全3タイプの仕事の劣等感を克服して解消する7つのポイント!

あなたは今の仕事に劣等感を感じることはありませんか?もしも、あなたに心当たりがあるなら、まずは劣等感の根源を知りましょう。劣等感は、過去に周囲から低評価を受けることで作られます。

その低評価に苦しみ、自分もその評価を受け入れてしまうと、劣等感はさらに強まります。そうすると「どうせ自分は・・・」と、劣等感のレッテルを自分に貼ってしまうのです。同時に、劣等感は周囲からの攻撃を守る、防衛手段でもあります。

・「あなたに言われなくてもわかってる」
・「自分がこうなのは自分が一番知っている」

こう思い込むことで、外的から自分を守る手段のひとつというわけです。このような劣等感の根源・原因を知ること、理解すること。これが、劣等感を解消するための最も効果的な手段になります。そこで、今回の記事では、劣等感を克服するための解決法をお話します。最初に、仕事の劣等感には、3種類のタイプがあることをご紹介していきます。

①仕事の「劣等感」には3種類のタイプがある!


仕事の劣等感には、大きく分けて、3種類のタイプがあります。その3タイプが次のものです。

【A】攻撃型タイプの劣等感

【B】自慢型タイプの劣等感

【C】不幸アピール型タイプの劣等感

ほとんどの劣等感は、この3種類のうちのどれかに当てはまります。そして、事前に知っておいて欲しいことがあります。それは、劣等感を持つ人の多くは、自分の劣等感を自覚していないということです。

しかし、あなたの言動を客観的に見ている周囲の人には、確実に伝わっています。周囲から見て、あなたが劣等感を持っているように感じられると、どうなるでしょうか?そうなると、他人はあなたに「低い評価」を下してしまうことが多いです。こうなると、あなたは劣等感をますます強く感じることになってしまいます。こうなると、劣等感が「負の連鎖」に入り込んでしまいます。

まずは3種類の「代表的な劣等感」をご紹介します。そして、あなたがどのタイプに当てはまっているのかを把握しましょう。それが、あなたの劣等感を克服する、近道になります。

【A】攻撃型タイプの劣等感

攻撃型タイプの劣等感についての解説です。仕事で自分が評価されていない状況で、批判的な言動をしてしまうことはありませんか?もしも当てはまるようなら、あなたは、このタイプに分類されます。自分が評価されていない分野で、高い評価を受ける人に対しての嫉妬心を感じやすい。そういった人も同様に、このタイプだと言えます。

次のような具体例を挙げるとイメージしやすいかも知れません。

・お金持ちに対して「どうせ悪いことでもしてるんじゃないの?」と批判しがち。

・成功者が落ちぶれることを見ると喜んでしまう自分がいる。

このような攻撃性の劣等感を持っている場合、注意しなければなりません。なぜなら、中には、評価してくれない人や、社会に対して牙を向く人もいるからです。あなたがいくら劣等感を感じても、人を傷つけて良い訳ではありません。後述する劣等感への対策を読んで、劣等感の解消に努めましょう。

【B】自慢型タイプの劣等感

次に自慢型タイプの劣等感の解説です。あなたが普段から自慢話が多いタイプの方なら、このタイプに分類されます。別名で「優越コンプレックス」と言われることもあります。これは、あなたの劣等感を隠すために表れる態度です。

ここでも具体例を挙げますので、イメージしてみてください。

・貧乏という劣等感を隠すために、少しの臨時収入を自慢する。

・自分の無知を隠すために、知識をひけらかす。

・仕事で評価されない劣等感を隠すために、学歴を自慢する。

このような行動に心当たりがあるなら、あなたは自慢型タイプの劣等感を持っています。自慢や優越感は、劣等感の裏返しでもあります。本当に自信がある人、実績がある人、実力がある人は、自慢話をしない人が多いです。しかし、あなたがこのタイプだと分類されても安心してください。後述する対策を読めば、しっかりと劣等感を解消できるようになります。

【C】不幸アピール型タイプの劣等感

最後に不幸アピール型タイプの劣等感をご紹介します。劣等感を打ち明けることで、人に慰めて欲しいと思うタイプの人を指します。基本的に、他人からすれば、不幸アピールは不愉快なことが多いです。そして、ネガティブな言動は感染してしまうのが人間というもの。他人にネガティブなアピールをすると、あなたのネガティブが周囲にも影響があるのです。

また、周囲の人も、無意識のうちにそれを察知するようになります。そうすると、周囲の人は、あなたを避けるようになってしまうかも知れません。実際、そのような状況になると、劣等感をますます強めてしまう結果になります。あなたは上記3つのどのタイプに分類されましたでしょうか?少なくとも、自分に最も近いタイプの属性を把握し、受け入れておくようにしましょう。そうすることで、劣等感を解消することができるようになるからです。劣等感の克服方法は、次の項目から具体的にご紹介していきます。

②すべての物事には陰と陽がある!


