【保存版】アファメーションを仕事に応用する12のポイント・コツ!

あなたはアファメーションという言葉を聞いたことはありますか?

アファメーションとは意識的にポジティブな言葉を使い、潜在意識をネガティブからポジティブな状態に書き換えること。アファメーションを応用すれば仕事・ビジネスシーンにも活用が可能です。しかし、アファメーションにはコツやポイントがあります。そこで当記事ではアファメーションを仕事に応用するコツやポイントをご紹介します。

アファメーションの概要!


アファメーションとは言葉を使って理想の自分を手に入れるための思い込みのこと。まずは理想の自分に相応しい言葉を見つけ、次のようなことをするのが基本です。

■理想の自分に相応しい文章を作る
■その文書を何度も読む
■その文章を何度も口に出してみる

このように理想の自分に相応しい文言を見たり聞いたりすることで、ポジティブな思い込みを作り出すのです。

「自分はやればできる」
「自分は●●の力がある」
「自分は仕事ができる」
「自分は必ず目標が達成できる」

そんな思い込みを自分に持たせることで、理想の自分に近づけていく技法のこと。アファメーションを身につければ、次のような場面で効果を実感できるようになります。

・やる気を高めたい時
・プレッシャーに打ち勝ちたい時
・リラックスしたい時
・ピンチを切り抜けたい時

上記で挙げた以外にも多くの場面で役に立つスキルとなります。思い込みの力を利用し、無意識のうちに積極的な考えや行動ができるようになるのです。当然、仕事や人生にも役立つスキルとして色々な場面で活用ができます。

アファメーションがうまくいかない人の特徴


アファメーションがうまくいかない人には、5つの特徴があります。この項目では、その特徴をわかりやすく解説します。アファメーションのコツ・ポイントを掴む前に、まずはうまくいかない人の特徴を把握しましょう。

【1】アファメーションの際の「文章」に間違いがある

アファメーションを仕事に応用するには「文章の内容」が非常に重要です。アファメーションで唱える文章に間違いがあると、効果は発揮できません。アファメーションは全て肯定的な言葉で書かれた文章である必要があるのです。

自分では気が付かないうちに否定的な言葉が入っていないか確認をしましょう。また、「こうなりたい!」「こうなった!」と断言するのも非常に大切なこと。曖昧な表現は避けて、具体的に断言をするということに意識的になりましょう。

【2】アファメーションをしていない時にネガティブになりやすい

アファメーションをしていない時間にネガティブな感情が多い人も効果が発揮できません。どんな人もアファメーション中は一生懸命ポジティブになろうと思っているはず。

しかし、それ以外の時間にネガティブな感情が多い人は少なくありません。アファメーションをしていない時間も、アファメーションの文章通りの未来を常に思い描いて過ごす習慣を身につけましょう。そうすることでアファメーションを人生や仕事に反映させることができるようになります。

【3】感情を込めてアファメーションをしていない

アファメーションをする際には感情を込めて言葉を唱えることが最低条件。そうしなければ当然ながら効果は薄れてしまいます。自分の強い気持ちや理想を込めてアファメーションをすることが大切。そうすることで潜在意識に働きかけ、アファメーションの効果を発揮できるのです。

「感情を込めるのが苦手」
「自分の想いを声にするのが恥ずかしい」
「自分の考えを堂々と口にできない」

そういった人も中にはいると思います。しかし、ここは理想の自分を掴むためにも真剣に取り組んでください。仕事や人生のためにアファメーションを行うなら、感情も強い表現になるはずです。感情を込めないアファメーションは「ただの言葉」を呟くだけになってしまいます。これでは効果を得られなくても仕方ありませんよね。アファメーションに取り組む際には、必ず強く理想や感情を込めた言葉を唱えるように意識してください。

【4】リラックスしてアファメーションに取り組めていない

アファメーションの際には必ずリラックスできる状態で取り組みをしましょう。リラックスして自分の言葉を素直に受け入れられる状態でアファメーションを行うことは、非常に大切な要素のひとつ。そうしなければ潜在意識への働きが鈍くなるとされています。

とはいえリラックス状態でアファメーションをするのは簡単なことではありません。しかしそこはある種の開き直って自分の理想に目を向けることが重要です。リラックスした状態でアファメーションを行えば、その楽しさが実感できるはず。その体験が1度でもあれば、次にアファメーションをする時には完全にリラックスした状態でアファメーションをすることができるでしょう。おすすめは湯船にしっかり浸かり、リラックスできる服装に着替えること。そして、就寝の寸前にアファメーションをすることです。

【5】アファメーション開始から1ヶ月未満

アファメーションは1ヶ月以上経過してから効果が実感できるもの。開始から1ヶ月未満でアファメーションの効果を十分に実感することは難しいです。アファメーションは即効性があるものではありません。長い期間継続することで、自分の潜在意識に理想を刷り込ませていくものです。そのため開始から1ヶ月未満で効果がないという判断をしてしまうのは勿体無いです。

何よりも怖いのはアファメーションを途中で辞めてしまうこと。せっかく潜在意識に働きかけてきた時期に取り組みを辞めてしまうと、叶うはずだった願望を逃してしまいます。アファメーションは1回の取り組みに長時間を要するわけではありません。だからこそ気長に取り組みを続けることを意識しましょう。

アファメーションの根本的な考え方


アファメーションには基本的な考え方があります。アファメーションのコツを掴む前にまずはこの基本系を理解しましょう。そうすることで、アファメーションはより仕事に応用しやすくなります。

【1】アファメーションは「言霊」を使う行為だと理解しよう!

