AI時代に残る50の仕事&AI時代到来で無くなる50の仕事

AI=人工知能が加速度的に進化している昨今は「AI時代」とも呼ばれています。AIは各所で目覚ましい進化を遂げており、その活躍の場は広がりつつあります。そんな中、AIの進化により無くなってしまう職業が心配されています。そんなAI時代にはどんな仕事が残るのでしょうか?

そしてAI時代の到来で淘汰されてしまうのは、どんな職業なのでしょうか?当記事では、そんな「AI時代に残る50の仕事&AI時代到来で無くなる50の仕事」をご紹介します。

AIの進化が人間の仕事を大きく変える!?


AI時代に残る仕事、無くなる仕事をご紹介する前に、ひとつだけ質問です。あなたは「シンギュラリティ(技術的特異点)」という言葉をご存知ですか?シンギュラリティとは、AIが加速度的成長をすることで、人工知能が人間の知性を超える、その到達点のことです。このシンギュラリティは2045年付近には生じるとも言われています。

AIの台頭による人間の仕事への影響

AIが加速度的に進化している今、今後AIに奪われることが懸念される職業もあります。あまり悲観的に考える必要はないのですが、AIの台頭が続けば、実際にそういった不安の声が今よりも聞こえてくるはず。そんな時に焦らないようにするためにも、以下の2点を事前に見極めておきましょう。

■AI時代に残る仕事
■AI時代に淘汰される仕事

それでは、次の項目では、実際にどんな職業が上記に当てはまるのかをご紹介します!

AI時代に残る50の仕事


ここではAI時代に残る可能性の高い職業を50個ご紹介します。
今回の一覧を参考に、近い将来に向けた計画的な動きをスタートしましょう!

■精神科医
■言語聴覚士
■中学校教員
■外科医
■教育カウンセラー
■バーテンダー
■助産師
■ゲームクリエーター
■旅行会社のカウンター係
■フードコーディネーター
■小学校教員
■経営コンサルタント
■ネイルアーティスト
■保育士
■スポーツインストラクター
■雑誌編集者
■エコノミスト
■グラフィックデザイナー
■観光バスガイド
■DJ
■ファッションデザイナー
■ペンション経営者
■ツアーコンダクター
■犬訓練士
■内科医
■ソムリエ
■報道カメラマン
■インテリアコーディネーター
■映画監督
■舞台演出家
■俳優
■アナウンサー
■芸能マネージャー
■コピーライター
■学芸員
■声楽家
■作詞家
■作曲家
■評論家
■料理研究家
■美容師
■漫画家
■手話通訳者
■社会福祉施設介護職員
■声優
■看護師
■動物園飼育スタッフ
■ホテル・旅館支配人
■化粧品訪問販売員
■編曲家

上記のような、AI時代に残る職業に共通しているのは以下のポイントです。

・人間の感情
・創造性
・教育

上記の3点の共通点を満たしている職業はAI時代でも生き残りやすいようです。AIが進化しても、クリエイティブや人間の心に寄り添うような部分は、やはり人間の専売特許とされている傾向にあります。

AI時代に無くなる50の仕事


ここではAI時代に無くなる可能性の高い職業を50個ご紹介します。
AI時代に残る仕事同様にチェックしてみてください!

■電車運転士
■経理事務員
■包装作業員
■路線バス運転手
■じんかい収集作業員
■郵便外務員
■学校事務員
■ビル清掃員
■銀行窓口係
■計器組立工
■金属製品検査工
■給食調理人
■スーパー店員
■弁当・惣菜類造工
■新聞配達員
■マンション管理人
■通関士
■ホテル客室係
■自動車組立工
■警備員
■測量士
■タクシー運転手
■刑務官
■秘書
■航空管制官
■プログラマー
■税務職員
■行政書士
■税理士
■航空自衛官
■弁理士
■機械修理工
■クリーニング師
■自動車板金工
■原子力技術者
■型枠大工
■公認会計士
■不動産鑑定士
■家政婦
■稲作農業者
■ラーメン調理人
■鍛造技術者
■社会保険労務士
■OA機器販売員
■司法書士
■国際公務員
■臨床検査技師
■信用金庫渉外係
■テレフォンアポインター
■大工

以上がAI時代にAIが人間にとって変わることで、無くなるリスクの高い職業でした。該当の職業に就いている、もしくは就こうと考えている人にとってはショッキングな内容だったかも知れませんね。しかし、この一覧にある職業がすべてAIに奪われてしまうとは限りません。ここで紹介しているのは、あくまで代替確率の高いとされている職業。代替確率の高い職業とされるものには、基準があります。

■単純
■繰り返し作業
■高速化すると効率がアップする

上記を満たしているものは、「代替確率が高い職業」とされています。そのため、AIに仕事が奪われるリスクも高いのです。また、決まったフォーマットに文章や数字を入力するような作業も学習能力の高いAIに仕事を奪われるリスクがあります。

AI時代を生き抜くヒント


AI時代に突入すれば「残る仕事」「無くなる仕事」は徐々に明確になってきます。
実際、少し前よりも今の方が、こういった話題は各所で触れられるようになっています。

「今の自分の職業は将来どうなるのだろうか?」
「このまま今の仕事でも生きていけるのだろうか?」
「転職を早く考えなければいけないのではないだろうか?」

そんな不安を持っている人も決して少なくはないはずです。そこで、当記事で紹介したリストを参考にしていただければ幸いです。

大切なのはAI時代に向けた準備!

ここで紹介した「残る仕事」「無くなる仕事」は必ずしもその通りになるとは限りません。しかし、実際にその仕事に身を置いている人たちにとっては人ごとではないはず。大切なのは、問題を先送りにしないこと。そして、少しでも将来を見越した対策や行動を実践すること。これが安定した未来を手にする鍵になるはずです。

終身雇用神話の崩壊以降、転職は必ずしもマイナスなことではなくなりました。むしろ、あなたのキャリアアップのための有効な手段のひとつでもあります。それに、AI時代を迎えるにあたり、当然、生活にもプラス面は数多く見えてきます。悲観的になりすぎず、AI時代の到来に向けて、準備をしておくことが何よりも大切です。

まとめ


以上がAI時代に残る50の仕事&AI時代到来で無くなる50の仕事でした。また、当記事ではシンギュラリティ(技術的特異点)やAI時代を生き抜くヒントをお話しました。AI時代の到来により、今よりも世の中は遥かに便利になるでしょう。

しかし、その反面、AIに取って変わる仕事は確実に増加していくはずです。そういった時代にいざ直面した時に、焦らないようにするためにも、今回のリストを参考にしてください。そして、あなたの充実した豊かな人生プランの設計にお役立ていただければ幸いです。

Next : »
Prev : «