仕事でライバルに勝つにはどうすればいい?仕事でライバルに勝つ方法6選

会社に新入社員として入社した直後は、同僚と和気あいあいと仕事に取り組んでいたかもしれませんが、時間の経過とともに徐々に差が生じ始めます。同じスタートでも差が生じていることにライバル心を抱いて「何とかして勝ちたい」と思ったものの、どうすればいいか分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、仕事でライバルに勝つ方法を6つご紹介します。

ライバルに向上心を抱くことが重要


同じ時期に新入社員として入社して、和気あいあいと一緒に仕事に取り組んでいた同僚であるにも関わらず、気づいた時には相手の方が先に出世したというケースはよくあります。「自分もサボっていたわけじゃないのに何であいつが」と相手にライバル心を抱くことがあります。しかし、このライバル心が「嫉妬心」になるのか「向上心」になるのかで今後が大きく異なるので注意が必要です。

嫉妬心とは、ライバルと自分を比べた時に、自分がライバルに打ちのめされたように感じる劣等感のことです。抱いたライバル心が劣等感になってしまった場合には、自分の可能性に限界を設けるほか、結果を妨げる思考や感情、行動を生んでしまいます。一方、嫉妬心を乗り越えて向上心につなげることができた場合には、「どうすればあいつを超えることができるだろう」とプラスに捉えることができます。向上心は前向きに取り組もうという意欲を生み出す原動力になるため、ライバルに対して「嫉妬心」ではなく「向上心」を抱くことが重要と言えるでしょう。

ライバルに勝つ方法6選


ライバルに勝つためには、相手を陥れて自分がのし上がるのではなく、相手を上回るための努力を惜しまないことが重要です。では、実際にライバルに勝つためにはどうすればいいのでしょうか?ライバルに勝つ方法は以下の6つです。

・ライバルの真似をする
・自分の強みを出す
・すぐに行動に移す
・本気で取り組む
・粘り強く続ける
・ライバルを味方に付ける

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1.ライバルの真似をする

ライバルに勝つ方法の1つ目は、ライバルの真似をするという方法です。ライバルに対する「負けたくない」「認めたくない」という嫉妬心が強い場合には、この選択肢が出ることはありません。

しかし、ライバルが結果を出したことは「事実」で、ライバルの方法が結果を出したことも「事実」です。つまり、ライバルの方法は周囲に認められる「何か」があるはずです。ライバルが取り入れた方法が最適な方法で、それ以上の方法がない場合には、一生懸命違う方法を探しても無駄な努力と言えます。そのため、ライバルが取り入れた方法が優れている場合は、素直にそれを認めて、そこからその方法に足りていないものを見つけて自分流にアレンジするのも方法です。

大手企業の楽天などは、他企業が取り組んでいる事業をオリジナルにアレンジして成功を収めています。無駄なプライドを捨て、ライバルの成功を自分の成功に取り込むという強い心を持つことも重要と言えるでしょう。

2.自分の強みを出す

ライバルに勝つ方法の2つ目は、自分の強みを出すという方法です。ライバルの成功理由が巧みな話術であった場合に、自分が口下手であったとすると、さすがに真似したくてもすぐ真似できるものではありません。どころか、苦手なものを克服しようとして一生懸命になりすぎると、精神的な負担が大きくなって、ストレスを抱えてしまうことになるので注意が必要です。では、どうすればいいのでしょうか?

トークスキルが高いという強みをライバルが出して成功したのであれば、自分も何らかの強みを出せばいいのです。例えば、自分は口下手でも聞き上手という強みがある場合には、それを全面に出していきます。成功するための方法は1つではないため、自分の取り柄や強みを全面に出していくことが成功につながると言えるでしょう。

3.すぐに行動に移す

ライバルに勝つ方法の3つ目は、すぐに行動に移すという方法です。失敗を恐れていると、あれこれ考えるだけで、結局ライバルに先を越され、成功されてしまうことがあります。ライバルに勝つには、失敗を恐れてあれこれ考える前に、自分が「こうだ」と思ってことをすぐに行動に移すことが重要です。

「失敗は成功のもと」という言葉があるように、行動に移して失敗した場合は、その失敗を次の成功に活かせばいいだけです。反対に、あれこれ理由を付けて行動しなかった場合には、自分の方法のどこに失敗があるのか気づくことすらできません。行動に移さなければ結果は分からないため、次にどう行動するかを考えるためにも、まずは一歩を踏み出すことが重要と言えるでしょう。

4.本気で取り組む

ライバルに勝つ方法の4つ目は、本気で取り組むという方法です。ライバルの成功は、並々ならぬ努力が裏に潜んでいる可能性があります。それを「どうやったらあいつを超えられるかな~」と簡単に考えていると、一生ライバルを超えることができません。

例えば、15%の合格率である国家試験を受験しろと言われた時に、100人受けて15人しか受からない試験をどう捉えるかです。「15人しか受からない試験なら受かればラッキーだな」と思って受けるのか「15人しか受からないなら真剣に取り組まなきゃ」と思って受けるのでは大きく異なります。「ライバルに勝ちたい」という強い気持ちがあるならば、後者のように何事にも本気で取り組むことで、成功へのきっかけをつかむことができるでしょう。

5.粘り強く続ける

ライバルに勝つ方法の5つ目は、粘り強く続けるという方法です。1回挑戦して結果を出せなかっただけで諦めていては、一生かかってもライバルに勝つことができません。「継続は力なり」という言葉があるように、失敗を通して何を得て、それをどう活かすかを理解できた人が、成功をつかむことができます。

それをたった1回失敗しただけで、「どうせあいつはセンスがいいから自分と違う」「どうせ自分とは立っているフィールドが違う」などと、言い訳を見つけて逃げようとするのはよくありません。失敗したのであれば、次はどうすれば失敗しないのか、どこに原因があったのかしっかりと粘り強く考えていく姿勢がライバルに勝つための近道と言えるでしょう。

6.ライバルを味方に付ける

ライバルに勝つ方法の6つ目は、ライバルを味方に付けるという方法です。ライバルは敵に近い存在ですが、敵として接するのではなく味方として接するという考え方です。通常は、ライバルとは距離を取って敵対視していることが多いのですが、あえてライバルに近づくことで新たな発見につながる可能性があります。

例えば、ライバルと接しているうちに人脈が自分にもついて、仕事がスムーズに進むようになった、ライバルに自分の良さを見つけてもらえたなどです。ライバルは英語では「敵対関係」を表しますが、日本では「好敵手」を表すのに用いられることがあります。ライバルに歩み寄って味方に付けることによって、ライバルに勝つ方法が見つかる可能性もあるでしょう。

まとめ


スタート地点が同じであったはずでも、気づいて見ると相手との距離が離れていっているケースがあります。そのような場合は、相手との差に執着心を抱いてしまいがちですが、執着心ではなく向上心へと切り替えることがライバルに勝つ上で最も重要と言えます。仕事でライバルに勝つには、自分の強みを出す、すぐに行動に移す、本気で取り組むなどの方法があります。しかし、ライバルの真似をする、ライバルを味方に付けるといったように、ライバルを敵対視するのではなく好敵手としてヒントを得ながら取り組んでいくことも、ライバルに勝つ上で重要と言えるでしょう。

Next : »
Prev : «