アファメーションは自分で作った肯定的な文章を潜在意識に刷り込むという行為。そして、アファメーションで使う言葉は「言霊」でもあります。言霊とは「言葉に宿るスピリチュアルな力」のこと。あなたの理想を実現するための肯定的な言葉にスピリチュアルの力を載せることで、潜在意識に強く働きかけることができるのです。

アファメーションに即効性がないことは前の項目でもお話しましたね。それは、人間の思考の多くはネガティブものが多いからです。その習慣化したネガティブな考えを、アファメーションによって潜在意識に問いかけて変化させていくのです。アファメーションで取り扱う言葉は言霊だという自覚を持って、自分自身をポジティブにできる言葉を選びましょう。

【2】自分の意識・行動を根本的に変えていこう!

アファメーションによって潜在意識に願望や理想を刷り込ませていけば、行動や発言にも影響が出てきます。その変化は自然な形で訪れ、徐々に発言や行動が変化していくのです。ごく自然に変化が生じるので、周囲の人もあなたの変化に気が付かないかもしれません。

しかし、アファメーションに取り組んでいる本人はふとした瞬間に「あれ?」と気がつきます。それがアファメーションの効果です。この段階に突入すれば、仕事や人間関係など、多くのシチュエーションであなたはこれまで以上に能力が発揮できるようになるはずです。

【3】とにかく前向きな姿勢・思考をキープしよう!

アファメーションは前向きな姿勢・思考のキープが非常に重要です。人の心は無意識のうちに考える思考があり、これが潜在意識と呼ばれています。その潜在意識を動かすことが期待できるのがアファメーション。アファメーションを行うことで自然かつ確実に自分を変えていくことができます。自信のない人も自然と自信が持てるようになるのです。

そもそも自分に自信がなかったり、ネガティブな人も頑張ってポジティブな言葉を唱えるように意識しましょう。あなたが望めば、その望みはそのまま現実化できると信じてください。そして、その結果のために前向きな姿勢や思考をキープするようにしましょう。これがクセになれば、仕事上でのあなたも実力を十分に発揮できるようになるはずです。

【4】成功する自分の姿をイメージしながら言葉を唱えよう!

アファメーションは成功する自分の姿をイメージしながら取り組むことが大切。そこに対して強い想いや想像力がなければ、アファメーションは成り立ちません。アファメーションが失敗する理由は「成功するイメージがない」からです。強い成功のイメージがあり、理想を掴めた自分の姿をイメージしつつ言葉を唱えましょう。難しいと感じるかもしれませんが、実際には自分が願った文章を唱えるだけです。

そのため、当然、願ったイメージや光景、理想的な自分の姿は想像ができるはず。やみくもにポジティブな言葉を唱えるのではなく、成功後の自分をイメージしながらアファメーションを行いましょう。

アファメーションの効果を実感するコツ!


アファメーションを会得し、仕事に応用するまでは時間がかかるものです。そのため「本当に効果があるの?」「本当に仕事に応用できるの?」と不安になることもあるでしょう。そこで、アファメーションの効果を実感するコツをご紹介します。この項目でお話する内容を意識して取り組めば、アファメーションの効果や仕事への応用がしやすくなるでしょう。

【1】ぼ〜っとしてる時間にアファメーションをするのが効果的!

アファメーションの効果を実感するには、ぼ~っとしている時間に行うのがおすすめ。特に寝る直前に行うのが効果的とされています。ぼ〜っとした時間にアファメーションを行うと、自然とリラックス状態が手に入ります。それにより潜在意識に働きかけることができるのです。

寝る直前にアファメーションをする時間を作れば、アファメーションの効果もアップします。翌日の仕事に向けて前向きなイメージができるようになるという意味でもおすすめです!

【2】声に出して言葉を唱えた方が叶いやすい!

肯定的なイメージをするだけでなく、実際に声に出してアファメーションを唱えることは非常に大切です。声にすると具体的なイメージを形どりやすく、自分の声を耳で聞くことにもなるため、効果を実感しやすくなります。何事も思っているだけよりも、声に出した方がやる気になりますよね?
それと同じように、肯定的な言葉を声に出すと、理想的な自分になるために潜在意識が動き出してくれるのです。

リラックスした時間帯に声に出してアファメーションに取り組みましょう。仕事をアファメーションに取り入れる際はネガティブなワードが出てきやすくなります。しかし、そこはあなたの理想だけに視点を向けて、肯定的な言葉だけを唱えるようにしてください。

【3】鏡の前で自分の目を見ながら唱えよう!

鏡の前に立って自分の目を見てアファメーションを行うのも効果ありです。自分の目を見つめると、自分自身に問いかけている気分になります。自分自身に言い聞かせるということはアファメーションの基本中の基本。自分の中の潜在意識に問いかけることでアファメーションの効果が発揮されるのです。なかなかアファメーションの効果が実感できない人は、鏡の自分に向かって願いを言ってみることもおすすめです。また、自分が仕事の上司になったつもりで、鏡の中の自分に対して仕事について褒めてあげると、仕事面での自信も持ちやすくなるでしょう。

まとめ


以上がアファメーションを仕事に応用する12のポイント・コツでした。アファメーションを仕事に応用するためには、まず自分の潜在意識に問いかけることが最重要。そして、常に肯定的な言葉で自分自身を前向きにし、ポジティブなイメージを日常に巡らせることが重要です。

アファメーションは開始後すぐに効果が実感できるわけではありません。そのため、時間をかけてゆっくりご自身の潜在意識に働きかけることが大切です。当記事を参考にして、あなたの仕事にアファメーションを応用していただければ幸いです。

Next : »
Prev : «