仕事で劣等感を感じやすい人に、覚えておいて欲しいことがあります。それは、この世の中には、陰と陽の両面が必ず存在するということ。どういうことなのか、詳しく解説します。

例えば、大金持ちの家に生まれた子がいるとします。側から見れば、羨ましい運命を持って生まれてきた人に見えますよね。だけど、実際、その子の立場になってリアルなイメージをしてみましょう。

・何もしなくても保証されている人生。

・面倒なことは人がやってくれる。

・欲しいものは何でも手に入る。

これは、言い換えてみれば、努力や苦労をすることが難しい環境です。この環境で生きる力を身につけろと言われても、難しいのではないでしょうか?また、幼い頃から周囲にこんなことを言われる可能性もあります。

・お前が生きているのは親のおかげだ。

・お前は親の七光りだろ?

・お前の家は金持ちだからいいよな。

こんな風に言われたり、陰口を言われたりすることもあるでしょう。こうなると、お金持ちの人にだって、劣等感は生まれます。実際、お金持ちの家庭に生まれた子は劣等感を持っている子が多いです。人間は他人に関しては、良い面ばかりに目が囚われてしまうものです。

ところが、自分に対しては、反対に悪い面ばかりが目に付いてしまいます。つまり、どんな境遇の人も本質的には、陰と陽があるのです。その、どちら側に視点を当てるかに応じて、人生における充実度は大きく変わります。同じように、あなたが恵まれていない境遇にいるとしたら、こう考えましょう。人から見たら、あなたにも必ず羨ましがられるような「陽」の部分があるのです。本来であれば、あなたは自分の「陰」に目を向けてしまいがちですよね。

しかし、少なくとも「陰」はネガティブな発想の根源です。劣等感が強い人は、全ての物事には「陰と陽」があるということを思い出してください。この法則は絶対に揺らぎません。人生の視点を改めるだけで、劣等感の解消に役立つことを覚えておきましょう。

③劣等感は誰でも克服できる!


仕事に劣等感を感じやすい人は、覚えておいてください。劣等感は誰にでも克服ができます。また、他人に劣等感を感じられるなら、それは幸運なことだとも思いましょう。

その理由は簡単です。他人に劣等感を感じる=深層心理で「僕にもできるぞ」と思えているからです。これを証明する、具体的な例を挙げましょう。実際に頭の中でイメージをして、答えてみてください。

・あなたはスティーブ・ジョブスに劣等感を持ちますか?

・あなたはイチローに劣等感を感じますか?

・あなたは将棋の羽生名人に劣等感を抱きますか?

きっと、「雲の上の人」という感じで、劣等感は感じないでしょう。人間は、圧倒的に差が開いていると感じる相手には、劣等感を感じないからです。つまり、劣等感を感じる対象というのは、あなたが圧倒的な差を感じていない証拠です。あなたがその対象に「勝てるかも」と潜在的に感じているから、劣等感が生じるのです。つまり、劣等感=圧倒的な差がないからこそ克服が可能。ということになります。

④劣等感を持てる人=成功者の素質アリ!


仕事に劣等感を持っている人は成功者の素質も同時に持っていると言えます。逆に、劣等感がないという人がいるなら、その人は向上心がないとも言えますよね?なぜなら、劣等感がない人=「今のままでいい」と思っている人だからです。

劣等感がある人は、次のような気持ちを持っているはずです。

・お金をもっと稼ぎたい。

・もっと強い心を持ちたい。

・成熟した人間になりたい。

・仕事で成功したい。

・他人から羨ましがられたい。

これらの気持ちは全て純粋で美しいものです。これを、心理学では「優位性の追求」と言うのです。優位性の追求を追い求めている人は、成功するための情報を常に探しているわけです。つまり、劣等感がある人は、成功のためのヒントを追い求めていると言えますよね。劣等感が強い人は、成功者の素質がある幸運な人種なのです。自分に自信を失っている人は、この事実を忘れないようにしましょう。

⑤生まれつき劣等感が強い人ほど、才能を秘めている!


