場合は、駐在場所での知識や経験を活かして、海外に進出しようとしている企業のコンサルタント・旅行のコンサルタントを手掛けるという起業方法もあります。

ニッチなエリアの場合は、特にコンサルタントの希少価値が高くなるため、起業で大きく成功することが期待できるでしょう。

新聞記者からフリーライター

新聞記者からフリーライターとして起業するのは、営業職から代理店ビジネスを起業することに似ている部分があります。新聞記者として勤めている間にできた人脈を駆使すれば、起業後にも独自のルートでの取材が可能になるため、希少価値が高くなります。

ある程度の強いパイプを作ってから起業しておけば、起業直後に仕事がなくて困ることもないでしょう。

まとめ

まとめ

会社を辞めてから起業する場合は、安定した収入が得られなくなるため、リスクが高いと言えます。そのため、起業する際は、起業した人の成功例などを見て、自分のアイデアをより良いものにしていくことが重要です。

例えば、他の人があまり参入していないニッチ市場では、ある程度の需要が確保できれば安定した需要が期待できます。起業してからスタートダッシュでうまく成功するためにも、起業で成功した人の成功の裏に潜んでいる秘訣を見つけてみましょう。

Next : »
Prev : «