仕事に劣等感を感じてる人の中には、生まれつき劣等感が強い人もいます。

しかし、安心してください。先天的な劣等感(遺伝や障害など)が強い人は、隠れた才能を秘めている可能性が高いのです。人は劣等感をエネルギーに成長をすると、先述しましたね?劣等感が強い人は、普通の人よりも努力や成長をしようとする向上心が高いのです。あなたはこんな話を聞いたことはありませんか?

・体が弱かったコンプレックスを克服するために、スポーツを初めて、成功した。

・貧乏がコンプレックスで、克服のために仕事を頑張り、お金持ちになった。

このような人は、明らかに劣等感の強さがバネになり、成功をしています。逆に、先述した「陰と陽」の「陰」に目を向けて生活してきた人はどうでしょうか?

「自分にはハンデがあるからどうせ無理だ」

このように諦めてしまった人もいるでしょう。もしも、あなたが生まれつき劣等感を感じているなら、それはチャンスです。恵まれた環境で育ってきた人よりも、潜在的な向上心が強い可能性が高いからです。あなたが自分自身の劣等感を、ポジティブに解釈できればいいだけの問題です。劣等感が強い人は、それだけ、成功する可能性を秘めているのです。

⑥劣等感から来るハンデを解消する解決策!

仕事の劣等感を解消するためには、「原因の追求」が大切です。仮にあなたが学歴にコンプレックスがあったとします。その場合は、なぜ、学歴にコンプレックスを持つようになったのかを検証します。やり方は非常に簡単です。出発点は「自分は学歴にコンプレックスがある」です。そこにどんどん疑問を投げかけていけばいいのです。

自分には学歴コンプレックスがある。

↓ なぜ?

一般的に学歴が低い人間はバカにされがちだから。

↓ なぜバカにされたくないの?

子供の頃に好きな人に成績の悪さをバカにされた経験がある。

このように、どんどん自分のコンプレックスの原因を掘り下げるのです。こうすると、自分の劣等感の根源を知ることができます。劣等感の根源が知れれば、あとは、その問題を解消するための対策を考えるだけです。問題点の根源を解消するためには、行動力も必要です。ただ、解決のアイデアが出るようになると、ストレスは徐々に減少していきます。

むしろ、問題の原因がわからなければ、劣等感の解消はできません。だからこそ、まずは劣等感の根源を探して、実現可能な対策を見つけましょう。これができれば、あなたの劣等感は大幅に解消されることになります。

⑦「誰かのために」を考えて行動する!


仕事で感じる劣等感は、周囲と比較するからこそ生じるものです。言い換えれば、劣等感とは共同体で生きる以上は、誰にでも生じるものなのです。共同体とは、つまりは「社会」のことです。社会=共同体に属してる以上、誰もが劣等感が生じる可能性があるということになります。だからこそ、社会貢献をするということは非常に重要な役割を持っています。先述したように、劣等感とは「周囲との比較」が生み出すものです。

だからこそ、周囲への貢献は、自己肯定に繋がり、自分の価値を実感させてくれるのです。劣等感が周囲との比較によって生じるなら、1人で劣等感を克服することは不可能です。自分の強みや好きな分野を把握し、それを活かした行動を取る。その際、周囲への貢献を中心に考える勇気を持ってみましょう。たったこれだけのことで、十分にあなたの劣等感は解消されるはずです。

まとめ


以上が仕事で劣等感を感じやすい人への、解決策の7ポイントでした。劣等感は、誰にでも生じ得るものです。

しかし、劣等感を持ち続けてしまうと、あなた本来の魅力は失われてしまいます。あなたが卑屈にならずに、自分の劣等感と立ち向かおうとすれば、解決策は沢山あるのです。今回お話をした方法を取り入れて、まずは、あなたの心の中を整理してみましょう。あなたが普段感じている劣等感を解消できれば、あなたの人生は大きく変わります。劣等感を受け入れて、解決に向けて動き出せる人は、確実に大きな成長を遂げます。きっと、あなたも劣等感の克服をバネに大きく成長できる人です。この記事の内容をよく理解して、あなたの劣等感克服に役立てていただければ幸いです。

Next : »
Prev : «